get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1311-JP | Nijiru System

SCP-1311-JP - ファンの鑑

ItemNumber

SCP-1311-JP

Object Class

Euclid

Protocol

不動産業者、貸倉庫業者を通じ、SCP-1311-JP群に対する一般人の入居および利用を防いでください。また、内部の物品は定期的に検査を行うことが求められます。

Description

SCP-1311-JPは██県██市に存在する公営住宅の一室、██県██市他に3つ存在する貸倉庫の総称です。

SCP-1311-JP内には星降 ██氏(本名大川 █)とされる人物の著作物、あるいはそれらに関係する創作物、メディアミックス作品(以下、SCP-1311-JP-A)が整理された状態で膨大な数保管されています。これらは劣化の兆候を見せず、現状試みることができる一切の破壊行為が不可能です。また、SCP-1311-JP外にこれらの物品を持ち出すことも不可能です。

現在段階で「星降 ██」名義で活動している作家は確認されず、過去にも存在していないことに留意してください。同様に大川 █氏の存在も確認されていません。

SCP-1311-JP-BはSCP-1311-JP内において確認可能な音声です。この音声は星降氏を名乗る成人男性のものであり、対話が可能ですが発信源は確認されていません。SCP-1311-JP-Bは軽度な抑鬱状態にあると推定され、定期的なカウンセリングを必要とします。

以下は、初動調査を行った際の映像記録です。

映像記録1311-JP-A - 日付 20██/██/██

探索人員: エージェント・足利

対象: ██市営住宅████高層住宅D棟███号室

«ログ再生»:

エージェント・足利: 足利、これより調査を開始します。確認お願いします

エージェント・足利: はい、確認しました。では突入します。内部に人の気配はありません。通報では「誰もいない部屋から人の声がする」という話でした。霊的実体の存在も考慮し調査を行います

エージェント・足利: 内部は漫画かアニメのフィギュアや小説、DVDが大量に存在しています。どれも移動できない以外現段階での異常性は確認できません。データベースでの確認を

SCP-1311-JP-B: そこの、そこの人

エージェント・足利: 不明な存在の音声を確認しました。誰ですか。何処にいますか

SCP-1311-JP-B: よかった、やっと人が来た。いえ、何処にいるかなんて分からないです、強いて言うならこの部屋と、どっかの貸倉庫です、あの、早く助けてください、此処から出してください!

エージェント・足利: 落ち着いてください。貴方は

SCP-1311-JP-B: すいません、興奮しちゃって。私は星降 ██、って言えば分かりますかね? 一応作家の端くれで、いえ、そんなことはいいんです。ずっと此処に閉じ込められているんです、とにかくここから出してください

エージェント・足利: 何処かに閉じ込められていますか?

SCP-1311-JP-B: だから、分からないって言っているじゃないですか!

エージェント・足利: 落ち着いてください。探してみます

[10分ほどをかけてエージェント・足利による捜索が行われるが、発見には至らない]

SCP-1311-JP-B: 見つかりましたか?

エージェント・足利: 見つかりません、貴方は

SCP-1311-JP-B: なんで見つからないんですか、私は確かにここにいます、ここにいるんです! 見つけてくださいよ! なんで、こんな、これじゃあ何にも書けないじゃないですか!

エージェント・足利: …司令部、増援を要求します

«ログ停止»:

この初動調査後、上記の異常性が判明しSCP-1311-JP-Bの協力を得る形で他のSCP-1311-JP群発見に至りました。発見後、SCP-1311-JP及びSCP-1311-JP-Bに関係する周辺調査が行われました。

その結果、SCP-1311-JP全ての借り請け人である藤吉 ██氏はPAMWAC1との繋がりが確認されました。PAMWACは主にサブカルチャー、あるいはそれに類する文化愛好家の緩やかな集合体であり、それらの活動には異常存在が介在することから一定の監視対象に値しています。内部組織体制においては不確定な部分が多いものの、各構成員の愛好するジャンルによる同好グループが存在し、それらの主要メンバーの合議制であると推測されています。藤吉氏はその内、創作を行わない漫画、アニメ作品愛好者からなるグループへ主に属し【藤吉 ██氏のハンドルネーム】の名前で活動していた中心的存在であったことが判明しています。

藤吉氏は現在段階で行方不明であり、PAMWAC内同サークル関係者も把握していないことが確認されています。藤吉氏が愛好していた作品、ジャンルについての情報も不明です。また、失踪の数日前まで藤吉氏はグループの趣旨から外れるオリジナル作品に取り組んでおり、その周知に熱心であったという証言が得られました。

同調査においてSCP-1311-JP-Bの証言する親族、友人は存在したものの、星降 ██及び大川 █を知る人物は存在しませんでした。

以下は調査後において行われたSCP-1311-JP-Bへのインタビュー記録です。

インタビュー記録1311-JP-KR - 日付 20██/██/██

対象: SCP-1311-JP-B

インタビュアー: 護良研究員

<録音開始>

(前半部は事実確認のため省略)

護良研究員: SCP-1311-JP-B、貴方の証言する人物に接触を行いました。その結果、星降 ██及び大川 █を知る人物は存在せず、該当する戸籍も存在しませんでした

SCP-1311-JP-B: 冗談でしょ?

