get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1280-JP | Nijiru System

SCP-1280-JP - ヒュームの穴

ItemNumber

SCP-1280-JP

Object Class

Safe Euclid

Protocol

SCP-1280-JPは移動しないため、サイト-8129旧研究棟内の収容室-G285に覆われます。室内には10 12 18基のスクラントン現実錨(Scranton Reality Anchor, 以降SRAと略記)を、SCP-1280-JPの周囲を囲むように、SCP-1280-JP表面から半径20mの距離に等間隔に配置してください。また、室内の現実性測定値が0.85Hmを下回った場合、速やかにSRAの追加を行ってください。

Description

SCP-1280-JPは東経13█°██'██"、北緯3█°██'██"に位置する、直径1.1 1.8 2.1mの球状の時空間異常、及びその周囲に発生するクラスA現実性希薄領域です。SCP-1280-JPの周囲の空間は白く霞がかって見え1、中心部の球状時空間異常は完全な白色に見えます。SCP-1280-JPは2006/12/23にサイト-8129研究棟内に突如出現し、以降同地を改築して収容されました。

SCP-1280-JPの異常性は、自身及びその周囲の現実性2を低下させ、常に極端に低いレベルに固定することです3。SCP-1280-JPの影響範囲に侵入した存在は、異常性により発生する現実性希薄領域との現実性差により、周囲の空間へ現実性を流出させる"現実性拡散"現象を引き起こします。この拡散現象は一定の段階4を経て、通常レベル現実空間での存在不能化や身体構造の崩壊など、人体に重篤な影響を与えることが分かっています5

また、SRAによる現実性の供給がない場合、時空間異常の直径および影響範囲は、12時間に1度の周期で拡大していきます。その拡大率は1回の拡大につき██%です。このことから、SCP-1280-JPは██回の拡大で本州全土を飲み込み、███回の拡大でZK-クラス:現実不全シナリオをもたらすと推定されています。しかしながら、この拡大はSCP-1280-JPをSRAで囲み、拡大に応じて適宜追加することで打ち消すことができると判明しています6



脚注

1. この"霞"は、微細な現実性希薄領域が引き起こす光の散乱による現象です。空間中に局所的な物理法則破綻領域が生まれた場合、その領域は本来直進する入射光の軌道を粗雑に変動させます。この変動は多くの場合、微細領域外への反射の形を取り、結果的に半透明な白色に見える領域が生まれます。

2. 空間における現実の確かさの程度を指す用語。物理量としての単位は[Hm]で表され、正常な現実空間は1.0Hmであると定義されます。

3. 例として、常に異常性の影響が及ぶ範囲の現実性は平均して2.0✕10-█Hmであり、中心部は完全な0Hmと推測されています。

4. 拡散現象の進行段階


  • 身体のわずかな膨張(~3%)
  • 身体表面と周囲空間の境界の一部希薄化
  • 皮膚の一部剥離、衣服と身体の癒着
  • 皮膚の大部分の剥離、指や四肢同士の癒着
  • 皮膚の全剥離、身体一部の非実体化
  • 身体全体の非実体化、身体構造の崩壊
  • 現実性の完全喪失



  • 5. この事実は、財団が観測した極低ヒューム環境の研究により明らかになりました。SCP-1280-JPが発生させる現実性希薄領域について、これら研究例との類似性が指摘されています。

    6. 2018/04/01現在、この手法により直径は2.1m、影響範囲は半径20mで固定されています。

    7. 2つの平行世界間を結ぶタイプのワームホールを指します。


    Vote

    3

    Created_by

    sanks269

    Created_at

    2018-03-28 23:55:09

    Tags

    異次元, 球体, 物理法則, 時空間, scp-jp, k-クラスシナリオ, euclid,

    URL

    お気に入り登録

    共有

    Nijiru System