get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1636-JP | Nijiru System

SCP-1636-JP - 然うして悪夢は雅歌を読む

ItemNumber

SCP-1636-JP

Object Class

Euclid

Protocol

移動不可能な性質のため、SCP-1636-JPが存在する███病院のワンフロアは仮設サイト-81██として利用されます。SCP-1636-JPは当該サイトの第4病室内に収容され、看護師に偽装した警備スタッフ1名以上による監視が常時維持されます。

Description

SCP-1636-JPは██ ██として知られていた3█歳の一般的な日本人女性です。収容以前の2013/05/06に自動車事故に巻き込まれて以降、身体的には健康体であるにもかかわらず、現在まで昏睡状態が継続しています。また、後述の異常特性を有する点を除けば、それ以外で通常の同年代女性との差異は確認できません。

SCP-1636-JPの異常特性は、周囲で以下の行動を取った人物(以下、被験者)に対して自動的に発揮されます。

  • 身体を揺する、耳元で大声を発するなど、意図的にSCP-1636-JPを目覚めさせようとする。
  • 点滴や採血などの医療行為を除き、意図的にSCP-1636-JPへと攻撃/危害を加えようとする。
  • SCP-1636-JPをベッドから移動させる、もしくはベッド自体を定位置から移動させようとする。
上記いずれかの条件を満たした場合、被験者は即座に異常性の影響下に置かれ、強い眠気を感じた直後にその場で昏睡します。この状態へと陥った被験者は外部刺激に対する一定の耐性を示し、弱い疼痛刺激程度では覚醒しません。その一方で、昏睡後からの十分な現実時間の経過か、もしくは後述する「夢の中」で死亡することによって被験者は自発的に覚醒可能です。以上の要因もあり、現在までにSCP-1636-JPを病室外へと移送する試みは成功していません。

異常性の影響下に置かれている間、被験者は共通した内容の夢を経験します。被験者の報告より、この夢の中の環境は荒廃した無人の街並みによって大半が構成されており、四方を城壁のような地続きの建築物(以下、城壁)で取り囲まれていることが判明しています。それに加え、街の外縁部より先の領域には液状化した大地が広がっており、この領域を抜けた先の城壁内には、後述するSCP-1636-JP-Aの施設が存在しています。夢の最初、各被験者はこれら環境の不特定な地点において、███病院指定の病衣を身に纏った状態で立ち尽くしていることに気付きます。また、この夢の中での体感時間は現実での経過時間と一致せず、被験者ごとに差異はあるもの大半は現実より延長されていることが確認されています。

SCP-1636-JP-Aは、全長2~4m程度のラブカ1Chlamydoselachus anguineus)に似た外見を有する敵対的なクラスIIIオネイロス型幽体群2です。腹部にはタカアシガニ(Macrocheira kaempferi)の脚部に似た部位を多数有しており、それを用いることで陸上での移動や荷物の運搬などを行います。多くの場合は、複数体で隊列を組んで街の中を巡回している他、城壁周辺を警護している姿が確認できます。

SCP-1636-JP-Aが被験者を発見した場合、各幽体は即座に対象の捕獲を試みます。この時に捕獲された被験者は、上記の城壁内の施設へと連行された後で「指名手配中の女性(以下、SCP-1636-JP-B)」の居場所に関する尋問を受けます。なお、尋問時にSCP-1636-JP-Aは男性と思わしき声をエラ部より発することが確認されています。また、尋問への回答内容に関係なく被験者は最終的に処刑され、夢から現実へと覚醒することになります。

SCP-1636-JP-Bは、SCP-1636-JPと完全に同一な外見・記憶・自己同一性を有すると考えられるクラスIオネイロス型幽体です。自身が夢の中に存在していることを理解しており、上記の自動車事故に関する断片的な記憶も持ち合わせています。その一方で、自身がSCP-1636-JP-Aから追われる正確な理由を知らず、常に隠れ潜みながら夢から目覚める手段を探していると説明しています。なお、実験試行での観測/意思疎通の成功例は3例のみに留まっています。これら要因もあり、依然としてこの幽体が夢の中におけるSCP-1636-JPの"投影"存在であるのか、もしくはSCP-1636-JP精神体の"複製"存在であるのか、結論付けるに足る証拠は得られていません。