護良研究員: 事実です。加えて貴方の主張する作品、『【作品名】』、『【作品名】』も同様に出版された記録は有りませんでした

SCP-1311-JP-B: そんな、だってここにあるし、ここにいるじゃないですか! ここに、私の作品だって、あるのに

[約5分間、困惑したSCP-1311-JP-Bの声が録音されている]

護良研究員: 落ち着かれましたか?

SCP-1311-JP-B: …はい、まだ、混乱はしてますけれど

護良研究員: では質問なのですが、この状況に陥った心当たりは?

SCP-1311-JP-B: そんなものはありませんよ。いつもと同じように食べて、寝て、それで起きたら…、こうなってました

護良研究員: そうですか。では、この部屋については? この部屋は藤吉 ██氏という人物が借り請け人となっていたのですが

SCP-1311-JP-B: 知りませんね

護良研究員: ふむ、では、【藤吉 ██氏のハンドルネーム】さんもご存じない?

SCP-1311-JP-B: 【藤吉 ██氏のハンドルネーム】さん! 知ってます、知ってますよ。彼女は私の作品の熱心なファンです。直接お会いしたことは少ないですが、SNSなんかでも真っ先にコメント付けてくれたり、私の作品のコミュニティでは有名人でした。こう言っちゃなんですが、私にとって一番のファンでしたよ

護良研究員: 成程、彼女に関して何か知っていることは?

SCP-1311-JP-B: そうですね、思い出しました。こうなる数日前、彼女からDMが届いたんです。私に関係する作品で滅多に手に入らないものを手に入れたって。それが何だったのかは分かりませんがね。いや、でもあの人は関係ないと思います、ホントに良い人なんですから!

護良研究員: 落ち着いてください。成程、性格的にも問題はなかったと

SCP-1311-JP-B: そうですね。強いて言うなら他の人が持ってないものを持っている、関係するものは全部集めるのがファンだと思い込み過ぎているところがありました。私としてはファンって人との関わりでもあると思うので、蒐集が独占に変わるともったいないって思っちゃうんですけどね

<録音終了>

補遺: 藤吉 ██氏に対する追跡調査の結果、██県において従来とは異なるSCP-1311-JPが発見されました(以下、SCP-1311-JP-1)。内部には成人男性一人分の死体、及びその臓器がナンバリングされた状態で保管されています。また、星降 ██及び大川 █とされる人物に対する詳細な記録、ならびに大川 █氏とされる人物に関連した生誕から現在の状況に至るまでの細かい調査記録が発見されました。上記の死体及び臓器はそれらの資料からSCP-1311-JP-Bであることが推測されますが、資料の正確性が確認不可能なため判断は保留されています。これらの物品も外部へ移動させることは不可能です。

特記事項として、SCP-1311-JP-1においてSCP-1311-JP-Bの存在は確認されませんでした。

補遺2: さらなる追跡調査の結果、██県に新たなSCP-1311-JPが発見されました(以下、SCP-1311-JP-2)。内部には星降 ██氏の作品に対する二次創作作品が未完██作を含み数十作、SCP-1311-JP-1内において発見された死体に由来すると推測される肉塊、SCP-1311-JP-Bに類似した音声が確認されました。音声は不明瞭であり明確な文章を為しておらずSCP-1311-JP-BもSCP-1311-JP-2を知覚していません。これらの物品の内、二次創作作品のみ外部持ち出しが可能です。また、これらの物品はこれまでに発見されたSCP-1311-JP、SCP-1311-JP-1内のSCP-1311-JP-Aとは異なり、非常に乱雑な状態であったことが指摘されています。

特記事項として、SCP-1311-JP-2内に長期滞在した状態で星降 ██氏の作品群、あるいはそれらに関する二次創作作品を確認した場合、対象人物はそれらの作品に対する知識を以前から所持していたと主張します。しかし、その知識は多くの誤り2を含んでおり、その矛盾を指摘されると混乱状態に陥ります。これらの記憶はSCP-1311-JP-2内部の二次創作作品と酷似しており、SCP-1311-JP-2外へ移動することにより約2時間程で消失することが確認されています。


Footnotes

1. アニメキャラクターと結婚するための研究計画局(research Projects Agency for the Marriage With Anime Characters:PAMWAC)

2. 作中のキャラクター名、キャラクター間の人間関係、クライマックスシーンの展開等


Vote

1

Created_by

kyougoku08

Created_at

2018-03-05 23:40:52

Tags

移動不可, 建造物, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System