get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-1994-JP | Nijiru System

SCP-1994-JP - ハロウィンモドキ

ItemNumber

SCP-1994-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-1994-JPの完全な収容は現時点では出来ていません。██████一帯の住宅地にはクラスB記憶補強薬を投与した人員を個別に配置し、SCP-1994-JPの出現に備えます。SCP-1994-JPの出現が確認された場合は手順・キスケに従った対応を行い、その後出現が確認された地域全体へと航空機によってエアロゾル化させたクラスA記憶処理薬の散布を行ってください。

Description

SCP-1994-JPはイギリス、ウェールズの██████一帯に出現するヒト型実体です。身長は約140cmほどであり、直径約50cmほどの頭部はセイヨウカボチャ(Cucurbita maxima)製のジャック・オー・ランタンに類似しています。頭部の内側には炎のように見える未知の光源が存在しています。SCP-1994-JPは黒い三角帽子と全身を覆うローブと言う大衆文化におけるステレオタイプ的な「魔法使い」の服装をしています。また胴体部には腕部としての役割を有する触手状の器官が複数存在していることが判明しています。

SCP-1994-JPはおよそ8日おきに現地時間の18:00から0:00にかけて██████一帯の不特定の住宅地に出現します。SCP-1994-JPの出現パターンに関しては不明な点が多数存在しますが、同じ市街地へ連続して出現する割合が3%以下であることは確認されています。出現したSCP-1994-JPは高い笑い声のような音を発しながら行動を開始しますが、この際直接的にSCP-1994-JPを視覚的ないしは聴覚的に認識した者は以後、SCP-1994-JPとSCP-1994-JPが発する音をそれぞれ「ハロウィーンの仮装をしている子供」と「ハロウィーンの仮装をしている子供の笑い声」と認識すると共にそれに対して一切の違和感を抱かなくなりなります。このことは対象の認識・記憶に不合理な点を生み出すこととなりますが、対象がそれを不審に感じることはありません。市街地においてSCP-1994-JPは0:00になるまで以下の行動を行います。

1 住宅の玄関のドアの前に立つ。
2 住宅の内部に向けて「トリック・オア・トリート」に類似した音を発する。これにより内部に住人が存在していた場合、その人物は高確率でSCP-1994-JPの影響を受け、SCP-1994-JPを「ハロウィーンの仮装をしてお菓子をもらいに来た子供」と認識するようになる。
3 玄関で待機する。内部から住人がSCP-1994-JPへと譲渡することを目的とした菓子類を所持した状態で出てきた場合は、触手状の器官を使用してそれらをローブの内側へと収納する。待機状態が5分以上に達した場合、或いは住人の反応が上記以外であった場合はそのまま4へと移行する。
4 上述の住宅から最も近隣に存在する住宅の玄関のドアの前へと移動する。以後1~4を繰り返す。
午後12時になるとSCP-1994-JPは収集した菓子類と共にその場から消失します。消失以降に関しては現時点では不明です。付記を参照してください。なおSCP-1994-JPの影響はクラスA以上の記憶処理で無力化を、クラスB以上の記憶補強薬で予防をそれぞれ行うことが可能です。

付記1: 以下はSCP-1994-JPの初期収容時に実施された██████一帯の住人たちへのインタビューの記録からの抜粋です。

付記2: 2014/█/██、SCP-1994-JPの収容任務に当たっていたエージェント・ハンセンが消息を絶ちました。以下はその直前にエージェント・ハンセンと本部との間で交わされていた通信の音声記録です。

その後位置情報が最後に確認された地点を中心とした捜索が行われましたが、一帯が峻険な山岳森林地帯であったために捜索が難航したこともあり、エージェント・ハンセンの消息の痕跡が発見されることはありませんでした。エージェント・ハンセンの消息は現在も捜索中です。 付記3を参照してください。

付記3: 2014/█/██、エージェント・ハンセンが失踪地点より約12km離れた█████郡で保護されました。その後本人へとインタビューを行ったところ、通信および消息途絶の原因はSCP-1994-JPに気を取られた結果山道を踏み外して滑落し、それによって意識の喪失及び機器の破損が発生したことであったことが判明しました。しかしながら滑落に起因する全身の骨折や打撲、擦過傷などの負傷に関しては、何者かが接骨と薬草類を使用した呪術的治療を施していたために大事には至っていませんでした。またエージェント・ハンセンの装備品の1つであった多目的ポーチからは大量の非異常性のキャンディーと、以下の文章がウェールズ語によって記述された羊皮紙が発見されました。

そこまでするつもりはなかったんです、ごめんなさい。

なおエージェント・ハンセンは失踪中の記憶は保持していませんでした。

付記4: 2014/█/██、██████一帯の住宅全てのポストないしは郵便受けに以下の文書が内包された羊皮紙性の封筒が投入されていることが発見されました。

封筒と文書は全て財団によって回収されましたが、ポストへの投函を行った人物及び時刻の特定を行うことは出来ませんでした。また以後SCP-1994-JPの住宅地への出現は確認されなくなりました。

付記5: 2014/██/██、古代ケルト文化関連の歴史的資料中に時折散見される「甘味を好む隣人たちの言葉」が、文書1994-JP-βに記述に使用されている言語との間に数多くの類似点を有していることが発見されました。しかしながら実在する資料の絶対数の不足から両者の間の関連性についての詳細は不明です。

付記6: 2017/█/██、██████一帯の██████山系の山中で「カボチャ頭のお化け」が登山者によって目撃されると言う事例が発生しました。目撃者によると「最も大きな実体がそれより2回りほど小型の実体2体を連れ歩いていた」とのことです。本件の真偽、及びSCP-1994-JPとの関連性については現在審議中です。


Vote

27

Created_by

Chabuti

Created_at

2017-11-04 19:22:44

Tags

観測, 精神影響, 種族, 瞬間移動, 未収容, 擬態, 夜行性, 人間型, ハロウィン2017, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System