SCP-1636-JPは2017/08/19、京都府██市███病院で発生した異常な昏睡事案を調査した際に発見、確保されました。調査より、前日となる2017/08/18までSCP-1636-JPは異常特性を有していなかったことが確認されており、昏睡状態に置かれてから約4年の間、異常な事象/事柄の兆候も一切報告されていませんでした。また、息子(██ ██, 当時9歳)と娘(██ ███, 当時7歳)は同事故の際に死亡しており、夫(██ ███, 当時3█歳)も2017/06/20に病死していることが確認されたものの、各身辺調査の結果から家族の死にも異常な点は見受けられませんでした。

なお、収容以前に異常性の影響下へと置かれた病院スタッフに対するインタビューから、夢の中の環境は現在のような城壁と液状化した大地で囲まれた街並みではなく、日本の田舎町を思わせる景観であったという証言が得られています。更に、夢の中でSCP-1636-JP-Bを目撃、会話を行ったと主張する被験者が複数確認された一方、SCP-1636-JP-Aの姿を目撃した被験者は一人も確認できませんでした。これが覚醒後における記憶の混乱や錯誤であったのか、もしくは収容後に夢の中の環境が実際に変化したのかについては、判断材料に欠くこともあり依然として不明のままです。

付録: 2017/09/12、夢の中での幽体との意思疎通試行が申請、承認されました。また、報告内容の信頼性を重視した結果、意思疎通試行はDクラス職員を利用せず、担当職員の一人である看得研究員により実施されました3。以下は夢からの覚醒後に転写された、各幽体とのインタビューログ抜粋です。







付記: 収容後に実施されたSCP-1636-JP及びその家族に対する身辺調査の結果、夫であった██ ███氏は事故後に自宅や家具を売り払う等、金策に走っていた事実が確認されました。この行動に関し、すでに入院・医療費の免除申請が受理されていたことに加え、行動期間が同氏の死因となる病巣が発見されるより以前であったことに留意すべきです。それに加え、同氏が利用していた銀行口座からは一切の引き落としが確認されておらず、病気治療に際しては自身の延命を拒否していた事実も判明しています。その一方で、以上の事柄とSCP-1636-JPへの異常性付与との関連性自体は依然として不明のままです。

事案1636-JP: 2017/10/17、SCP-1636-JPの脳波モニタリングにおいて、ストレスレベルの異常な減少反応と、短期間内でのセロトニンの過剰分泌が確認されました。この状況を受け、原因究明を目的として夢の中へと調査担当者が派遣されました。夢からの覚醒後、担当者は夢の中の環境が従来の荒廃した街並みではなく、詳細不明な田舎町の景観へと変化していたことを報告しました。また、複数回の調査が行われたにもかかわらず、夢の中でSCP-1636-JP-A/-Bどちらの幽体の姿も発見することができませんでした。現在、更なる調査は予定されていません。


脚注

1. カグラザメ目ラブカ科に属するサメの1種。外見からウナギザメとも呼ばれます。

2. Class I/II/III/IV Oneiric Apparition: 詳細は「G・G・フランクリン, K・マックティリス, R・F・ロジェ, E・M・ウォーカー. 生ける夢たちと悪夢たち. 外来生物学ジャーナル SCPエディション, (1993), P32-47.」を参照ください。

3. なお、Dクラス職員を用いた複数の実験試行から、すでに安全性は確認されています。また、研究員に対しては事前に夢中での明晰化/記憶保持の訓練が行われました。

4. 収容以前に影響を受けた病院スタッフに対するインタビューでは、「SCP-1636-JP-Bに夢の中であることを明かした」とする供述は得られていません。これは単に、夢の内容を正確に記憶していなかったためと考えられます。


Vote

29

Created_by

amamiel

Created_at

2017-08-07 22:27:42

Tags

自我, 移動不可, 知性, 睡眠, 人間型, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System