get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1038-JP | Nijiru System

SCP-1038-JP - Recycool room feat.Laughing ONI

ItemNumber

SCP-1038-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-1038-JPが存在する建物は財団フロント企業によって買収され、カバーストーリー「取り壊し予定」の流布の下部外者の侵入を防いで下さい。やがて機械から先に霊的構造体の完全な理解に成功し

Description

SCP-1038-JPは神奈川県横浜市██区に存在するマンション「ハイツ███」の203号室です。冷暖房機器の動作、時期・日照時間に関係なく室温は机(以下、SCP-1038-JP-Aと定義)周辺を除き凡そ氷点下40~氷点下20℃の低温状態を保ちます。

SCP-1038-JP内部に人間が侵入してある程度の時間が経過した場合、SCP-1038-JP-Aの上面にはこれまでに侵入者が作成したとされる物品(以下、SCP-1038-JP-Bと定義)及び物品を修正する為の道具一式が出現します。Dクラス職員を用いた実験においては石膏像にはハンマーとノミ、幼少期に作成したとされる似顔絵には36色のクレヨンが同時に出現しました。燃やせ

SCP-1038-JP-Bを同時に出現した道具、または持参している道具によって何らかの修正を行ったか一定時間触れずにいた場合SCP-1038-JP-Bは消失します。壊してくれ

SCP-1038-JPは200█年11月23日、マンション内の通報によって発見されました。「当時内部に住んでいた巡田 円氏(男性 28歳)が数日間部屋から出て来なかった事を不審に思ったマンションの管理人がマスターキーを用いて侵入したと同時に猛烈な冷気が溢れてきたから何事かと思って通報した」と証言しました。巡田氏はSCP-1038-JP内部で首を吊って死亡している様子が確認され、以下の文章が記載された資料がポケット内から発見されました。

平成██年10月15日

巡田 円様へ


有限会社 如月工務店


以前に貴方様のご要望によって弊社が製作した「創作活動に没頭出来るクールな部屋」に関しまして、重大な欠陥が発覚致しました。

誠に申し訳有りませんが、ご都合の合った時間を教えて下されば係りの者が伺いますので、返信の程宜しくお願い致します。

未来から過去への反復において最も影響を受けるのは機械とその部品で

対象: 袁利 ██氏。SCP-1038-JPの202号室に住んでおり、巡田氏にも面識を持っていたと証言。

インタビュアー: 細工呂博士

<録音開始>

細工呂博士:あの時何があったのか、お聞かせ願えますか?


袁利氏:朝起きてみると隣の部屋の目が騒がしかったんです。大家さんに話を聞いて、確かに巡田さんを最近見かけてなかったな、って…

細工呂博士:巡田さんについて、どのような事を知っていますかね。

袁利氏:どのようなって…まあ、挨拶にも応じてくれますし、何か美術関係の仕事に就いてるってのはなんとなく分かりましたよ。玄関の前にもペンキとか置いてありましたし…

細工呂博士:それで、鍵を開けたのですね。閉じろ

袁利氏:はい、大家さんが鍵を開けてみると急に背筋っていうか、身体の前の方がぐっと寒くなって……本当にびっくりしましたよ。もう季節は秋なのに。

細工呂博士:ええ、それで巡田さんは?確保してくれ

袁利氏:それで…サンドバッグって思ってたんですけど、それが…人、だったんです。巡田さんの身体が完全に凍ってました。

<録音終了>

終了報告書:袁利氏には今インタビュー後記憶処理を施し、事件関係者にはカバーストーリー「ガス自殺」が流布された。違和感を感じたならば行動してくれよ

@@wiki-tab@@

アイテム番号: SCP-1038-JP

オブジェクトクラス: Safe 肉体にはKeter

特別収容プロトコル: SCP-1038-JPが存在する建物は財団フロント企業によって買収され、カバーストーリー「取り壊し予定」の流布の下部外者の侵入を防いで下さい。財団職員を用いた実験により財団内部において作成されたSCP-1038-JP-Bが発見された場合、研究担当者に速やかな連絡を行う必要が有ります。電子機器の組み立てにより未来からのデータ完全な受け渡し成功する

