get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1410-JP | Nijiru System

SCP-1410-JP - 押入れの恐怖

ItemNumber

SCP-1410-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-1410-JPの存在する家屋は財団に所有され、現在は全ての出入り口を封鎖されています。当該家屋へ進入をする場合は担当職員へ申請し、常に2人以上が同じ空間で行動してください。SCP-1410-JP内に人がいる状態でSCP-1410-JPの戸が閉鎖した場合は、内部の人員は常に発声し、外部の人員は速やかに戸を開放してください。

Description

SCP-1410-JPは宮城県██市の市街地にある家屋の1階和室の押入れです。家屋は風雨の影響で著しく劣化しており、SCP-1410-JP本体にも湿気による膨張や汚れが見られますが、穴や破損は見られず、閉じると内外の空間を完全に分断します。SCP-1410-JPに穴を開ける試みは失敗しており、移動させることは異常性の損失もしくは拡大の可能性があるため禁止されています。

人間が単独でSCP-1410-JP内に侵入した状態で戸を閉めると、SCP-1410-JPは活性化します。複数人が進入した場合は活性化しません。活性時は内部がほぼ無音に近い暗闇になり、内部からの開閉は不可能になります。外部からは開閉が可能であり、開くことでただちに不活性化します。活性から1分〜5分経過すると、内部の人間(以下「対象」)は未知の音声を知覚します。この音声(SCP-1410-JP-Aと分類)は対象にのみ知覚され、録音機器で観測することはできません。SCP-1410-JP-Aは対象が「無音である1」と認識している時にのみ現れ、心音や呼吸音を知覚していると発現しません。SCP-1410-JP-Aは知覚された回数と比例して対象へ接近し、やがて「無音である」と認識しているか否かに関わらず発現するようになります。SCP-1410-JP-Aの発現から合計20秒以上の沈黙を保つと、対象はSCP-1410-JP内部から消失します。この消失現象を記録する試みは、録画機器の破損により全て失敗しています。

補遺: SCP-1410-JPは2004年に発生した児童行方不明事件をきっかけにして発見されました。被害者失踪の直前まで遊んでいた児童は「廃屋でかくれんぼをしていたら、押入れに隠れていた友達がいなくなった」という証言をしており、警察に潜入していた財団エージェントが捜査を実施したところ異常性が発覚しました。当該物件は「一家心中のあった幽霊屋敷」として知られていましたが、本来の所有者は元建設会社社長の老夫婦であり、どちらも1993年に肺炎で死亡しています。SCP-1410-JPの異常性発現の時期は不明です。行方不明児童は現在も発見されていません。

実験記録 1410-JP-1 - 日付2016/██/██

実験責任者: ███博士

助手: █研究員

付記: █研究員はメンタルセラピストとして財団フロント企業に所属しており、SCP-1410-JP実験のために特別派遣されました。

対象: D-1985


実施方法: D-1985をSCP-1410-JPに侵入させる。

結果: 実験開始から1分後、D-1985がパニックを起こしたためスピーカー越しに█研究員との通話で精神安定を実施。鎮静後もSCP-1410-JP-Aは発現せず。20分後、SCP-1410-JPを開放。

コメント: SCP-1410-JP-Aの発現条件が人の侵入以外にもあると推測されます。なお脱出時のD-1985は泣きじゃくり過呼吸の症状がありましたが、経歴の確認の結果、軽度の暗闇恐怖症であったことが判明しました。

実験記録 1410-JP-2 - 日付2016/██/██

対象: D-1986


実施方法: D-1986をSCP-1410-JPに侵入させる。D-1986には内部では決して声を出さないよう命令。

補足: D-1986は暗闇と閉所に耐性を持つことを確認済。

結果: 2分後、D-1986はSCP-1410-JP-Aの発現を報告。恐怖を和らげるために深呼吸やため息を繰り返す。その後5分ほど待機してもSCP-1410-JP-Aの再発現は確認されなかったため、SCP-1410-JP-Aを開放。

コメント: 音声がSCP-1410-JP-Aの発現条件と関係している可能性があります。なおD-1986はリラクゼーションとして自分の心音や息を意識する癖がありました。呼吸のdB値は発現時と大きな差が確認できなかったことから、SCP-1410-JP-Aの発現条件の沈黙は対象の認識が影響する可能性があります。

実験記録 1410-JP-3 - 日付2016/██/██

対象: D-1987


実施方法: D-1987に懐中電灯を装備させ、SCP-1410-JPに侵入させる。D-1987には内部では決して声を出さないよう命令。懐中電灯の照射は許可している。

補足: D-1987は暗闇と閉所に耐性を持つことを確認済。

結果: 1分後、D-1987はSCP-1410-JP-Aの出現を報告。脱出の要請を却下し、実験を続行するも、30秒後にパニックを起こす。█研究員との通話を実施するも安定せず、実験の続行が困難と判断し、SCP-1410-JPを開放。

コメント: SCP-1410-JP-Aの発現条件に明かりは関係なく、あくまでも沈黙の認識であると推測されます。実験後、D-1987は重度の閉所恐怖症を発症しましたが、これがSCP-1410-JPの効果なのか、状況による副次的な効果なのかは不明です。

実験記録 1410-JP-4 - 日付2016/██/██

対象: D-1988


実施方法: D-1988に懐中電灯を装備させ、SCP-1410-JPに侵入させる。D-1988には内部では音がするが危害を加えられることはないことを伝え、なるべく音を立てないように命令。

補足: D-1988は暗闇と閉所に耐性を持つことを確認済。

結果: 58秒後、SCP-1410-JP-Aが出現。D-1988が動揺したため、█研究員との通話を実施。沈黙して20秒後にD-1988は悲鳴をあげ、応答が途絶。█研究員がSCP-1410-JPを開放したところ、D-1988の姿はなく、壁に人型の染みを発見。検査の結果、染みはD-1988の体組織であると判明、強い力で壁に圧縮されたような状態になっていた。洗浄後は染みの跡はなくなり、またD-1988の体組織の99.5%の採取に成功した。

コメント: 今回の結果から、沈黙がSCP-1410-JP-A発現と進行のトリガーであると確定していいだろう。また、状況からして収容以前の被害者は死亡している可能性が高い。どうにかしてSCP-1410-JP-Aを観察もしくは確保したい。──███博士



脚注

1. 実際の音量ではなく、対象の認識に依存すると推測される。


Vote

26

Created_by

Monidrake

Created_at

2018-05-01 19:13:00

Tags

聴覚, 建造物, scp-jp, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System