get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1671-JP | Nijiru System

SCP-1671-JP - 色厭筆

ItemNumber

SCP-1671-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-1671-JPはサイト-81██の物品保管室にある、レベルS小型オブジェクト用ロッカーの中に保管されています。SCP-1671-JPを用いた実験を行うにはセキュリティクリアランスレベル3以上の職員から許可を得る必要があります。使用後は必ずSCP-1671-JP-bにシリコンゴム製のバンドをはめ、蓋を固定した状態でロッカーに戻してください。

Description

SCP-1671-JPはドイツの███████社製である24色色鉛筆(SCP-1671-JP-a)と、それを収納するための金属製ケース(SCP-1671-JP-b)の総称です。SCP-1671-JP-bの蓋の表面には、SCP-1671-JPと同型の商品同様に、商品名である「███████社 24色色鉛筆」という文章がドイツ語で大きくプリントされており、その下に

あなたの見ている鮮やかな世界を、この色鉛筆で描いてみましょう!

という内容の文章がドイツ語・英語・フランス語の3ヶ国語でプリントされています。SCP-1671-JPと同型の製品は19██年に生産終了されていますが、SCP-1671-JPは発見・収容当時から現在まで劣化の兆候を示していません。

SCP-1671-JP-aを使用して描画・着彩等を行った人物は、色に対する知覚能力を徐々に失っていきます。なお、SCP-1671-JP-a本体とそれを用いて描かれた“使用者自身の作品”には、SCP-1671-JP-aによる色覚異常の影響が発現しません。 通常、この色覚異常はSCP-1671-JP-aを用いて線を引いた長さ(≒色を塗った面積)に概ね比例するように進行します。しかし、使用中にSCP-1671-JP-aの芯を折ってしまうと、使用者は数分間から10数分間ほど意識を失い、目覚めた後には“自身が破損させたSCP-1671-JP-aとRGB値が概ね近い色”を全く知覚できなくなっています。1

また、作品を仕上げた(と認識した)使用者は、自身が使用していた全てのSCP-1671-JP-aをSCP-1671-JP-bに戻し蓋を閉めます(以後、この動作を“片付け”と呼称します)。 使用後に“片付け”られることによって、磨耗・破損した部分の修復が行われ、SCP-1671-JP-aの状態が保たれていると推測されています。SCP-1671-JP-bの状態も常に新品同様ですが、その理由は判明していません。

SCP-1671-JPは20██年、[データ削除済]県[データ削除済]市の自宅で焼死した███ ██氏の遺体と共に、███氏の腕にきつく抱きしめられているような状態で発見されました。 調査の結果、特に███氏の遺体の周りが激しく燃えていたことが判明しましたが、SCP-1671-JPは少量の灰や煤が付着しているのみで全くの無傷でした。 警察内部に潜入していた財団エージェントがこの事実を財団に報告したことにより、SCP-1671-JPは直ちに回収され、財団エージェント以外の捜査関係者・事件関係者ら全員にAクラス記憶処理、及びカバーストーリー「動機不明の焼身自殺」の流布がなされました。

SCP-1671-JPの回収当初は「火災に巻き込まれたにも関わらず、高温による溶解・燃焼等の劣化が全くみられない」という点以外の特異性は不明でしたが、██博士が行なった実験により“色覚異常を引き起こす”等の新たな特異性が判明したため、正式な収容が決定しました。

実験記録1671-JP-001 - 20██/02/13

対象: D-64419(健康な成人男性)

概要: A4サイズの画用紙に、SCP-1671-JP-aを用いて自由に絵を描くよう指示。

結果: D-64419はSCP-1671-JP-a-4(赤)を使用し、画用紙いっぱいに赤いリンゴの絵を描いた。実験終了後、D-64419が視界の異変を訴えたため視力検査・色覚検査を行ったところ、視力に異常は見られなかったが、D-64419が赤い色をほとんど知覚できなくなっていることが判明した。