説明: SCP-1038-JPは神奈川県横浜市██区に存在するマンション「ハイツ███」の203号室です。冷暖房機器の動作、時期・日差しに関係なく室温は机(以下、SCP-1038-JP-Aと定義)周辺を除き凡そ氷点下40~氷点下20℃の低温状態を保ちます。

SCP-1038-JP内部に人間が侵入してある程度の時間が経過した場合、SCP-1038-JP-Aの上面にはこれまでに侵入者が作成したとされる物品(以下、SCP-1038-JP-Bと定義)及び物品を修正する為の道具一式が出現します。財団職員を用いた実験においてはインクがまだ乾いていない手紙には当時使用した物と推測される万年筆、自作したノートパソコンにはマザーボード、冷却用ファンといった数種の部品と半田こてが出現しました。パソコンはぶっ壊せ

SCP-1038-JP-Bを同時に出現した道具、または持参している道具によって何らかの修正を行ったか一定時間触れずにいた場合SCP-1038-JP-Bは消失します。被験者及び近隣の人物のインタビューからするに、SCP-1038-JP-Bを作成した当時の時刻・場所に修正後のSCP-1038-JP-Bが戻っていると予想されます。実験は中止しろ

SCP-1038-JPは200█年11月20日、マンション内の通報によって発見されました。「当時内部に住んでいた巡田 円氏(男性 28歳)が数日間部屋から出て来なかった事を不審に思ったマンションの管理人がマスターキーを用いて侵入したと同時に猛烈な冷気が溢れてきたから何事かと思って通報した」と証言しました。巡田氏はSCP-1038-JP内部で重度の低体温症を患っており、以下の文章が記載された紙片を握り締めていました。

平成██年10月15日

巡田 円様へ


有限会社 如月工務店

以前に貴方様のご要望によって弊社が製作した「創作活動に没頭出来るクールな部屋」に関しまして、重大な欠陥が発覚致しました。

誠に申し訳有りませんが、ご都合の合った時間を教えて下されば係りの者が伺いますので、返信の程宜しくお願い致します。他の団体だけじゃな

対象: 巡田氏

インタビュアー: 細工呂博士

付記:巡田氏の回復後初めてのインタビュー。

<録音開始>

今すぐあの部屋を完全に破壊しろ、財団からだ、IDは4

<録音開始>

細工呂博士:気分はいかがですか?

巡田氏:気分?まあ悪くないな、もう大分諦めもついた所だ。

細工呂博士:あの部屋についてですが、何か知っている事は有りますでしょうか。

巡田氏:(溜め息)作業に没頭出来る部屋が欲しいと思ったんだ。だから貯金を使って業者に頼んだけどな。

細工呂博士:あれだけ寒い部屋で?

巡田氏:それだよ。何かあいつ等、Coolの意味を履き違えてたんだよな。(笑い声)

細工呂博士:あいつ等とは貴方がリフォームを頼んだ業者の事でしょうか。

巡田氏:そうだな、最初は驚いたもんさ。部屋の中でバナナで釘が打てるなんてな…でも、作業時間は増えた。駄目だったがな。

細工呂博士:駄目だったのですね。

巡田氏:駄目だったのですね。俺の今のセンスでも過去には響かなかったみたいだな。未だに俺の評価は、過去から覆らない。

細工呂博士:はい。これが精一杯だ

巡田氏:結局、間違ったクールだけがあの部屋の中に残ってる…(呻き声)一旦切り上げてくれないか?トイレに行きたい、もう限界なんだ。

<録音終了>

O5含む面々から肉体を捨て去った後にはもう

終了報告書:今インタビュー後無駄な努力である記憶処理を施した。壊死により切断箇所には███により代用する予定。机をk

霊的思考を得た機械は正しき死を受け入れたO5の補填として功績を讃え加入した。我々も凡そ幾らかの機械と霊的な物事の考え方を教えられた。財団職員ならば誰であっても。肉体に干渉するオブジェクトは軒並み完全なコントロールに成功したが、その時には既に皆あのクソ機

