get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-126-JP | Nijiru System

SCP-126-JP - 不死者たちのロシアン・ルーレット

ItemNumber

SCP-126-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-126-JPは電子錠付き金庫へと収容してください。SCP-126-JPの悪用を避けるため、金庫は更に収容室内の床下へと自動昇降装置によって格納されます。

自動昇降装置はパスワードと起動承認キーのプログラムによるセキュリティが施されます。また、自動昇降装置の予定外の起動に対応する時間を確保するため、上昇動作は少なくとも50秒以上をかけて完了するよう設定してください。

Description

SCP-126-JPは一丁のコルトM1849 ポケット・リボルバーと、それが収まるサイズの木板です。拳銃部分は未知の方法によって木板部分に完全に固定されており、取り外す事は出来ません。また、そのままの状態ではどのような可動部も一切動作させる事が出来ません。

SCP-126-JPを「5人6人が囲むに適した卓上」に安置し、その状態で被験者となる人間が卓の席についたとき、特異な性質が発現します。

卓を囲むようにして、それぞれ特徴の異なる4名5名の男女(以下SCP-126-JP-1と呼称)が出現します。SCP-126-JP-1は全員、被験者が使用している椅子または座具と同じものを使用した状態で瞬間的に出現します。同時にSCP-126-JP拳銃部分の弾倉内に銃弾が出現します。また、被験者は未知の方法によって席上に固定されます。

SCP-126-JP-1の出現後、SCP-126-JP-1aによって、これがロシアン・ルーレットであることが被験者に対して説明されます。ロシアン・ルーレットは弾倉に一発だけ実弾が込められ、それ以外は空薬莢である通常の順番方式によって進行されますが、独自のルールとして、次に引き金を引く者は生存しているSCP-126-JP-1と被験者を含んだ現在の参加者達の議論によって決定されること、誰かが「当たり」を引いたとしても、そのまま人数と空薬莢を一つ減らした状態でゲームを再開始すること、最後の一人になるまで勝ち残ったとき被験者が「解放(説明で実際に使用された語であることが注目されています)」されることが説明されます。

説明の後、いずれかのSCP-126-JP-1によってゲームの開始が宣言されます。同時に、全ての被験者はある数字のイメージが頭の中に浮かび上がったことを報告しました。数字は1から5 6の範囲からランダムに選ばれていると思われ、ゲームが再開始される度に異なる数字のイメージがその都度浮かび上がります。

SCP-126-JP-1群と被験者は議論と多数決によって引き金を引く者を決定します。SCP-126-JP-1はどの順番が「当たり」であるのかを知らないように見えます。被験者のような数字のイメージもSCP-126-JP-1群には発生しておらず、被験者がそのようなイメージを抱いた事自体も認識していないように見られます。

議論または多数決によって引き金を引く者が決定したとき、SCP-126-JP拳銃部分を木板部分より持ち上げ使用する事が可能となります。「当たり」を引いた場合、SCP-126-JPは通常通り発砲し、引き金を引いたSCP-126-JP-1もしくは被験者はあらゆる防御措置を貫通する銃弾によって問題なく死亡します。

SCP-126-JP-1が死亡した場合は、SCP-126-JP拳銃部分は木板部分上に瞬間的に移動し、再び議論が開始されます。瞬間的な移動時に、弾倉の銃弾装填孔が一つ消滅していること、その状態で銃弾が再装填されていることが確認されています。

この繰り返しによって、ゲームは被験者が死亡するか最後の一人になるまで行われ続けます。

被験者が「当たり」を引いて死亡した場合、これまで死亡したSCP-126-JP-1が復元された状態で自身の席上に再出現します。そして全てのSCP-126-JP-1によってゲームの終了が宣言されると、SCP-126-JP-1は消失し、SCP-126-JP拳銃部分は弾倉が元通りになった上で木板部分上に瞬間的に移動します。

補遺1: SCP-126-JPには、SCP-126-JP-1aによって事前に説明されない暗黙のルールがあると考えられています。以下は、それらルールの中で現在判明しているものです。


  • 議論や多数決に際して、直接的な暴力を他の参加者に対して及ぼしてはならない。
  • ゲーム外の存在が参加者に対して、ゲームの進行または参加者の言動に関わるような干渉を行ってはならない。
  • 議論または多数決による決定に逆らう行動は違反とみなされる。
  • 最後の1対1の場合、引き金を引く者は「自分に対して引く」のではなく「相手に対して引く」ことになる。


