get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1133-JP | Nijiru System

SCP-1133-JP - 週刊少年ザイダン

ItemNumber

SCP-1133-JP

Object Class

Euclid

Protocol

その性質上、SCP-1133-JPの完全な収容は実現していません。レベル4以上のセキュリティクリアランスを所持する職員を対象に、SCP-1133-JPの購入を担当する職員を各サイトに1名以上常駐させてください。対象となった職員は通常の業務に加え、SCP-1133-JPの発生が予定されている日には購買部で正規の購入を行ってください。購入されたSCP-1133-JPは、サイト-81██の専用収容ユニットに各号1冊ずつのみを保管し、残りは焼却処分を行ってください。SCP-1133-JP-Bに対しては発売当日中に指定される通りに記入し、各サイトに設置されたポストへ投函してください。レベル4以上のセキュリティクリアランスを所持する職員に対しては、SCP-1133-JPの閲覧が許可されます。

Description

SCP-1133-JPは、毎週木曜日1の午前零時に、不明なプロセスを経て各サイトの購買部に出現する漫画雑誌です。誌名は『週刊少年ザイダン』、出版社は『カーター出版』とありますが、同名の出版社および雑誌は存在しないことが確認されています。印刷された言語は、出現地点の周辺において最も一般的なものが使用されます。

SCP-1133-JPに掲載されている作品(以下SCP-1133-JP-A)は現在財団が収容している、或いは追跡を行っている異常存在に関連したもの、或いは財団の保有する職員・施設に関連するものであり、また過去に確認される限り、SCP-1133-JP-Aの内容はSCP-1133-JPの最初の出現より168時間以内に実際に発生しています。SCP-1133-JP-Aの詳細は資料1133-JP-1、および資料1133-JP-2を確認してください。

SCP-1133-JP-Bは、SCP-1133-JPに付属しているアンケートハガキです。氏名・年齢・電話番号・住所、『最も面白かった作品』を記載する欄が共通して存在する他、各号ごとに異なる質問が複数記載されています。SCP-1133-JP-Bの全ての欄に記入してポストに投函した場合、その時点でSCP-1133-JP-Bは瞬時に消失します。この際、GPSを用いた追跡は全て失敗に終わっています。調査の結果として、SCP-1133-JPの内容は投函されたSCP-1133-JP-Bへの記入に応じて変更されており、『最も面白かった作品』として投票数の少ないSCP-1133-JP-Aが終了し、次回のSCP-1133-JPの出現時に新たなSCP-1133-JP-Aが開始する傾向にあります。

事件記録1133-JP-01: 20██/10/14、『大人気御礼巻頭カラー大増52P! 波乱の大展開!?』と銘打たれ、SCP-1133-JP-A『とかげの日常』の頁数が増加しました。73時間後、SCP-682がSCP-1133-JP-Aの内容に沿う形で収容違反を発生させ、再収容までに死者██名、重軽傷者███名の被害を出しました。その後の調査により、SCP-1133-JP-Bの『最も面白かった作品』にSCP-1133-JP-A『とかげの日常』を選択した職員が全体の8割を超えていることが判明、SCP-1133-JP-Bへの記入が他のオブジェクトの収容に大きな影響を与える可能性を考慮し、以降のSCP-1133-JP-Bの『最も面白かった作品』の選択は担当博士により決定され、各職員へ伝達する形に変更されました。

資料1133-JP-1: 現在連載されているSCP-1133-JP-Aより抜粋

日本語での作品名 活用手段
『行け! ぼくらの機動部隊』 活動中の機動部隊に発生するアクシデントの事前察知、並び発生後の次善策の構築
『とかげの日常』 SCP-682の活動監視
『大会覇王伝 黒馬』 SCP-973-JPの活動監視
『ドクターの不思議な冒険』 要注意団体『博士』の活動監視
『消耗品“D”』 Dクラス職員の補充スケジュールの確立
『オブジェクト発見伝』 収容プロトコルの事前確立
『こわ~いおはなし』 SCP-2006の活動監視
[編集済] [編集済]
資料1133-JP-2: 過去に連載されていたSCP-1133-JP-Aより抜粋

