get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1129-JP | Nijiru System

SCP-1129-JP - フライング・アヒージョ

ItemNumber

SCP-1129-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-1129-JPはサイト-8102の小型生物収容室に収容されます。日に2度の食事については人間の一般的な食事内容と同様のものを用意してください。SCP-1129-JPには週に1度二日に1度、カウンセリングを実施します受診させます。SCP-1129-JPと初対面の人員はやり取りをスムーズにする為、SCP-1129-JPの本名を認知していることを明らかにすることが推奨されています。SCP-1129-JPはその起源と推測されるスペイン圏の財団施設への移送が検討されています。移送計画は凍結されました。

Description

SCP-1129-JPは航空機の操縦に関する知識を保有したカワウソ(Lutra lutra)です。全長40cm、体重4kg、生後3年ほどの個体であると推定されますが、その知能は人間の10代後半程度まで発達しており、キーボードのタイピングなどを用いて人間と意思の疎通が可能です。この際SCP-1129-JPはカタルーニャ語1によるアイデンティティを持つ人格を示します。SCP-1129-JPは自身を「アヒージョ」2という名であると主張します。


SCP-1129-JP-1


SCP-1129-JP-1はSCP-1129-JPが機体を操縦するための異常な改造が施された航空機です。特筆すべき点として、20もの未知の機関が増設されているほか、動力にガソリンを必要とするにもかかわらず、排気機構が存在せず、また給油機構に隣接して真水(H2O)の注入口が存在しています。また、コックピット内にはスプリンクラーが設置されており、操縦者であるSCP-1129-JPが操作することにより内部に水を散布し、水浴びが可能な構造になっています。このためコックピット内は徹底した防水加工が施されています。

SCP-1129-JPは20██/██/██、日本のサイト-8181の上空に突如出現しました。同サイトから航空機動部隊が出動しましたが、接触する直前にSCP-1129-JP-1はバランスを失い、サイト敷地内に墜落しました。この時SCP-1129-JP-1は大破しましたが、操縦していたSCP-1129-JPは防護装置が作動し、軽い打撲を除けば無傷で確保されました。収容施設への損害は出ていません。



Footnotes

1. スペイン東部のカタルーニャ州に居住しているカタルーニャ人の言語。

2. 食材をオリーブオイルとニンニクで煮込んだスペインの伝統料理。

3. 該当の住所は存在せず、バルセロナ郊外にSCP-1129-JPが主張する特徴を持つ牧場は存在しなかった。SCP-1129-JPはバルセロナの北西部であると主張している。

4. 唐辛子を元に作られるペースト状の調味料。大変辛い。

5. 臓物のスープ。ヨーロッパ南東地域で食されている。

6. 物体が本来存在していた時空間から異界へ転移した後、影響を及ぼした原因存在が消失、死亡するなど、影響力を失った際に、転移していた物品が元いた空間、またはその近辺に再出現する現象は、時空物理学において時空弾性、またはRegainAnchor効果(通称"玉手箱効果")としてよく知られる。詳しくは南方秀一郎 著、"基底世界突破後に発生し続けるエネルギー量とその行先"を参照してください。オブザーバー: あるSCP財団誌(20██): 375-384。

7. この企業名は現在まで使用された記録が無い。


Vote

129

Created_by

29mo

Created_at

2017-08-13 11:53:25

Tags

デスコン17, 生命, 動物, 乗り物, scp-jp, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System