get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-194-JP | Nijiru System

SCP-194-JP - 記憶の中の楽園

ItemNumber

SCP-194-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-194-JPを、完全に収容することはできないため、職員は指定エリアでの、SCP-194-JP-1の発見に努めてください。晴天時は4名、雨天時と降雨後24時間は20名以上の警備職員が、指定エリアを巡回し、SCP-194-JP-1およびSCP-194-JP-3を捜索します。SCP-194-JP-1が発見された場合は、雨水の浸入を防ぐためにテントを設置し、最低3時間その状態で待機してください。待機後、熱風を照射することで乾燥させます。SCP-194-JP-3は確保した後、人型オブジェクト用の収容施設に収容します。収容後7~30日の経過観察をし、担当研究員の要請がなければ終了処置をとり処分してください。対象者がSCP-194-JP-1へ転落する瞬間を、目撃した人間、および生還した対象者には、事情聴取後に記憶処置を施し帰宅させます。

Description

SCP-194-JPは████地方で発生する異常な性質を持った水溜りとその内部空間です。

SCP-194-JPは、主に████地方で発見される水溜り(以降SCP-194-JP-1と呼称)で起こる異常現象です。SCP-194-JP-1に足を踏み入れた人間は、SCP-194-JP-2と呼ばれる異常空間へ引きずりこまれます。SCP-194-JP-1の出現する場所など、詳細な条件は判明していませんが、通常の水溜りと同じく降雨後に出現します。また、山間部などの人目に付かない場所で発生する傾向があります。SCP-194-JP-1は、通常の水溜りとほとんど見分けがつきませんが、通常の水溜りと違い、どの角度から覗いても鏡のように光を反射し、また深さを測ることができません。多くの場合、水溜りと勘違いした対象が、SCP-194-JP-2へ転落します。

SCP-194-JP-2は、SCP-194-JP-1を通過した先にある異常空間です。SCP-194-JP-2では、対象者が生まれてから最初に住んでいた街が再現されています。街は半径10kmほどに渡って再現されており、街の外にはSCP-194-JP-1と同じ水でできた海が広がっています。この海の広さはわかっていません。

SCP-194-JP-2に転落した対象は、再現された街のどこかへ着地しますが、着地場所の周囲にSCP-194-JP-1、それに類する出入り口らしきものは見当たりません。そのため、入り口となったSCP-194-JP-1から戻ることはできません。生還者の証言では、その場所から"生まれ育った家"に戻ることができれば、入り口となったSCP-194-JP-1から出ることができるとされています。SCP-194-JP-2内の街は、対象が"生まれたとき"の街であるため、対象者が年長であるほど生還は困難となります。

SCP-194-JP-2内では、SCP-194-JP-3と呼ばれる人型の存在が対象者をSCP-194-JP-2内にとどめようと接触してきます。現れるときは、複数であったり単体であったりしますが、おおむね対象者の知らない人間の姿をしています。対象者が、SCP-194-JP-2に転落してからおよそ3時間ほどで、SCP-194-JP-2内にある太陽が沈みます。それまでに対象が脱出できない場合、SCP-194-JP-3の一体がSCP-194-JP-1から出現します。SCP-194-JP-3の出現にともないSCP-194-JP-1は蒸発します。SCP-194-JP-1が蒸発する前なら、別の対象者がSCP-194-JP-1内へ進入可能ですが、その場合、別のSCP-194-JP-2が生成され、SCP-194-JP-2内で対象者同士が接触することはできません。

出現したSCP-194-JP-3は、おおむね成人の人間ではあるものの、全ての臓器が1歳児ほどの大きさしかなく、知能も非常に低くほとんど意思疎通ができません。

確保されたSCP-194-JP-3に対する質疑: 20██/05/27 識別番号SCP-194-JP-3-006。巡回中の警備員が道路を這って移動していたSCP-194-JP-3を確保した。

研究員T: あなたのお名前を聞かせてもらえますか?

SCP-194-JP-3-006: いたい…

研究員T: あなたはどこから来ましたか?

SCP-194-JP-3-006: おかあさん…

財団では過去██件のSCP-194-JP-1の発生を把握していますが実際の発生回数はこれよりも多いものと予想されます。そのうち3名の生還者に対しては記憶処置を施し、そして██体のSCP-194-JP-3を収容しています。残りの標本は終了されました。

Dクラス職員によるSCP-194-JP-2の探索記録:

20██/06/10 巡回中の警備員がSCP-194-JP-1を発見。Dクラス職員による探索の許可が下りました。探索にあたる職員には通信装置とGPS送信機を装着。SCP-194-JP-2侵入後はカメラの映像はノイズがひどく不鮮明でしたが、その他の機能は正常に作動。事前の調査で職員の生まれた街の生まれた当時の地図を入手しました。

補遺001: 実例は非常に少ないですが生還者の情報を併記します。

対象者 生還までの状況
一般市民 45歳男性 協力的なSCP-194-JP-3が出現したため。調査報告書194-001を参照してください。
一般市民 78歳女性 SCP-194-JP-2内部が空襲直後の平坦な街になっていたため目標の扉のみが目立っていた。
Dクラス職員 36歳男性 担当職員による案内に全て従ったため。入手した地図が正確だったため。
聴取記録194-SV001: この生還者において現在唯一の協力的なSCP-194-JP-3が出現しました。以下は対象者の証言です。




Vote

72

Created_by

ZeroWinchester

Created_at

2014-10-18 00:19:07

Tags

euclid, scp-jp, ポータル, 異次元,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System