get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-014-JP | Nijiru System

SCP-014-JP - ラストオーダー

ItemNumber

SCP-014-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-014-JPはサイト8181の収容ロッカーに保管されています。SCP-014-JPの取り扱いにはレベル3以上職員の許可が必要となります。SCP-014-JPにて生成されたSCP-014-JP-1は全て研究用として保管、あるいは焼却処分を行ってください。SCP-014-JPの持ち出しは原則禁止されています。

Description

SCP-014-JPは横30cm、縦25cm、高さ20cmの鍵のかからない開閉式の箱で、SCP-014-JPの上蓋の外側中心部にはボタンが付いています。SCP-014-JP内に食物の名前を書いた紙を入れて箱を閉じ、箱の頭のボタンを押すと箱内に紙に書いた食物が生成されます。生成された食物をSCP-014-JP-1と指定します。投入された紙はその時点で消失します。

SCP-014-JP-1を摂食すると、被食者は生成されたSCP-014-JP-1と同じ種類(調理物なら同等の調理を施したもの)の食物以外を摂食すると、ただちに激しい嘔吐感に襲われ摂食物を全て吐き戻すことになります。この効果は永続的に継続し、被験者は最終的に栄養失調または脱水症状で死亡するまでSCP-014-JPで生成したものと同等の食物以外を摂食できなくなります。食物の場合どんなに小さなものでも嘔吐を催し、飲料に関しても水を含む全ての飲料について同様に嘔吐の原因となります。SCP-014-JPの特性はSCP-014-JP-1の摂食者全てに対して同様に効果を顕わします。またSCP-014-JP-1の一部を摂食した時点で特性は発揮され、SCP-014-JP-1を摂食途中で廃棄した場合、その時点まで摂食した材料が特性の対象となります。またSCP-014-JP-1を摂食中に嘔吐した場合、その時点で胃に残った材料までが特性の対象とされます。ただしSCP-014-JP-1摂食以降、被験者が対象となった料理および材料を摂食する場合、以前までより数段味わい深く美味なものと認識されるようになります。

生成されるSCP-014-JP-1に関しては、食物であること以外の制限はないようです。逆に食物以外のものは現在まで生成することは出来ていません。詳細は実験記録を参照してください。SCP-014-JP-1は多くの場合、容器に入った状態で出現します。調査の結果、容器自体に特殊な性質は認められませんでした。またSCP-014-JPを構成する材料は一般的なプラスチック材で、損傷に対して従来通りの耐久性しか持っていません。SCP-014-JP-1はボタンを押した瞬間に出現しているようで、押した瞬間にSCP-014-JP-1分の重量が発生していることが確認されています。SCP-014-JP-1を摂食した後、別のものを新たにSCP-014-JP-1として出力し摂食した場合も他の食物と同様に嘔吐を誘引することになり、効果の重複や上書き等は認められません。




Vote

31

Created_by

[データ削除済]

Created_at

2014-06-04 21:54:15

Tags

食物, safe, scp-jp, 外部エントロピー, 道具, 知性,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System