get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-231-JP | Nijiru System

SCP-231-JP - 安眠時計

ItemNumber

SCP-231-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-231-JPはゼンマイが完全に解けた非活性状態で保管してください。緩衝材を詰めた金属製の箱に納めサイト-8181の施錠可能な低脅威度保管ロッカーに収容してください。取り扱いおよび実験の際は防音、密閉された部屋で行い、被験者以外はSCP-231-JP-1が発する音を直接聴くことがない状況で行ってください。被験者が第一段階、第二段階で実験を終了した場合、SCP-231-JPの影響と思われる精神的症状が解消または緩和されるまで観察期間を置いてください。被験者を第二段階より先に進める実験を行う場合はセキュリティクリアランス3以上の職員の了承を得てください。その場合の実験は防音機能を備えた破棄・破壊が容易な実験用コンテナを用いて行い、被験者と実験用コンテナは実験終了時に確実に終了および破棄してください。

Description

SCP-231-JPは収容当初は発見者の証言もあって、何らかの要因で対象の意識を失わせるオブジェクトだと考えられていました。しかし、その後の実験で対象を眠らせるオブジェクトであることが判明し、さらに影響下で長時間眠った対象を奇妙に変異させる特性が確認されたため、SCPナンバーとオブジェクトクラスが割り当てられました。

SCP-231-JPはSCP-231-JP-1とSCP-231-JP-2の二つで構成されています。

SCP-231-JP-1は見た目は一般的な振り子付きゼンマイ時計です。SCP-231-JP-2はSCP-231-JP-1に付属するゼンマイを巻くための合金製のネジです。SCP-231-JP-1はSCP-231-JP-2を用いてゼンマイを巻くことで活性化します。

活性状態のSCP-231-JP-1は、針が動く音と内部の機械構造が稼働する音を通常の時計よりも遥かに大きな音で発します。その音量はSCP-231-JP-1の正面5mの距離で90デシベル相当が測定されました。SCP-231-JP-1が発する音を直接聞いた聴覚を有する脊椎動物(以下、被験者)は急激な眠気に襲われ、被験者や周囲の状態に関係無く、その場で睡眠状態に入ります。睡眠状態に陥った被験者は現在のところ第四段階まで変化することが確認されています。

SCP-231-JP-1についての実験報告書

SCP-231-JP-1は外装は木材で作られているにも関わらず、いかなる損傷・破壊を受け付けません。振り子窓から確認されたSCP-231-JP-1の内部は一般的な時計の機構とは大きく異なり、精密な部品が入り組んだ過密な構造をしています。またそれらの部品には錆や摩耗が一切見られません。SCP-231-JP-1から振り子を含むあらゆる部品を取り外す試みは成功しておらず、小型カメラの侵入も不可能だったため、内部の構造は完全に把握されていません。活性化状態のSCP-231-JP-1は最大で24時間、ゼンマイが解けるまで正確に時を刻み続けます。活性状態のSCP-231-JP-1はゼンマイが解けるまで非活性化しません。激しい振動や強い衝撃など外部からの要因では停止せず、振り子の固定や機構に異物を挟み込むなど故意にSCP-231-JP-1の停止を試みた場合、SCP-231-JP-1は一時的には停止しますが、数分から数十分の間にそれらの要因を破壊します。

SCP-231-JP-2もSCP-231-JP-1と同様、破壊や損傷を受け付けません。SCP-231-JP-2はSCP-231-1にのみ使用可能であり、他のゼンマイ時計では使用不可能でした。同様にSCP-231-JP-1のゼンマイはSCP-231-JP-2でしか巻くことができません。SCP-231-JP-2は何者かに所持されていない状態でSCP-231-JP-1から約5m以上離れた場合、瞬時にSCP-231-JP-1の振り子窓の内部に移動します。所持は生きた脊椎動物の肌や皮膚、体毛など体の一部に直接触れている状態を指します。

来歴: SCP-231-JPは██県██村で発見されました。当時、所持していた██氏はSCP-231-JPを趣味の登山中に発見した廃墟で見つけ持ち帰ったものと証言しています。██氏は件の廃墟からSCP-231-JPの他に複数の機械部品を持ち帰っており、その事を奇妙な噂として聞いたエージェントが確認に向かいSCP-231-JPを発見、収容に至りました。██氏は一度だけSCP-231-JPの影響を受けたようですが、それは不注意でSCP-231-JP-1を落としたことにより、完全に解けていなかったゼンマイが解けたごく短い活性状態でした。██氏は数分から数十分の間だけ睡眠状態に陥り、そのことを気味悪く思った氏はSCP-231-JPを家屋の外の物置に収納していました。それ以降、エージェントが収容するまでSCP-231-JP-1の影響を受けませんでした。SCP-231-JPと廃墟から持ち帰った物品の収容の後、██氏は記憶処理が行われ、廃墟で発見した物品は全て「オカルトチックな失神事件」の後に処分したと記憶が書き変えられました。

補遺-1: SCP-231-JP-1に被曝した被験者へのインタビュー記録



補遺-2: ██氏が発見した廃墟は調査の結果、明治末期から昭和初期頃に建てられたものだと判明しました。しかし、不動産登記や建築記録などは発見されず、土地の所有者も存在しない人物でした。廃墟内にも建物や土地の持ち主および来歴を示す物品・資料は残されておらず、SCP-231-JPの来歴も同様に不明です。廃墟の大部分はSCP-231-JP-1の影響による侵食を受けており、建材や家財道具などの多くが海綿状に変化していました。また廃墟内に残されていた遺骸から少なくとも██人がSCP-231-JP-1の影響を受けていたと推測されます。

補遺-3: 事案231-█を受け、SCP-231-JPの実験に参加した財団職員は実験直後に1時間以上の睡眠または休憩をとってください。この時、腕時計や携帯電話を含めアナログ時計の形式で表示される時計が撤去された環境であることを必ず確認してください。


Vote

10

Created_by

to_o_shake

Created_at

2015-01-02 00:29:00

Tags

ぜんまい仕掛け, safe, scp-jp, 聴覚, 認識災害, 睡眠, 破壊不能, 音波, 瞬間移動,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System