get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1947-JP | Nijiru System

SCP-1947-JP - 電子レンジの奥

ItemNumber

SCP-1947-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-1947-JPへの調査目的以外での干渉は禁止されています。

Description

SCP-1947-JPは後述する電子レンジが有する進入点より進入できる空間です。電子レンジが起動可能な状態にあった場合、この進入点はドアの向かいにある壁面に出現します。進入点は外見による判別が不可能です。以下、進入点を生じさせる電子レンジをSCP-1947-JP-Aとします。

SCP-1947-JP-Aは200█年に製造されたHITACHI製の電子レンジです。SCP-1947-JP-Aを通常通りの方法で使用することにおいて異常はありません。SCP-1947-JP-Aはその修理依頼を受け付けた電機販売店から回収されました。従業員が分解した際に異常を発見し、警察へ通報を行ったことで、警察組織内に潜入していたエージェントが回収とカバーストーリーの流布を行いました。SCP-1947-JP-Aは当初「異音がする」という理由から修理依頼が出されており、所有者は異音の詳細について「ガタガタとした揺れる音と、曇った音がしていた」「機械音ではない」と発言しました。財団による初期調査でも、この異音については解析されていません。なお、SCP-1947-JPは動作寿命の平均を超えて使用されており、マグネトロン1が劣化していました。

SCP-1947-JPは球内部のような構造をしていると考えられ、重力は外部へ向かうようにして作用しています。体積は計測できていません。硬度の高い純白の物質で地面は構成されており、SCP-1947-JP-Aによる進入点のみが無色透明で現実世界を視認可能です。進入点の周辺のみに10mmの厚さを持った物質が存在していることから、以前は同様の物質で覆われていた可能性が推測されています。地面に損傷のある箇所も確認されおり、この物質にも損傷があるのが確認されています。

SCP-1947-JPの中心部には球状の物体(SCP-1947-JP-α)が浮遊して存在している様子が確認されています。SCP-1947-JP-αは光の一部を反射するなど透明度の高い液体の特徴を保有しています。また、その深部へ移るほど明度が上昇しており、最深部の状態は確認できていません。なお、SCP-1947-JP-αへの突入は接近させた無人機がSCP-1947-JP-αに到達する前に融解するという事象が確認されたため失敗しています。このことから、SCP-1947-JP-αが超高温の物体であると考えられています。

また、SCP-1947-JPには人型実体・動植物(SCP-1947-JP-β)が常時複数体出現しています。SCP-1947-JP-βは活動を行うことに消極的であり、その多くは出現地点から移動することはありません。出現して一定の時間が経つと、SCP-1947-JP-βはその身体から液体を放出します。人型実体のSCP-1947-JP-βは衣類や所有物からも液体が放出されます。放出された液体は発生している重力に反して上昇し、SCP-1947-JP-αへと集約されます。液体がSCP-1947-JP-βから完全に離れたとき、SCP-1947-JP-βの体積は減少し、最終的にSCP-1947-JP-βは消失します。SCP-1947-JP-βが出現し消失するまでの時間には個体差があり、最長で14時間、最短で6時間と記録されています。2

以上、SCP-1947-JPに関する情報は無人機の調査によるものです。SCP-1947-JPで調査を行った無人機は、その機体の多くが融解していました。このためSCP-1947-JP内の温度を計測したところ、SCP-1947-JPは2██℃という高温の空間であることが判明し、生物による潜入調査は却下されました。また、地面を構成していた物質及びSCP-1947-JP-βの回収は、対象がSCP-1947-JPを出た時点で即消失するため失敗に終わっています。

補遺: SCP-1947-JPで地面の損傷が激しい箇所を発破により破壊する実験を行いました。結果、発破を実施した10箇所のうち1箇所に穴が開き、SCP-1947-JP-Aの進入点と同様の状態になりました。無人機を進入させたところ、████の██████市内にあるキャンプ場の石製釜戸に通じました。この釜戸は回収が行われましたが、発破の影響からか状態の維持が難しい程に損傷していたため、破壊実験が行われました。破壊するとSCP-1947-JPで見られた穴は消失し、損傷のない地面へと変化しました。



Footnotes

1. 電子レンジの内部部品であり、マイクロ波を放出する真空管の一種

2. なお、人型実体は平均して8時間で消失する


Vote

12

Created_by

aisurakuto

Created_at

2017-08-23 19:50:16

Tags

家電, ポータル, デスコン17, scp-jp, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System