get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1442-JP | Nijiru System

SCP-1442-JP - 限りある命

ItemNumber

SCP-1442-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-1442-JPはサイト-81██の低危険度収容ロッカーに保管してください。SCP-1442-JPを用いた実験はレベル3以上の職員の許可が必要です。

SCP-1442-JPは5m×5m×5mの収容室に収容されます。収容室に入室するためにはレベル4以上の職員の許可が必要です。現在、SCP-1442-JPを用いた実験は禁止されています。

Description

SCP-1442-JPは4cm×4cm×0.5cmの装置です。SCP-1442-JPの前面には小型のモニターがついています。SCP-1442-JPは非常に高い破壊耐性を有しており、そのため構成物質の精密な検査は行われていません。

SCP-1442-JPの異常性はSCP-1442-JPを中心とした直径約5mの円の内部で人間が死亡した際に発現します。この際死亡者は死亡すると約3秒後に生命活動を再開する異常性を獲得します。体の一部を喪失していた場合、約6秒後に喪失した部分が再生し、生命活動を再開します。この回数は無制限であると考えられています。(追記を参照してください)

SCP-1442-JPはエージェント・時田がSCP-1442-JPの付近にいた状態でSCP-███-JPにより殺害されたことによりその異常性が発覚しました。SCP-1442-JPは当初破壊耐性を持つ以外の異常性が判明しておらず、Anomalousアイテムとして扱われていましたが、この事案によりオブジェクトクラスがSafeに指定されました。

エージェント・時田は、危険なオブジェクトの収容にあたることを実験を兼ねて行ってほしいと希望しました。この申請は許可されました。

以下に記載されている収容記録は全て成功しています。

収容記録███-JP-1

日付: 20██/10/28

収容対象: SCP-███-JP

収容方法: SCP-███-JPの収容室内に発生する人型実体の殺害。なお人型実体は非常に敵対的である。

結果: エージェント・時田は噛みつかれ右腕に重症を負うも生存。SCP-1442-JPの異常性の発現は確認されなかった。

収容記録███-JP-2

日付: 20██/11/02

収容対象: SCP-███-JP

収容方法: SCP-███-JPの収容室内に約4mまで溜まった液体をホースを用いて処理する。1

結果: エージェント・時田は溺死。液体内から回収した3秒後に生命活動を再開した。体内に液体の残留は確認されなかった。

収容記録███-JP-4

日付: 20██/11/23

収容対象: SCP-███-JP

収容方法: SCP-███-JPと剣を用いて交戦する。勝敗は問わない。

結果: エージェント・時田は左腕、右足首が体から切断されたことにより失血死した。死亡した4秒後にエージェント・時田の体の切断面から新たな部位が発生した。切断された部位は消失した。

収容記録███-JP-5

日付: 20██/11/30

収容対象: SCP-███-JP

収容方法: SCP-███-JPに人間1人を捕食させる。

結果: エージェント・時田が捕食されると、SCP-███-JPは1cm未満の大きさの肉片を吐き出した。10秒後、その肉片が[データ削除済]し、エージェント・時田の体は完全に再生した。

インタビュー記録1442-JP

付記: エージェント・時田はこのインタビューを行った段階で7回死亡している。このインタビューはエージェント・時田のカウンセリングも兼ねている。

<記録開始>

██博士: それでは開始します。

エージェント・時田: よろしくお願いします。

██博士: 体の調子は如何でしょうか?

エージェント・時田: 意外といいです。

██博士: では、体に違和感などは?

エージェント・時田: 生き返った時は感じましたが、今はもう大丈夫です。

██博士: 辛くはありませんか?

エージェント・時田: (5秒間沈黙)まあ、辛くないと言えば嘘になります。でも……

██博士: でも?

エージェント・時田: きっとあれが、SCP-1442-JPが僕に勇気をくれるんです。

██博士: 勇気ですか。

エージェント・時田: はい。なんだか、ここ数年会っていない家族や友人が応援してくれている気がするんです。寄り添ってくれているような。

██博士: そうですか。

エージェント・時田: この前収容を行っている時に同僚が転んで、オブジェクトに襲われそうになったんです。その時も、「お前が助けずに誰が助けるんだ」と、親父の声が聞こえた気がして。

██博士: なるほど。他に言いたいことはありますか?

エージェント・時田: 僕は今のこの仕事に充実感を感じています。こんな僕がみんなの役に立てるのが嬉しいんです。これからもみんなの危険を減らせていけたら、と思っています。これからもよろしくお願いします。

██博士: 了解しました。では、これでインタビューを終了します。

<記録終了>

このインタビュー後、エージェント・時田は引き続き危険なオブジェクトの収容に携わることが決定されました。

追記1: SCP-████-JPの収容中にエージェント・時田が死亡し、生命活動を再開した後に、SCP-1442-JPのモニターに文章が表示されました。モニターは約1時間後に消灯しました。以下の内容はモニターに表示された文章です。

時田様にお知らせ

⚠️残機が半分消費されました⚠️

使いすぎには十分ご注意を。

※残機の確認は[住所]にて直接ご確認ください。残機はあなたにとって大切な人でも代用が可能です。

この文章を受け、機動部隊がこの住所に向かいました。表示された住所には建造物などは見られませんでしたが、地下室に通じる扉が発見されました。機動部隊が突入したところ、男女2█名が機械によって拘束された状態で死亡、2█名が機械によって拘束されるも生存している状態で発見されました。死因は溺死、失血死など様々でしたが、共通している点としてこれらの人物は全てエージェント・時田の家族、または友人であることが判明しました。2死亡者が拘束されていた機械は全て解除されており死体の回収は成功していますが、生存者が拘束されている機械は解除されておらず、機械の破壊も不可能だと確認されているため、回収には至っていません。生存者は総じて放心状態にあり、意思の疎通は成功していません。