分析: どうやら、彼自身が使用していたSCP-1671-JP-aの色が知覚できなくなっているらしい。-██博士

実験記録1671-JP-002 - 20██/02/14

対象: D-64419(前回の対象と同一人物)

概要: A4サイズの画用紙に、あらかじめ取り出しておいた7本のSCP-1671-JP-a(赤、橙、黄、黄緑、緑、青、紫)を用いて、大きな「虹」の絵を描くよう指示。

結果: D-64419は7本のSCP-1671-JP-aを使用し、画用紙いっぱいにアーチ状の虹を描いた。実験終了直後に視力検査・色覚検査を行ったところ、視力に異常は見られなかったが、D-64419は赤、橙、黄、黄緑、緑、青、紫の7色をほとんど知覚できなくなっていた。特に赤色については、全く知覚・識別できなくなっていた。

分析: この色覚異常はSCP-1671-JP-aを使用すればするほど進行することがわかった。異常の進行度合はどの色を使用したかだけでなく、その色をどの程度使用していたかにも依存するようだ。-██博士

備考: 前回の実験でSCP-1671-JP-a-4(赤)を多量に消費していたにもかかわらず、今回の実験前に点検を行なったところ、SCP-1671-JP-a-4は新品そのままの状態に戻っていた。

実験記録1671-JP-004 - 20██/02/20

対象: D-16240(健康な成人女性。軽度の近視である)

概要: A4サイズの画用紙に、SCP-1671-JP-aを用いて画用紙いっぱいに絵を描くよう指示。

結果: D-16240はSCP-1671-JP-aをいくつか使用し、画用紙いっぱいに風景画のようなものを描いていたが、途中でSCP-1671-JP-a-16(緑)の芯を折ってしまった直後に失神したため実験は中止された。失神してから10分後にD-16240が意識を取り戻したため通常通り視力検査・色覚検査を行ったところ、視力に異常は見られなかったが、D-16240は緑色を全く知覚できなくなっていることが判明した。

分析: 破壊した場合は即座に色覚異常の症状が進行するようだな。自己修復するオブジェクトとは言え、取り扱いはもっと丁寧にさせるべきだろう。-██博士

実験記録1671-JP-006 - 20██/03/01

対象: D-39783(1型2色覚2である成人男性。視力は正常である)

概要: A4サイズの画用紙に、あらかじめ取り出しておいたSCP-1671-JP-a-4(赤)とSCP-1671-JP-a-16(緑)を使用して自由に絵を描くように指示。途中、他のSCP-1671-JP-aも自由に使用してよいことにした。

結果: D-39783は最初SCP-1671-JP-a-16で緑色の花を、SCP-1671-JP-a-4で花の茎と葉を描いていたが、途中で指示変更があった後、背景にSCP-1671-JP-a-12(青)で空を、SCP-1671-JP-a-18(黄土色)で飛行機を描き足した。実験終了直後に視力検査・色覚検査を行なった結果、D-39783の視力・色覚能力は実験前と差異が無いことが判明した。

分析: もともと特定の色が知覚できない人間には特に害がなく、正常色覚3である人間にのみ色覚異常の症状が発現しているようだ。-██博士

補遺一覧:



脚注

1. 例えばSCP-1671-JP-a-4(赤)を誤って破損した場合、破損させた使用者は“赤い色”を知覚できなくなり、通常であれば赤色に見える部分が無彩色であると認識するようになります。

2. 先天的に赤と緑が色あせて見え、識別が困難である状態。青や黄色はほとんど問題なく知覚・識別できる。

3. ごく一般的な色覚の状態。ほとんどの色を問題なく知覚できる。


Vote

38

Created_by

ToufuInTheBox

Created_at

2018-06-23 11:14:05

Tags

道具, 視覚, 芸術, 自己修復, ベンチャーコンテスト, scp-jp, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System