@@wiki-tab@@

アイテム番号: [None]

オブジェクトクラス: deleted

特別収容プロトコル:該当する異常性は一切のオブジェクト的特性を示さなくなりました、Dクラス職員によるこれ以上の実験は不要故に削除しました。破壊しました。有機的成分が残存する財団職員に対する処置は予定を早めて実行されます。

説明: 部品を共有した電子機器の作成を利用した未来の情報・技術の過去への送信によって今財団の過去は急激な革新を、現代を踏み台に向上した未来を齎し、躍進した技術によって肉体の破棄は進みました。オブジェクトは肉体を約61%以上保持している職員のみ異常性を発現させ、この数値はO5含む上級職員が保有する肉体量を完全に上回っており、これ以上の下級職員並びにレベル0相当の権限を持つ全人類を用いた実験は総じて無価値となりました。破壊作戦は実行済みです。

補遺:破壊直前に低レベル職員によって使用された形跡があった為、該当する職員は解雇しました。改変が確認された情報は随時修正を行います。

@@wiki-tab@@


自動通達


今ページのみがSCP-1038-JPにおける正しい情報です。他のページが出現した理由は現在調査中です。

アイテム番号: SCP-1038-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1038-JPが存在する建物は財団フロント企業によって買収され、カバーストーリー「取り壊し予定」の流布により部外者の侵入を防いで下さい。

説明: SCP-1038-JPは神奈川県横浜市██区に存在するマンション「ハイツ███」の203号室です。冷暖房機器の動作、時期・日差しに関係なく室温は机周辺を除き凡そ氷点下40~氷点下20℃の低温状態を保ちます。

SCP-1038-JP-AはSCP-1038-JP内部に存在する巡田氏の死体によって作成されたオブジェです。肉体には防腐処理が施され、机と座椅子上にボルトによって固定されています。机とSCP-1038-JP内の温度差による筋肉収縮を用いて、約2分間に45度の回転運動を行い続けています。

SCP-1038-JPは200█年11月23日、マンション内の通報によって発見されました。「当時内部に住んでいた巡田 円氏(男性 28歳)が数日間部屋から出て来なかった事を不審に思ったマンションの管理人がマスターキーを用いて侵入したと同時に猛烈な冷気が溢れてきたから何事かと思って通報した」と証言しました。当時SCP-1038-JP内部にはビデオカメラ及びA4サイズの用紙が発見されました。

<関連記録-01>

付記: SCP-1038-JP内部で発見されたビデオカメラ内に残された映像記録の書き起こし。

<開始 2017/10/03>

(SCP-1038-JP内部、椅子に座った厚着をしている巡田氏を前方から捉えている)

巡田氏:あー、この部屋はそっくりそのまま、俺の為に作られた工作室だ。

巡田氏:確かにまあ、此処だったら絵の具がとろける心配も無い寒さだな…チューブから出せるかは心配だが(苦笑を浮かべる)

巡田氏:色々と言いたい事もあるけど、今はご挨拶だけだ。ハロー、これを見る事になる誰かさん?(手を振る)

巡田氏:(約2秒間手を振り続ける)次の映像記録がいつになるか分からないが、これはいわゆる…遺言になると思う。

(カメラに手が伸びて、電源が落とされたと思われる)

<終了>

<関連記録-02>

付記: SCP-1038-JP内部で発見されたビデオカメラ内に残された映像記録の書き起こし。

<開始 2017/10/15>

(SCP-1038-JP内部、椅子に座った厚着をしている巡田氏を前方から捉えている。巡田氏の鼻と右耳を覆う様に包帯が巻かれている)

