get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1763-JP | Nijiru System

SCP-1763-JP - いや、お前だけ逃げてどうすんの……

ItemNumber

SCP-1763-JP

Object Class

Anomalous Euclid

Protocol

SCP-1763-JPはサイト-81██内の低危険度物品収容室内に保管されており、許可のない持ち出しは禁止されています。SCP-1763-JPが消失した場合、管理担当者は職員に報告してサイト内を捜索し、SCP-1763-JPを発見次第収容室に戻してください。SCP-1763-JPによる火災が発生した場合、発見者がすぐさま消火に当たってください。この際、扉または窓を破壊することが許可されています。

Description

SCP-1763-JPは現在の消防法に基づくピクトグラムがデザインされた避難口誘導灯であり、耐久実験より破壊不可能であることが判明しています。電源接続を必要とせず発光することが可能ですが、これはオブジェクトの特有のものであり、外部からの操作で発光させることはできません。内部には蛍光灯が使用されていることが判明しており、このことからSCP-1763-JPは2010年より以前に作成されたものと推測されています1。販売元は依然不明であり、特定作業は継続して行われています。

SCP-1763-JPはオブジェクトが存在している建造物内の同デザインの避難口誘導灯と入れ替わります。これに規則性は見られません。このとき、入れ替わりの影響を受けた避難口誘導灯は消失します。また現在まで、入れ替わりの対象となった避難口誘導灯は全て室内に設置されていたもののみです。入れ替わりが起こった後、SCP-1763-JPに表示されているピクトグラムの人物(SCP-1763-JP-1に指定)がイラスト内の非常口を抜け出るように移動し消失します(以降この状態を"活性化状態"と表記)。

SCP-1763-JPが活性化すると、オブジェクトが存在する部屋の扉および窓が室内外関係なく開閉不可能となります。SCP-1763-JP-1が移動する際開かれていた扉および窓は自発的に閉じられます。その後20秒以内に部屋内部で原因不明かつ酸素供給を必要としない火災が発生します。また、この火災は部屋外部へは広がることはなく、何らかの方法で外部から消火されない限り室内のみを延焼し続けます。このとき、室内壁は燃焼の影響を受けるも崩壊しません。加えて、室内スプリンクラーは正常に作動しますが、火災の完全な消火には至りません。消火が完了されるとSCP-1763-JPは非活性化状態となり、SCP-1763-JP-1が再出現し初期の状態へと復元します。

発見: SCP-1763-JPは2016/██/██、████大学工学部棟で発生した火災現場から発見されました。当時、講義室内の生徒及び講師が全員死亡する被害が発生したにも関わらず、全くの損傷がない状態で火災現場に設置されていた当オブジェクトを不審に思ったエージェント2により回収され、破壊不可能な非常口誘導灯としてAnomalousアイテムに指定されていました。その後、インシデント1763-JP3の発生により当オブジェクトの異常性が判明、オブジェクトクラスはEuclidに指定され、正式にSCP-1763-JPとして収容されるに至りました。また、SCP-1763-JPの異常性が判明してすぐサイト-81██内の非常口誘導灯は全て撤去されました。

実験記録: 以下はSCP-1763-JPの実験記録です。これらは全て凍田博士の監修の元行われました。



Footnotes

1. 蛍光灯を用いた避難口誘導灯は2010年に製造が終了している

2. 当該エージェントは警察機関に潜入調査をしていた。

3. 当インシデントで被害を受けた職員█名が全員死亡した。


Vote

52

Created_by

Fennecist

Created_at

2018-06-03 20:31:53

Tags

破壊不能, 瞬間移動, 外部エントロピー, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System