get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-223-JP | Nijiru System

SCP-223-JP - 結婚飛行

ItemNumber

SCP-223-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-223-JPの完全な収容は成されていません。SCP-223-JPの影響を受けたと見られる飛行物体(SCP-223-JP-1)の発見があった場合、ヘリコプターを使用して追跡および誘導を行い、近隣の指定地点にSCP-223-JP-1を誘導します。飛行状態のSCP-223-JP-1は目視が難しいため、レーダー機能かサーモグラフィを使用してください。SCP-223-JPは接近する飛行物体から離れようとする性質を持つため、誘導の際にはこの性質を利用します。

Description

SCP-223-JPはアリに発生する異常現象です。財団が確認する限り、そのほとんどはクロオオアリ(学名:Camponotus japonicus)の「結婚飛行1」時に発生することが分かっています。SCP-223-JPは主に5月に発生し、同月中1回-3回発生したケースが確認されています。また、降雨量が少ない場合は発生しないことが多く、降雨がSCP-223-JPの発生頻度にかかわっているのではないかと考えられています。

SCP-223-JPの影響を受けたクロオオアリの巣では、本来の結婚飛行とは異なり2、新女王1個体とオスアリが数匹出現します。それらは飛翔後、SCP-223-JP-1に変化します。(以下、S-1と簡略化して表記。女王アリはS-1-A,オスアリはS-1-Bと記述)。S-1は自律して活動する回転翼式航空機(ヘリコプター)です。S-1の外見、機種は多様であり、同種の機体が見られることは稀です。S-1は無人での飛行を行いますが、構成する物質に異常な性質は見られず、通常に販売された既知の機種であることも少なくありません。

S-1は2機から6機程に同時に出現し、出現したS-1群は離陸後に200mから300m程上昇後、上空で編隊飛行を行います。上空に存在するS-1群は未知の効果により光学迷彩に似た状態になっており、周囲からの目視は困難になります。また、S-1以外の航空機から離れるように飛行する性質があるため、財団ヘリの接近によってS-1の飛行経路をある程度誘導することが可能です。

S-1群は編隊飛行中、特徴的な行動をとります。その行動は、女王アリが変化したS-1(S-1-A)に、オスアリが変化したS-1機体(S-1-B)が接近を行おうとするものです。この接近行動の際、しばしばS-1-B同士の接触が起こり、墜落の事故が発生する場合もあります。編隊飛行は10分から15分程度継続され、最終的にS-1-Bの1機とS-1-Aの2機体のみが並んで編隊飛行状態となります。他のS-1-B群は大きく速度を落とし、2機体から離れると着陸を行い、急速に不活性状態となります。

残った2機のS-1は5分ほど並行した編隊飛行を継続した後、障害物のない開けた地点で着陸を行い、通常のクロオオアリの新女王とオスアリに再度変化します。オスアリはその後死亡し、新女王アリは通常のクロオオアリと同じく、羽を落とした後、営巣行動を始めます。これらの行動にはなんら不自然なものは見られず、自然状態のクロオオアリと同じようにふるまうものです。

不活性状態となったS-1群の再活性化は未確認です。通常のヘリコプターとしても使用が可能であり、異常性は見られません。現在、回収されたS-1群についての研究がおこなわれていますが、光学迷彩効果を生み出す機構については不明です。

SCP-223-JPは2000年に広島県で公園や山内といった奇妙な場所でのヘリコプターの離陸や、無人での墜落事故、着陸後の消失といった事案が発生したことが財団の興味を引き、調査によって発見されました。確保された巣からの再発生を含め、現在までに12件の発生が確認されています。20██年現在、いくつかのS-1-A専用営巣地点とS-1-B群着陸地点を財団が確保しており、SCP-223-JPが発生次第、S-1を誘導する指示が出されています。

補遺: 20██年4月11日、南米アマゾン川流域の[編集済み]にて10機以上のAH-64の離陸が確認されました。周辺地域に同機種運用国の基地が存在しないため、S-1-Bに変化したグンタイアリ亜科の雄3ではないかと推測され、20██年現在、財団のアメリカ支部が調査中です。クロオオアリ以外でS-1化した唯一のケースであり、日本支部でも研究が進められています。


Footnotes

1. アリの特徴的な行動の一つ。巣で新たに生まれた女王アリと数十匹のオスアリが空中で交尾を行います。

2. 本来は女王、オスアリともに数十匹出現します。また、別の巣のアリと交尾を行います。

3. グンタイアリの女王は羽をもたないため。


Vote

16

Created_by

ripeya-

Created_at

2014-10-30 16:45:17

Tags

euclid, scp-jp, 変形,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System