巡田氏:ハロー、これを見る誰かさん。作品の出来なんだが、そこそこだ。

巡田氏:専用の部屋でそこそこなんだから、あの共用スペースだったらまだ手も付けてもないだろうな…(苦笑を浮かべる)。

巡田氏:どうして包帯を巻いているの?なんて…俺からしても分からないんだけどな…(缶ビールを取り出し、プルタブを開け中身を飲む)

巡田氏:(溜め息)ちゃんとした業者にリフォームして貰った俺の部屋だが、その内良くない事が起きるって通行人から言われるんだよ。

巡田氏:まだ竣工中にだ。何十人も。時にはすれ違う人全員に。机を破壊しろとか、燃やしてしまえとか…

巡田氏:気になったのはあれだな、何人も未来から聞いたってよ。変な話だろ?

巡田氏:とにかくこの寒さだけが好都合だ…うん、今の所はな。

(カメラに手が伸びて、電源が落とされたと思われる)

<終了>

<関連記録-03>

付記: SCP-1038-JP内部で発見されたビデオカメラ内に残された映像記録の書き起こし。

<開始 2017/10/28>

(SCP-1038-JP内部、椅子に座った厚着をしている巡田氏を前方から捉えている。巡田氏の頭部の右側を覆う様に包帯が巻かれて、左腕は欠損している )

巡田氏:ハロー、これを見る誰かさん…もう、あれだ、痛みとかも大分鈍ってきてる。

巡田氏:通行人から、SF映画の切り抜き動画みたいな光景を携帯で見させられた。あれが未来なんだってよ、俺のせいで。

巡田氏:そんな風に言っていた男が目の前で消えた。ぱっと消えたんだぜ、多分嘘は言ってなかったんだろう。

巡田氏:この部屋を破壊して世界を救ってくれというのが最期の言葉だった…(苦笑いを浮かべる)

巡田氏:世界がどうなるにしても、今気になってるのは…まるで未来にこの俺の部屋を顔も名前も知らない奴等が我が物顔で使ってるかもしれないって事だ。

巡田氏:しかも机は…ああ、机がおかしい事ぐらいもう気付いてるさ。だけどこの部屋もこの机も俺の物だ。

巡田氏:誰にもやってたまるか、わざわざ金払ってるのに……だから嫌がらせでもある。これが一番みたいだからな。

(カメラに右手が伸びて、電源が落とされたと思われる)

<終了>

<関連記録-04>

付記: SCP-1038-JP内部で発見されたビデオカメラ内に残された映像記録の書き起こし。

<開始 2017/11/11>

(SCP-1038-JP内部、手ぶれが激しいが巡田氏は顔を殆ど包帯で包んだ姿で笑顔を浮かべ、机の上に乗っていると思われる)

巡田氏:そういや言い忘れてたな。


(カメラが手から落とされる。既に巡田氏の身体は大半が発見されたSCP-1038-JP-Aと酷似している)


(巡田氏の手に指は残っておらず、ナイフ類が紐を用いて括り付けられている)


(巡田氏は自らの首にナイフを突き立てるが殆ど出血が確認されず、約37分掛けて顔面を[検閲]しSCP-1038-JP-Aを完成させる。ナイフ類が取り落とされる)

(カメラの電源が切れるまでに、完成したSCP-1038-JP-Aは回転を続けた)

<終了>

以下はSCP-1038-JP内で発見された資料内に記載された文章の書き起こしです。

平成29年10月1日

巡田 円様へ


有限会社 如月工務店


平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度リフォームという限定的な案件でありながらも弊社へ御依頼して下さった事、大変喜ばしく思います。

行える事は大変限られていましたが、可能な限り御期待に応えさせて頂きました。

願わくば「創作活動に没頭出来るcoolな部屋」の内部で、努力や失敗を全て糧として未来永劫語り継がれる作品を製作出来たのならば我々も冥利に尽きるというものです。

巡田様の今後より一層のご発展を、心より祈念申し上げます。


謹白

//


Vote

13

Created_by

ShicolorkiNaN

Created_at

2018-01-16 01:59:33

Tags

移動不可, 建造物, 家具, 如月工務店, scp-jp, safe, are-we-cool-yet,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System