get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1367-JP | Nijiru System

SCP-1367-JP - 特別収容違反プロトコル

ItemNumber

SCP-1367-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-1367-JPは小型GPSチップを埋め込んだ上で、セクター8103の森林型収容区域中心部にある小型収容室に収容されます。

Description

SCP-1367-JPはシマリス属(Tamias)に属する不明種です。活性化時の異常に高い知性と後述の異常性を除き、一般的な他のシマリス属と同様の生態・性質を示します。

SCP-1367-JPは檻や部屋など特定の空間内に収容されている場合に、不定期に活性化します。活性化時、SCP-1367-JPは対象空間からの脱走に必要な知性と下記の異常性を獲得し、脱走を図ります。SCP-1367-JPは脱走を完了した時点で非活性化します。非活性化後1時間以内に活性化した事例は確認されていません。

SCP-1367-JPは活性化時、空間歪曲により口腔内を不明な空間に接続して物体・物質(以下SCP-1367-JP-A)を出現させ、脱走に使用します。SCP-1367-JP-AがSCP-1367-JPの口唇および口腔より大きい場合、SCP-1367-JP-Aの口腔内からの排出が完了するまでSCP-1367-JPの口唇および口腔はSCP-1367-JP-Aの大きさに合わせて拡張されます。SCP-1367-JPの活性化中は口腔内の複雑かつ高強度の空間歪曲による副次的影響のため、SCP-1367-JP-Aの出現元を調査する試みは本報告書執筆現在まで全て失敗しています。

補遺1: SCP-1367-JPは20██/02/07、██県██市で「リスが口から針金を吐き出した」という通報を傍受したことにより発見、財団エージェントにより確保されました。収容当初は口腔から針金を排出し檻の錠をピッキングすること以外の異常性が確認されなかったため、Anomalousアイテムとして収容されていました。

インシデント記録: 現在の特別収容プロトコルが策定されるまで、SCP-1367-JP実体により頻繁に収容違反が発生していました。インシデント1367-JP-1以降SCP-1367-JPはEuclidクラスに再分類されました。以下はSCP-1367-JPによるインシデント記録の抜粋です。

補遺2: 20██/05/13、SCP-1367-JPが非活性化状態であるにもかかわらず、サイト8102における小動物型実体捕獲部隊の隊員である██がSCP-1367-JPの収容室の扉を開き、収容違反を起こしました。██隊員のカオス・インサージェンシーとの関与が疑われましたが、財団の調査により否定されました。SCP-1367-JPの未知の異常性の影響が疑われたため、██博士立ち合いの元で収容スペシャリスト・栗木によるインタビューが行われました。



Footnotes

1. 俗に動く歩道と呼称される。


Vote

13

Created_by

noyama

Created_at

2018-05-16 19:21:18

Tags

生命, 動物, リス, ポータル, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System