get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1076-JP | Nijiru System

SCP-1076-JP - コピ・メラヤカン

ItemNumber

SCP-1076-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-1076-JPは、栽培地を財団の現地フロント企業の契約農場というカバーストーリーのもとに運営することで収容されます。担当職員は、SCP-1076-JPを通常のコーヒーノキと同様に管理し、SCP-1076-JPおよびSCP-1076-JP-1の総量を毎日観察・記録して、毀損および遺失がないかどうかをチェックしてください。外部にて発見されたSCP-1076-JPおよびSCP-1076-JP-1は、報告の上で速やかに焼却処分してください。

Description

SCP-1076-JPはアラビカコーヒーノキ(学名:Coffea arabica)の変異種と考えられる植物です。現在までに3株のSCP-1076-JPが発見され、管理されています。

通常のアラビカ種のコーヒーとの主な形態的相違点は、その果実1(SCP-1076-JP-1)のほぼ全てがピーベリー2であることです。

SCP-1076-JPの異常性は、SCP-1076-JP-1の抽出液を飲用した生物の内部ヒューム水準を高め、またヒューム値の拡散に対して緩衝作用をもたらすことです。SCP-1076-JP自体の内部ヒューム水準も、通常空間の現実性濃度と比較してわずかな高値にあり、クラスE現実性濃厚存在の基準を満たします。この性質は、SCP-1076-JP内に含まれる未知の成分(SCP-1076-JP-A)によるものと考えられていますが、成分の同定および分離は未だできていません。

SCP-1076-JPは、20██/██/██に、インドネシア・スラウェシ島██████州█████県███の山岳地帯に存在する██集落にて栽培されているものを、現地フロント企業に派遣されていたエージェント・██が発見しました。██集落は、かつて19世紀のオランダ植民地時代に東インド会社によるコーヒーの強制栽培が行われていた場所の中でも最も高地3に存在していた地域の一つであり、発見当時、周囲半径10km圏内にコーヒーの栽培が現在まで行われている場所はありませんでした。

このコーヒーは現地集落で『コピ・メラヤカン(Kopi Merayakan:祝するコーヒー)』と呼ばれており、その他のコーヒーの株とは分けて育てられ、集落の人々が祝祭の折に健康・長寿等を祈念して少量を消費するほか、煎じ薬として内服するに留まっていました。██集落のコーヒーは、他の種と交雑することがなく、19世紀に輸入されたアラビカコーヒーノキの原種が遺伝的にほぼそのまま保たれていました。SCP-1076-JPは、こうした隔離された環境下で100年以上自家受粉を繰り返していたために突然変異を起こし、現在の性質を獲得するに至ったと推測されています。内部ヒューム水準が高値に保たれていることは、過酷な環境下での生存に有利に働くと考えられます。

集落の住民はSCP-1076-JPの効果に対して、「コピ・メラヤカンで淹れたコーヒーは味わい深く美味であり、飲むと、頭がはっきりして思った通りに体を動かせる。病気や怪我の痛みも改善する」と評しており、他のコーヒーとの違いを認識しているようでした。しかしながら、SCP-1076-JPから取れる豆がほとんどピーベリーである性質上、現地のブローカーからは買い叩かれることが多く4、これまで市場にはほとんど出荷されていませんでした。

エージェント・██は飲用時の体感からSCP-1076-JPに何らかの異常性が有ることを認識し、SCP-1076-JP-1を直接購入して持ち帰りました。検査の結果、前述の性質が確認され、SCPとしてのアイテム番号が割り当てられることとなりました。██集落の住民は「企業によるスペシャルティコーヒーの買収と移住支援」というカバーストーリーのもと、記憶処理の上で麓の街に移住させられ、集落のコーヒー株はその全てが財団の管理下に置かれました。検査の結果、SCP-1076-JPとしての性質を有していた株は3株でした。

SCP-1076-JP-1の抽出液の味は、飲用した職員には概して「香り高く、後味がすっきりとしてキレがあり、甘み・苦み・酸味のバランスが良い」と評されています。



Bibliography

1. FAQ;~ヒュームって一体全体なんだ?


Footnotes

1. コーヒーチェリーと呼ばれる。

2. 通常果実の中には2粒の種子が向かい合わせに入っている(平豆)が、諸条件により片方が退縮し1粒のみの丸い種子(丸豆、ピーベリー)となることがある。均等に焙煎しやすく、また体積に比して皮の表面積が少ないため、雑味が少ないとされる。

3. 標高約2000m

4. 一般的なコーヒーはその95~97%程度が平豆であり、ピーベリーの混入率は3~5%程度に留まる。ピーベリーは小粒であるため、夾雑したクズ豆だとみなされ、除かれていないコーヒーが粗悪品だと考えられる場合がある。また、この山間部は中間業者の競争に乏しく、フェアトレードがなされていない。

5. 周囲のヒューム水準/個人のヒューム水準 で表記する。

6. 古典的に自然空間のヒューム水準変動幅の99%信頼区間としては1.00±0.09Hm(SD:0.0349)が使用されている[1]。変動幅が正規分布に従うと見做した時の95%信頼区間は1.00±0.068となる。

7. ドリップ技術による抽出濃度の誤差を防ぐため、フレンチプレスを用いた。

8. ヒューム値は1Hmを起点として0~100Hm間において定義されており[1]、おおよその現実改変強度はHm値の常用対数を用いて概算できる。今回用いた数値は常用対数を取ると±0.5相当となり、Possibleな高レベル現実改変存在、Probableな中レベル現実改変存在、またはDefiniteな低レベル現実改変存在への曝露に相当する。


Vote

21

Created_by

den_wgC73NFT9I

Created_at

2017-09-09 19:13:52

Tags

植物, 国外収容, scp-jp, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System