get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-115-JP | Nijiru System

SCP-115-JP - 鵺

ItemNumber

SCP-115-JP

Object Class

Keter Euclid

Protocol

SCP-115-JPは、サイト-81██内の標準物品収容室へ保管されています。収容室は6メートルの通路を経て隔離されており、通路の手前側に監視室が備え付けられています。

収容室内には「特定思考発生装置」と「思考漏洩防止装置」、監視カメラが備え付けられ、最低限、特定思考発生装置は常時稼働状態として下さい。特定思考発生装置の本体は監視室へ設置しており、稼働状況は常時モニタリングされています。特定思考発生装置本体は監視室内で予備を含め3台設置されています。

装置の稼働には電力以外に、専用の「思考発生カートリッジ」と「エネルギー補給カートリッジ」が必要です。思考発生カートリッジは通常30日に1回交換して下さい。エネルギー補給カートリッジは容量が10%を下回った場合に交換して下さい。各カートリッジは監視室に常に12セットの予備があるようにして下さい。エネルギー補給カートリッジは、緊急の際はブドウ糖の水溶液で代用ができます。思考漏洩防止装置及び監視カメラについては、規定に則った整備をして下さい。

収容違反が発生した場合、職員は直ちに収容室から6メートル以上待避して下さい。収容室の区画を隔壁で隔離後、特定思考発生装置のデータを分析、設定を調整し再収容を試みて下さい。

Description

SCP-115-JPは現在50x50x150cmの6角柱の形をした、未知の材質の実体です。19██/██/██に収容した際、現在の形態となりました。

SCP-115-JPは周囲約5メートル以内の人間の思考を無差別に読み取り、強い思考から順にオブジェクト自身へ反映させます。対象の人間が食料を最も望んでいた場合は食料に、睡眠を望んでいた場合は安眠を誘う器具といった具合です。変化したSCP-115-JP実体は変化後の性質を有しており、食料となった場合は問題なく捕食する事が可能です。その場合の健康への悪影響も特に発生しない事が確かめられています。対象の人間の思考によっては、オブジェクト自身へのフィードバックのみならず[編集済]。

SCP-115-JPは19██/██/██、██県の集落で発生した一連の自然災害の際に収容されました。集落は季候も良く作物もよく採れていましたが、現在は廃村となっています。生き残った住人からは、「██様の祟り」であると証言が得られています。集落内の倒壊した社より「██様の用法」と書かれた文書が発見され、収容プロトコルが確立されました。発見された文書については補遺を参照して下さい。一連の自然災害は「異常気象による土砂災害」とのカバーストーリーが流布されています。

補遺: 集落の社より発見された文書(現代語訳)

██様の用法

一、██様は社の中央に安置する事。

一、社は幅奥行き共に七間とする事。

一、社へ留まって下さるよう、祈祷を欠かさぬ事。

一、██様への願い事は[破損で判別不能]事。

一、██様からのお言葉は持ち帰り検討する事。

一、願い事は強く持つ事。

一、恐れぬ事。

[以降は損壊が激しく判別不可]

補遺: インタビュー記録

対象: SCP-115-JP


インタビュアー: ██研究員


付記: SCP-115-JPは特定思考発生装置により、日本語でのインタビューが可能なように調整されています。██研究員は監視所から遠隔でインタビューを行っています。


<録音開始>


██研究員: こんにちはSCP-115-JP。私の声は聞こえていますか?


SCP-115-JP: こんにちは。聞こえていますよ。ですがあなたの思考は聞こえませんね?


██研究員: (無視して)あなたに幾つか伺いたい事があります。よろしいですね?


SCP-115-JP: ええどうぞ、お答えできる範囲であれば何なりと。

██研究員: 19██/██/██、とある県での事件により多数の犠牲者が出ました。覚えていますね。あの事件を何故引き起こしたのか伺いたい。


SCP-115-JP: 私は望まれないと生きられません。他者に望まれないと存在できない、小さな存在なのです。

██研究員: 質問に答えて下さい。


SCP-115-JP: お答えしていますよ。皆は雨を望んでいました。故に降らせました。雨が降ると、皆が土砂崩れを想像しました。故に崖を崩しました。押し潰された方々は一様に死を覚悟しました。それ故お手伝いをしました。

(がたん、と██研究員が席を立つ音)


SCP-115-JP: 何か音がしましたね。どうされましたか。

██研究員: いえ。……いえ。それでは、あの事件は全て住民が望んだ結果だと?


SCP-115-JP: その通りです。私は望まれないと存在できません。

<録音終了>


終了報告書: インタビューを信用するならば、現在の収容プロトコルは完全と言えるでしょう。将来的には思考発生カートリッジの供給が問題となってくるかもしれません。カートリッジのリサイクル手法を早急に確立させるべきです。Dクラス職員は有限な人材ですから。

-結城博士



Vote

52

Created_by

k_u_m_a

Created_at

2014-06-13 20:38:22

Tags

euclid, scp-jp, 変形, 多面体, 知性,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System