get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-058-JP | Nijiru System

SCP-058-JP - 血飲みの嵐

ItemNumber

SCP-058-JP

Object Class

Keter

Protocol

SCP-058-JPは収容エリア-8120の大型気密収容ユニットに設けられた、1000m3容量の密閉型タンク90基に分けて収容してください。タンクは常に液体窒素で-160℃以下を維持、タンク内部のSCP-058-JPは-30℃以下になる状態を維持し、決して0℃を上回らないようにしてください。気密収容ユニット内の水蒸気は全て回収装置で強制的にタンクに戻され凝結されるようにしてください。気密収容ユニットの扉にはエアロックを設け、如何なる水分の持ち出しも無いようにしてください。また、収容ユニットに入る職員は酸素ボンベ付耐寒HAZMATスーツを着用し、退室時もエアロックでの脱水が完了するまで決して脱がないでください。収容は現在約76%が完了しており、残り24%の収容任務に機動部隊む-2("嵐を呼ぶ男")が当たっています。収容状況についてはレポート058-04を参照してください。特に収容エリア-8120周辺20km圏内の気象状況、水脈、河川は常時監視され、異常が発見された場合収容エリア-8120職員はシェルターへ退避してください。

Description

SCP-058-JPは知性を持つ総量約87,000m3の水です。1SCP-058-JPは血液と動物性油脂を含みやや濁っていて、全体としては薄く暗い赤色で"排水路の様な"と評される強い腐敗臭を持ちます。しかしこれ以外の物質を混合した場合、それら全てを数時間以内に分離し排出する事がわかっています。排出されるメカニズムは解明されていません。またこの血液と油脂は相当数の人間の物である事が遺伝子検査から判明しています。また、気化したSCP-058-JPには血液と油脂は残らず、析出したこれらの残存物質に異常性は無い為、純粋なSCP-058-JP本体は水単体であると考えられています。

SCP-058-JPは自発的な移動が可能です。移動には自身も含む何らかの足場が必要ですが、気相もしくはエアロゾルの状態にあるときは、大気を足場とする為、液相より活発に移動します。その為、非収容時は雲や霧などエアロゾルの状態をとる事が多かったと報告されています。固相では動きません。また相などの物理状態に関わらず一つの場所にまとまろうとする傾向があります。2これにより水中、大気中でも拡散せずSCP-058-JPは単一の個体である事を維持します。自発的に複数の個体に分かれる事は一度も確認されていません。更に、目的に合わせ物理状態を変化させる事が可能です。

周囲の温度変化に対しては一種の恒常性を持っています。通常は緩やかに吸放熱を行う事でSCP-058-JPの任意の物理状態に留まっています。SCP-058-JPの温度測定はこの吸放熱の性質の為正確に測る事は出来ず、実際の温度との差分が計測されます。ただし、SCP-058-JPはそれぞれの相における転移点の±157.4℃を超える温度変化に対しては対処しきれず、強制的な熱移動を被る事になります。この為、SCP-058-JPを固体の状態に留め置くには-157.4℃以下で冷やし続け固相を強制的に維持する事が有効であると結論付けられています。

SCP-058-JPは人類に対し敵対的であり、未収容の状態では不定期に人間を襲い、捕食に似た行動をとります。特に人の多い場所を狙って襲撃する事が統計的に明らかになっています。鎮静期は通常の水のように振る舞います。SCP-058-JP内に取り込まれた人間は、取り込まれた部位から速やかに分解され、血液と油脂成分のみがSCP-058-JP内に残る事になります。この血液と油脂も時間と共に分解され、最終的には元の濃度に戻ります。平均的な体格の成人を全身漬けた場合、身体の分解にかかる速度はおよそ5秒から15秒程度です。この分解自体は人体のみに有効であり確実な気密が施されたHAZMATスーツで防ぐ事が出来ますが、SCP-058-JP内では非常に強い水圧がかかる為、全身を漬けた場合スーツ単体では生存はほぼ不可能です。3

事案記録058抜粋

Vote

73

Created_by

Ikr_4185

Created_at

2014-10-19 22:08:24

Tags

keter, scp-jp, 不定形, 天候, 捕食, 敵対的, 液体, 自律,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System