  • 違反者はSCP-126-JP拳銃部分を用いたSCP-126-JP-1によって即座に射殺されます。この時のみ、SCP-126-JP拳銃部分弾倉の全装填孔に完全な実弾が装填されています。

    現在、ルール1による死亡が被験者二回、SCP-126-JP-1d二回、SCP-126-JP-1c二回確認されています。ルール2による死亡は被験者七回、SCP-126-JP-1a一回確認されています。SCP-126-JP-1aに対して干渉した存在は不明ですが、他のSCP-126-JP-1はそれを認識しているようでした。ルール3による死亡は被験者一回、SCP-126-JP-1d一回、SCP-126-JP-1c三回確認されています。ルール4は、1対1になった時、被験者の相手方となるSCP-126-JP-1によって説明が行われるため違反は発生していません。

    違反による死亡でも「当たり」を引いた死亡と同様の手順でゲームは進行されます。

    補遺2: 暗黙のルール2に関して、実験中に発生した事故126-1によって被験者であるDクラス職員1名と、担当研究員である███ ██研究補佐、実験責任者である███████博士がSCP-126-JP拳銃部分を用いたSCP-126-JP-1aによって射殺されました。

    ███ ██研究補佐と███████博士は別室から通信機器を通じて被験者に指示を行い、被験者がそれを実行したところ、それを全てのSCP-126-JP-1に咎められ、まず被験者が射殺されました。その直後SCP-126-JP-1aは███ ██研究補佐の背後に瞬間移動し███ ██研究補佐を射殺。続いて███████博士の真横に瞬間移動し███████博士を射殺しました。

    保安要員によるSCP-126-JP-1aの確保が試みられましたが、その前にゲーム終了が宣言され、全てのSCP-126-JP-1が消失し、SCP-126-JP拳銃部分は木板部分上へと瞬間移動していました。

    この事故から、SCP-126-JP実験中は観察と記録のみを行う事が決定され、手順が改訂されました。

    補遺3: 観察によって、各SCP-126-JP-1個体のいくつかの特徴が明らかとなりました。以下はその要約となります。

    個体名 外見的特徴 性格の考察 確認された戦績
    SCP-126-JP-1a(他の個体により"アイン"と呼称) 推定60歳代の白人男性 白髪のオールバックに白髭 年齢の割に頑健な肉体を有する 右手人差し指に魔術的文様の刺青。 冷静かつ断定的でゲームの進行役。高い知性を示しており、他のSCP-126-JP-1からも一定の信頼を得ていると思われる。 3回死亡。違反1回。1対1までの勝ち残り2回
    SCP-126-JP-1b(他の個体により"アル"と呼称) 推定30歳代のアジア系男性 やや肥満 左手の小指と薬指が一部欠損している。 ルールに厳格であり、議論に際しては他の参加者に対して非常に敵対的。病理的傾向が観察される。 9回死亡。違反0回。1対1までの勝ち残り0回。
    SCP-126-JP-1c(他の個体により"サン"と呼称) 自称22歳推定20歳前半の日本人女性 痩躯 左手薬指に長期間指輪を装着していた痕跡有。 流動的かつヒステリック。議論そのものに非協力的であり、鬱傾向が認められる。SCP-126-JP-1dに対して明らかに恐怖心を抱いている。 7回死亡。違反5回。1対1までの勝ち残り1回。
    SCP-126-JP-1d(他の個体により"キャトル"と呼称) 推定10代後半の白人男性 長躯かつ筋肉質だが薬物常用の傾向が見られる。 暴力的で理念の稚拙さが認められる。しかしSCP-126-JP-1aには信頼を寄せており、たしなめられる事で暴力的傾向は一時鎮静する。SCP-126-JP-1cに対して性的表現を含んだ悪戯や冗談を頻発する。 14回死亡。違反3回。1対1までの勝ち残り0回。
    注目すべきは、被験者が席についた際、必ずSCP-126-JP-1aが被験者の対面位置に出現することです。各SCP-126-JP-1の人物は特定されていませんが、SCP-126-JP-1aがSCP-126-JPの起源に関与している可能性が指摘されています。

    補遺4:




    Vote

    37

    Created_by

    locker

    Created_at

    2014-04-09 22:33:52

    Tags

    safe, scp-jp, ゲーム, 人間型, 武器, 知性, 自我,

    URL

    お気に入り登録

    共有

    Nijiru System