get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1428-JP | Nijiru System

SCP-1428-JP - 高高度降下低高度開傘するメリー・ポピンズ

ItemNumber

SCP-1428-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-1428-JP-Aの土地権利は現在財団が保有しており、一般人の侵入を阻止しています。SCP-1428-JP-Aの周囲にはセキュリティー担当者を配置し、24時間体制で監視してください。もし、SCP-1428-JP-Aに一般人が侵入した場合は対象にBクラスの記憶処理をした上で近隣の集落に開放してください。Dクラス職員を起用した実験には事案1428-JP‐093617以降凍結されています。

Description

SCP-1428-JPは██県██市の総面積███km²の土地(以下、SCP-1428-JP-A)で確認される現象です。SCP-1428-JP-Aは以前「有限会社SA」という組織1が所有しており、企業所有の実験場として国に登録されていました。現在、財団による情報操作により、「有限会社SA」の土地所有権を剥奪、押収する形で現在の管理体制を構築しています。

SCP-1428-JPはSCP-1428-JP-Aで不定期的に発生する人間女性の投身自殺というイベントです。SCP-1428-JPの発生は毎月水曜日の13時13分で固定されており、定刻となった場合SCP-1428-JP-A範囲内に一機のC208Bグランドキャラバン2が出現します(機体の型番は既存の物と一致しており、「有限会社SA」の購入履歴も存在しています)。機体はSCP-1428-JP-A範囲内の北東から南西にかけて高度10000mの地点を飛行し、SCP-1428-JP-Aの中心に到達した段階でSCP-1428-JPを発生させます。

現在この機体の出発地点等は判明しておらず、機体自体も空中に突如出現する為、追跡も同様の理由により成功していません。


映画内のメリー・ポピンズ


機体がSCP-1428-JP-Aの中心地点に到達した場合、1名の人間女性3が機体から投身します。これにより女性は地上到達時の衝撃により死亡し、これまでに39名の死亡が確認されています(実験に参加したDクラス職員は除く)。落下中の人間女性を観察した結果、所有している傘の低高度での開傘が確認されています。

落下する女性は全員がメリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュース氏と同様の容姿をしており、見た目年齢も映画が公開された1964年代の当時の様子と酷似しています。しかし検死解剖や遺伝子調査によりこれらは高度な整形施術によって容姿を改造している事が分かっており、死亡した女性の身元調査を行ったところ全員が日本国内で行方不明となっていることが発覚しました。また、死亡した女性の体内からはおよそ██個の未知の鉱物であると思われる欠片が発見されており、この物体は女性の体内にて細胞レベルで臓器、血管等の生体器官と結合、これらの技術も現在の人類の文明レベルでは到達できていない施術あることが判明しています。


映画内のジョージ・バンクス


SCP-1428-JPは2005年7月12日に行われた一般人による通報により発覚しました。当時、██大学の学生4名が学校外授業の一環としてSCP-1428-JP-A周辺の小集落に停泊、森林散策の際にSCP-1428-JP-Aに誤って侵入してしまい結果、発生中のSCP-1428-JPを目撃しました。その後、学生等はすぐさま警察に通報しましたが、その時点で死体は既に消失しており学生等に関しては私有地への不法侵入による厳重注意が行われたのみで事態は収束しました。その3日後、その情報を入手したフィールドエージェントが現地で改めて調査を開始。これによりSCP-1428-JPを観測、また死体を処理する詳細不明の集団の存在も確認された為、サイト-8193へと報告しました。なお、当時エージェントはその集団に対して威嚇射撃を行ったうえでの拘束を試みましたが、未知の原理により何かしらの攻撃を受けた為エージェントは負傷、対象の消失により収容には至りませんでした。

これらの事象が確認された後、財団は最初の目撃者である学生等に接触。インタビューを行った後で記憶処理を行い、カバーストーリー「若気の至り」を適用し隠ぺい工作を行いました。

エージェントの証言から詳細不明の集団(約10名)に関する調査を進めた所、全員が映画メリー・ポピンズに出演していた当時のデヴィッド・トムリンソン氏と同様の見た目を有した実体であることが判明しており、バンクス家の父親であるジョージ・バンクスを演じた時と同様の衣装を着用していることが発覚しました。

現在、何故「有限会社SA」が映画メリー・ポピンズをモチーフとした異常を発生させているのかは未だ明らかとなっていません。

補遺: 「有限会社SA」はインターネットを活動拠点としている存在であり、自殺願望を抱く女性をターゲットにした自殺者支援活動を行っています。形式はウェブ上で自殺希望者を募集し、その希望者が指定した日時にそれを実行すると掲載しています。なお、Dクラス職員を起用した実験により、これが実行されるであろう日時には希望者の待機地点で重度の電波障害と高濃度の霧(半径300mの範囲に発生)が確認され、その後希望者がその場から消失するという事象が発生します。そして、この消失が発生した約2週間後、SCP-1428-JP-Aにて消失した希望者によるSCP-1428-JPが発生します。

「有限会社SA」は死亡した女性の身辺調査を行った際に、当時その任務を担当していたエージェント・パーズが女性の自宅にあったノートPCのインターネット履歴に着目したことによりその存在が明らかとなりました。結果、女性が頻繁にアクセスしていたウェブサイトを発見。他の女性の所有していたPC、携帯電話等の履歴と照らし合わせたところ同様のウェブサイトにアクセスしていたことが判明しました。この報告を受け財団はこれらのサイトを運営している業者の捜索を開始。しかし、サイトを運営していた事務所や関係者等の拘束には成功しましたが、全員が「有限会社SA」と契約した代理社員であったことが判明し、直接的な接触的な関係はありませんでした。現在も本来の「有限会社SA」の所在地の割り出しや追跡等は難攻しており、収入源等を含めた全貌は明らかとなっていません。

2006年11月4日、このウェブサイトは財団により隔離され一般人の閲覧を規制しています。また、不定期的にDクラス職員を起用した実験を行うことで現状の確認を行っています。

追記1: 2010年、SCP-1428-JPを担当していた小延研究助手による報告が行われました。

以下はその報告内容の抜粋です。

以下は事案1428-JP‐093617の際に記録された音声記録です。

2010年現在、SCP-1428-JPの完全な抑制には成功していません。また、事案終了時に上空を監視していた地上部隊の報告から、巨大な円盤型の飛行物体が高度上空へと飛翔していく様子が確認されました。

追記2: Dクラス職員を起用した実験が凍結された2011年現在もSCP-1428-JPは確認されています。

また、SCP-1428-JPの発生回数が増加するごとに投身自殺を図った人間女性の落下速度が低下しているといることが判明しました。なお、この速度低下は開傘の際に発生すると思われ、研究員の見解では「映画内の描写に近づいて来ている。」と予想されています。


Footnotes

1. 現時点でこれが個人なのか集団であるかは明確化されていないが、発覚している範囲内での運営体制などから便宜上ここでは「組織」と明記する。

2. スカイダイビング等で利用されるセスナ機体

3. 女性は例外無くディズニー映画「メリー・ポピンズ」のナニー・メリー・ポピンズと同様の衣装を着用している。


Vote

54

Created_by

yanyan1

Created_at

2018-04-26 13:09:58

Tags

知性, 死体, 未収容, 場所, 人間型, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System