これらの結果から、SCP-1442-JPを用いたこれ以上の実験は被害の拡大を招く恐れがあるため、無期限に禁止されました。

後日、エージェント・時田にこの事実が伝えられました。以下の内容はその際記録された音声です。

音声記録1442-JP

<記録開始>

██博士: こんにちは。

エージェント・時田: こんにちは。どうしたんですか?今日は?僕の勘が当たっていれば……僕の家族のことでしょうか?

██博士: ……何故それを?

エージェント・時田: 最近家族の声が聞こえなくなってしまったので、何かあったのかと。

██博士: 実は……あなたのご家族、ご友人の2█名が死亡した状態で発見されました。

エージェント・時田: (5秒間沈黙) なんで死んだんですか?

██博士: 彼らはあなたが今まで死んできた状態で死んでいました。恐らくは……

エージェント・時田: 本当ですか!

██博士: (驚く) 大丈夫ですか?

エージェント・時田: 大丈夫もなにも!僕は嬉しいですよ!まさか本当にみんなが支えてくれていたなんて!

██博士: 落ち着いてください。

エージェント・時田: これが落ち着いていられますか!みんな……みんなぁ!(何度も机に頭を打ち付ける)

██博士: 誰か!誰か来てください!

エージェント・時田: 嬉しい!嬉しい!嬉しい!嬉しい!嬉しい!

(職員3名が入室)

██博士: 取り押さえてください!

エージェント・時田: 離してくださいよ!(机に頭を打ち付ける)僕は嬉しいんです!僕は(意識を失う)

██博士: 記録を終了します!

<記録終了>

エージェント・時田は至急医務室へと搬送されましたが、まもなく脳挫傷で死亡しました。生命活動を再開した後、エージェント・時田は独房に拘束されました。エージェント・時田の精神状態を確認するため、拘束された状態でインタビューが行われました。

インタビュー記録1442-JP-2

<記録開始>

██博士: さて、エージェント・時田。あなたが先程言っていた「嬉しい」とはどういうことでしょうか?

エージェント・時田: そのままの意味ですよ!僕は嬉しいんです!

██博士: 家族や大切な人が死んだことがですか?

エージェント・時田: 彼らはただ死んだんじゃないんです!僕のために死んでくれたんですよ?そんなの嬉しいじゃないですか!もっと死にたいと思うじゃないですか!

██博士: ……あなたは家族や大切な人が行方不明になっていたことを知っていたのですか?

エージェント・時田: ええ。警察から連絡が来ましたから。

██博士: なぜ我々に報告をしなかったのですか?

エージェント・時田: え?だって、家族の声がするって言ったじゃないですか。だから問題ないかなーと思ったんです。僕にとってはここに居るも同然だったんですから。

██博士: ……そうですか。では、あなたが危険なオブジェクトの収容に携わりたいと言ったのは死にたかったからですか?

エージェント・時田: あの時は違いますよ。だってみんなが僕のために死んでくれているなんて知らなかったですし。ただ財団の役に立てたらと。それだけです。

██博士: 本当ですか?

エージェント・時田: そうですよ。そう……あれ?そう……です……よね?

██博士: エージェント・時田?

エージェント・時田: ……はい。大丈夫です。

██博士: 死ぬな、と言っても今のあなたには無理な相談でしょうね。

エージェント・時田: ええ。みんなのために死なないわけにはいきませんから。

██博士: そうですか……では、インタビューを終了……

エージェント・時田: ちょっと待ってください。

██博士: 何でしょうか?

エージェント・時田: あなたがSCP-1442-JPの、僕の収容責任者でしょうか?

██博士: …….そうですが?

エージェント・時田: (笑いを浮かべ)分かりました。これからもよろしくお願いします。

<記録終了>

これらの結果から、SCP-1442-JPは精神にも作用し、最終的にはエージェント・時田のような状態に陥ると考えられています。また、エージェント・時田のような状態に陥った人物は、積極的に自傷行為や自殺を試みる恐れがあるため、そのような状態に陥った人物は全て拘束し、SCP-1442-JPの収容室には職員を近づけないよう特別収容プロトコルが改定され、SCP-1442-JPのオブジェクトクラスはEuclidに変更されました。

追記2: インタビュー記録1442-JP-2を記録してから1週間後、██博士が失踪しました。SCP-1442-JP、及びエージェント・時田との関連性が疑われ、エージェント・時田の「残機」が拘束されている地下室に向かったところ、新たに██博士が機械によって拘束されている状態で発見されました。3エージェント・時田との接触がこの結果を招いたと考えられています。エージェント・時田の収容担当職員はエージェント・時田に顔、声を認識されないよう注意してください。


脚注

1. 液体は意思を持っており、生物に襲いかかる習性を持っています。

2. これらの人物はエージェント・時田が初めて死亡した時期に行方不明となっていました。

3. これにより竹林博士がSCP-1442-JPの収容責任者に任命されました。


Vote

60

Created_by

bamboon

Created_at

2018-05-05 11:37:25

Tags

自動装置, 死体, 強制力, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System