get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1607-JP | Nijiru System

SCP-1607-JP - 忘れられた色

ItemNumber

SCP-1607-JP

Object Class

Safe

Protocol

2014/05/12以降、SCP-1607-JPの新規発生情報はありませんが、SCP-1607-JP-AとSCP-1607-JP-Bを発見した場合、即座に保護し、プロトコル「メアリーの部屋」を実施してください。現在まで確認されているSCP-1607-JP発症者が全て死亡、もしくは失明するまで、各個体の居住する区域には財団提携の眼科医が配属されます。

Description

SCP-1607-JPは特定の条件下で発生する色覚障害です。現在判明しているSCP-1607-JPの発生対象条件は以下の通りです。

1-██製の点眼薬1の服用経験がある

2-左右の視力が各1.0以上である

3-太陽の高度が██°以上である

4-以上の条件を満たした上で、雲の量が1%以下の晴天下で太陽を0.0█秒以上直視する

条件を満たした人物はSCP-1607-JP-AもしくはSCP-1607-JP-Bに変化します。SCP-1607-JP-Aは視野角180度に対して、赤、緑、青の色視野が99%に及び、焦点は広範囲になります。SCP-1607-JP-Aはたびたびめまいや眼精疲労を訴えますが、これらは視野情報量の拡大によるものであり、最終的に順応することが可能です。SCP-1607-JP-BはおおむねSCP-1607-JP-Aと同じですが、極めて緻密な色彩識別能力を持ちます。その一方で、赤、緑、青など一般的な色を認識することが困難になります。その結果、従来の色の認識と異なることに強いストレスを覚え、多くの場合は鬱の兆候を示します。現在確認されている個体数は、SCP-1607-JP-Aが259261体、SCP-1607-JP-Bが1225体です。

2018/██/██現在、SCP-1607-JP-AおよびSCP-1607-JP-Bの治療法は発見されていませんが、感染性は無く順応が可能であることから、基礎的な色の認識を教育し経過観察後に解放する方針となっています。現在は対症療法として、全ての対象に彩度および明度減退効果のある視覚矯正コンタクトレンズが処方されています。

補遺1: インタビュー記録1607-JP-B-1に基づき、SCP-1607-JP-2-1の色覚実験が行われました。

実験記録 1607-JP-4の結果に基づき、今後、SCP-1607-JPには色彩認識教育を施し、部分的に記憶処理を施した後、解放するように方針は変更されました。

SCP-1607-JP-Bは、口を揃えて「こんな真実は知りたくなかった」と発言します。「真実」とは何を指しているのでしょうか? SCP-1607-JP発症者は見えている色が七色などで大別できないだけでなく、何か異常なものが見えている可能性があります。DクラスにSCP-1607-JPを人為的に発症させる術を発見する、もしくはSCP-1607-JP-A発症者がいないか調査を行います。 ──███博士

補遺2: SCP-1607-JPの発生要因の一つである目薬の成分を配合、Dクラス2名がSCP-1607-JP-Aに変化したことが確認されました。



Footnotes

1. 199█年に廃番済み。

2. ███博士。事案1607-JP-1にてSCP-1607-JP-Bに変化した。


Vote

21

Created_by

Monidrake

Created_at

2018-05-14 19:20:02

Tags

認識災害, ミーム, 視覚, scp-jp, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System