日本語での作品名 連載時の活用手段および打ち切り理由
『見つめて! 彫刻ちゃん』 SCP-173の活動監視。収容プロトコルの確立後、前述の手順を用いて打ち切り
『エージェント・円谷の憂鬱』 エージェント・円谷のプライバシーの尊重を目的に打ち切り
『SCP-J』 該当するオブジェクトが確認されず。手順を用いて打ち切り
『あいぽっど。』 SCP-131の活動監視。対象オブジェクトの脅威度の低さより打ち切り
『O-5~その真実~』 最重要機密の漏洩防止を目的に、後述する緊急時用手順を用いて打ち切り
『ブライト博士と賢者の石』 ブライト博士の活動監視。存在を察知した博士が[編集済]により打ち切り
SCP-1133-JP-Bに不満点を併記し、『悪かった作品』として対象のSCP-1133-JP-Aを明記した状態で投函することで、任意のSCP-1133-JP-Aの連載を早期に打ち切ることが可能です。現在までに確認された範囲で、最短2号での終了が発生します。最重要機密の漏洩防止においてのみ、この手順の利用が許可されます。

実験記録1133-JP-1

SCP-1133-JP-Aの内容: Euclid級オブジェクト、SCP-███が収容違反を発生。

実施方法: SCP-███の収容状態を厳重なものに変更、収容違反を防止。

結果: 作中の描写通り、SCP-███は収容違反を発生。機動部隊の出動により鎮静・再収容。

実験記録1133-JP-3

SCP-1133-JP-Aの内容: D-46243(身体的特徴、作中での呼称より特定。以下同様)がSafe級オブジェクト、SCP-████の実験に参加している。

実施方法: D-46243を実験に参加する前に終了。その後収容ユニット内部に放置。

結果: 終了措置は効果を為さず、D-46243は収容ユニットより独力で脱走、その後他サイトで行われていたSCP-████の実験に乱入し、作中の描写通りの行動後に死亡した。解剖の結果、死因は終了措置の際に注入された毒物であることが判明。

実験記録1133-JP-5

SCP-1133-JP-Aの内容: D-58500がSafe級オブジェクト、SCP-████-JPの実験に参加している。

実施方法: Keter級オブジェクト・SCP-███に関連する実験へD-58500を投入。過去の被験者の死亡率は100%。

結果: D-58500は様々な偶発的な要因が重なることで生還、SCP-███に関連する複数の新たな事実が判明。その後、D-58500は予定通りSCP-████-JPの実験に参加。

分析: これ、上手く使えば凄い便利なんじゃないか?

実験記録1133-JP-9

SCP-1133-JP-Aの内容: 財団本部がミサイルにより破壊され、収容機能が消失。

実施方法: 新たに『██財団』を設立、外見を財団本部と酷似させた木製の張りぼてを作成し本部に設定、最低限の収容施設を建造し、直後にミサイルを投下。

結果: 何事もなく██財団の本部および収容施設は破壊された。以降、対象のSCP-1133-JP-Aが関連すると思われる被害は発生せず。

分析: SCP-1133-JPにより齎される結末を回避することは不可能だが、ある程度のコントロールは可能らしい。それはつまり、題材となったオブジェクトにとっても同様であることが予想される。活動監視の補助としてSCP-1133-JPは非常に有用だが、そこに描かれた未来が我々の予想通りに訪れるとは限らない。SCP-1133-JPに強く依存する監視プロトコルの構築は永久的に凍結すべきだろう。

Footnotes

1. 該当するサイトの含まれる地域が休日である場合はその前日


Vote

12

Created_by

Qoochie

Created_at

2017-12-30 18:58:28

Tags

未来予知, 文書, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System