get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-243-JP | Nijiru System

SCP-243-JP - 恩人へ

ItemNumber

SCP-243-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-243-JPを収めた部屋には、心理テストに合格した職員のみが入る事を許されます。これは、実験243-JP-Dの結果を受け、不用意なSCP-243-JP-1との接触がCK-クラスの再構築イベントを引き起こす可能性があると判断されたためです。詳しくは実験243-JP-Dの項目を参照して下さい。

Description

SCP-243-JPは、既存のいかなるメーカーのものでもない押しボタン式電話機です。使用するのに、電源や電話回線とつなぐことを必要としません。SCP-243-JPを破壊しようとするいかなる試みも失敗に終わっています。

SCP-243-JPは当初「壊れないが、元々壊れている電話」というAnomalousアイテムとして保管されていました。しかし、条件は不明ながらも時々通話が出来るということが明らかになってからは、財団の実験の対象となりました。

SCP-243-JPは普段は非活性状態にあり、その場合は電源を抜かれた押しボタン式電話機と同じ反応しか示しません。しかし、過去に誰かに命を救われた人物が受話器を持ち上げた時に、SCP-243-JPは活性化します。SCP-243-JPが活性化すると、受話器を持ち上げた者の命を何らかの形で救った人物(以下、SCP-243-JP-1と呼称)と5分間のみ通話が可能となります。SCP-243-JPが何をもってSCP-243-JP-1を使用者の命を救った人物と選別しているのかは不明です。SCP-243-JPで通話する際に番号を押す必要はなく、また、押したとしてもそれは何ら反応を示しません。5分以内であっても、受話器をフックに戻すことでSCP-243-JPは非活性化します。なお、SCP-243-JPはSCP-243-JP-1にしか繋がらないことが確認されています。

実験243-JP-A

日付:19██/██/██

被験者:D-0071

結果:████████と名乗る人物が出る。(この実験中、彼をSCP-243-JP-1-Aと分類)彼は自身の携帯に電話がかかってきたと主張。D-0071とは面識がないといい、「忙しいから」という理由で一方的に電話を切った。後の調査で、████████という人物は実在し、D-0071が以前に致命的な交通事故にあったときに、彼の手術を担当した医師であったことが判明した。念のため後日、エージェントがSCP243-JP-1-Aを見つけ出し、Cクラスの記憶処理を行った。

実験243-JP-C

日付:19██/██/██

被験者:D-0081

結果:███████と名乗る人物が出る。(この実験中、彼をSCP-243-JP-1-Cと分類)彼は近くの公衆電話が鳴ったため、「なんとなく出てみた」と主張。D-0081は彼の名前に聞き覚えがあると報告した。1分が経過したころ、D-0081はSCP243-JP-1-Cがライフセーバーであり、D-0081が幼少期に海で溺れた際に彼に救助された事を報告。この時点でSCP-243-JPの特性が明らかになった。後日、エージェントがSCP-243-JP-1-Cを見つけ出し、Cクラスの記憶処理を行った。

実験243-JP-D

日付:20██/██/██

被験者:エージェント█████(彼女は15年前に自宅で火災が発生した際、██████という消防士に命を救われている。その消防士はエージェント█████を救助した時に負った火傷が原因で死亡している。)

「SCP-243-JP-1が故人である場合の実験だ。この実験ではSCP-243-JPが活性化することはないものと推測できる」—████████博士

結果:██████と名乗る人物が出る。(この実験中、彼をSCP-243-JP-1-Dと分類)彼はこの電話が、自身の勤務する消防署の緊急電話にかかってきたと主張した。エージェント█████が彼に日付を尋ねたところ、19██/██/██であるとの返答が来た。その日付は彼がエージェント█████を火災から救い出した日付だった。この時点で、過去を変えてしまうことによるCK-クラス:再構築シナリオを恐れた他のエージェント達が、エージェント█████に電話を中断するように要請。だが彼女はそれを無視し、SCP-243-JP-1-Dに、彼が数時間後に火災で█████という名の少女を救うことで命を落としてしまうことになると告げた。その時点で、近くにいた別のエージェントが彼女から受話器を奪い取り、フックに戻すことでSCP-243-JPを非活性化した。結果としてCK-クラスイベントは発生しなかったが、その軽率な行動を鑑みてエージェント█████は財団のフロント企業へと左遷、実験の責任者である████████博士は保管サイト-██へと異動になった。

補遺243-JP:1 実験243-JP-Dに立ち会ったエージェントの手記の一部抜粋

 あの電話が「過去」へと繋がったとき、私たちは騒然とした。それは████████博士も、私たちも、予想だにしていなかったことだった。過去を改変してしまわないように、我々はエージェント█████に電話を切る様に言ったが、彼女は無視した。私は咄嗟にその電話のフックを指で押したが、電話は切れなかった。そこで、近くにいたエージェント3人が彼女から受話器を奪おうとした。しかし、彼女は奪われる寸前に、その消防士に、彼女を救うことで彼が命を落としてしまうことになると告げてしまった。

 自分の恩人の命を救いたいという気持ちはわかる。しかし彼女は実行に移すべきではなかった。私はエージェント█████が他の3人に捕まっている間に何とか受話器を奪い取り、フックに戻した。それでSCP-243-JPは非活性化したが、そこにいた者全員は青ざめていた。本来は死ぬはずだった者が生き延びてしまった場合、CKクラスは避けられないのだということを、みんな知っていたからだ。電話が切れた後、実験室には静寂が訪れ、全員が「再構築」が起きるのを待っていた。1分、2分と経過し、5分が何事も無く過ぎた辺りで、どうやら、なぜだか分からないが「再構築」は起きなかったのだと私たちは気付いた。エージェント█████は武装警備員に連れて行かれ、████████博士は上から呼び出しのアナウンスをくらった。連行される前にエージェント█████は「思い出した。あの人、私を助け出す時に『大丈夫だぞ、█████』って言ってたの。私そのとき、何でこの人は私の名前を知ってるんだろう、って思ったのよ」と言った。

 私は今でもその時のことを考え、あの消防士のことを考える。CKクラスが起こらなかった原因はひとつだろう。あの消防士は自身に待ち受ける過酷な運命を知っていながら、少女を助けるために、火の中へ飛び込んだのだ。果たして、それにはどれほどの勇気がいるのだろうか。



Vote

111

Created_by

grejum

Created_at

2014-02-04 23:36:24

Tags

safe, scp-jp, 時間, 破壊不能,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System