get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1240-JP | Nijiru System

SCP-1240-JP - 聞こえてる?

ItemNumber

SCP-1240-JP

Object Class

Safe Euclid

Protocol

SCP-1240-JPはサイト-81██の低危険度物品収容ロッカーに保管します。保管時は開口部が下になるように固定してください。防音措置を施した物品収容ロッカーに保管してください。電動式の回転台に横向きに固定し、SCP-1240-JPの底面が特定の位置で固定されないようにしてください。SCP-1240-JPの実験時以外の持ち出しは禁止されています。実験にはレベル2セキュリティクリアランスを保有する担当職員1名の許可が必要です。

Description

SCP-1240-JPは███社の飲料用製品に酷似した紙コップです。高さ8cm、開口部の直径は7cm、底面部の直径は4cmです。後述の異常性を除き、他の同名製品との差異はありません。通常の手段で破壊、焼却が可能です。現在█個が収容下にあります。

SCP-1240-JPは底面を床・壁・地面などの平坦な箇所に密着させることで活性化します。

追記: 活性化対象はこれらに限られず、明確な条件は特定されていません(事案124001参照)。

活性化したSCP-1240-JPは接触面の摩擦・粘着性に関わらず、接触させた位置で固定されます。この状態は接触面と平行に力を加えることで容易に解除されます。外部からの力で解除されない場合この状態は維持され続けます。SCP-1240-JPが接触面に固定されると、接触面の裏側もしくは反対側、かつSCP-1240-JPの中心軸の延長線上にSCP-1240-JPの複製(SCP-1240-JP-1)が出現します。SCP-1240-JPとSCP-1240-JP-1間の最長距離は判明していません1。この時、SCP-1240-JPは2種類の異常性を発現します。

1. SCP-1240-JPとSCP-1240-JP-1を受話器・送話器として用い、双方向での会話を行うことが可能です。SCP-1240-JPからSCP-1240-JP-1までの距離に関わらず、音質・声量等に劣化が生じることはありません。音声以外の情報、物質を送受信する試みは失敗しています。このとき送受される音声は異常性2の影響を受けません。

2.SCP-1240-JP、SCP-1240-JP-1双方を中心として半球状に空間異常が発生。影響範囲の空間の音声のみが交換されます。効果範囲は室内ならば部屋の広さに従い、屋外であれば半径200mまでです。音声の交換は双方の空間容積を無視して発生します。屋内と屋外の音声が交換された場合、室内では部屋の広さに関わらず200m先までの範囲で発生した音を知覚することができます。反対に屋外では交換先の部屋内の音声だけを知覚することができ、部屋の容積分の空間より外には無音の領域が広がります。SCP-1240-JP、SCP-1240-JPまたは-1から半径200mの空間より外側では異常性の影響を受けません。

活性化はSCP-1240-JP及びSCP-1240-JP-1のどちらかが接触面から外れる、もしくは破損することで終了し、同時にSCP-1240-JP-1は消失します。破損したSCP-1240-JPは以降異常性を喪失します。

実験記録1240-01 - 日付20██/██/█

対象: 厚さ2cmの鋼板

実施方法: 垂直に固定した鋼板の片方の面にSCP-1240-JPの底面・側面・開口部を接触させる。

結果: SCP-1240-JPは底面が鋼板に接触した場合のみ活性化した。鋼板の裏面にSCP-1240-JP-1の生成を確認。SCP-1240-JPを手で鋼板から外すとSCP-1240-JPは消滅した。

分析: 摩擦も粘着力もない面に垂直に張り付いている。容易に取り外せるということは、複数回の使用を想定されているのだろうか。 -██研究員

実験記録124003 - 日付20██/██/█

対象: 実験室A1及びA2の壁

実施方法: 隣接する実験室A1・A2の壁を用いる。A1のA2側壁面にSCP-1240-JPの底面を接触させた。

結果: A2のA1側壁面にSCP-1240-JP-1が生成された。このとき音声の交換も発生していることが判明。次回実験時からはこのことも反映されている。

分析: 第1次実験の結果から何者かによって作成された道具だと考えていたが、だとしたら何のためのものなんだ? -██研究員

実験記録124004 - 日付20██/██/█

対象: サイト-81██備品倉庫及びその外壁

実施方法: 室内にSCP-1240-JPを設置、屋外にSCP-1240-JP-1を生成させ、『音声の交換』現象の概要を探る。

結果: 第3次実験と同様に交換現象が発生。部屋の容積を無視して屋外の音声が知覚されることが確認された。ホイッスルを鳴らしながら外壁に沿って移動したところ、SCP-1240-JP-1より200mの地点で室内からはホイッスルの音が知覚できなくなった。

分析: 大まかな特徴を掴むことはできた。が、やはり用途が分からない。人工物だという前提で調査してきたが、製作に関わった人物も浮上しない。現実性の揺らぎによる偶然の産物である可能性もあるのか? -██研究員

以上の実験により異常性の概要を確認できたことから、これらを踏まえて第1版収容プロトコルが制定されました。Anomalousオブジェクトへの分類も検討されましたが、異常性や発生経緯などに不明な点が残ることから暫定的にSafeクラスオブジェクトとして収容し、研究を続行することが決定されました。

この仮収容措置施行から█日後、事案124001が発生しました。



Footnotes

1. 実験で確認された最長距離は███m。

2. 何らかの言語と思われるが詳細不明。

3. 10m×10mの標準実験室に防音措置を施したもの

4. 探査実験124001で記録されたものと同様の言語と思われるが、内容については不明

5. 可聴域、非可聴域を問わず対象から発される全ての音声を採集・分析することで、対象の物理的要素を推定する手法


Vote

6

Created_by

Kirinda

Created_at

2018-07-02 20:24:21

Tags

音声添付, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System