get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-365-JP | Nijiru System

SCP-365-JP - 三つの理念に義は宿るか

ItemNumber

SCP-365-JP

Object Class

Keter

Protocol

SCP-365-JPは防腐処理を施し真空性のファイルに閉じこまれ、低危険度物品収容ロッカーに収容されます。監視カメラによる24時間体制の監視と録画を徹底し、出現した文章は全て報告書にまとめられます。

Description

SCP-365-JPは紀元前一世紀後半に作成されたとされるパピルス片です。財団はSCP-365-JPを2点確保していますが、どちらも著しい経年劣化により推定30%以上が損壊しています。

SCP-365-JPには日本列島で近日中に発生する異常現象を抽象的に予言する文章が出現します。その内容は多様ですが、およそ4種類に分類できることからSCP-365-JP-1からSCP-365-JP-4に分類されています。また予言文の文末には腐敗したカトリック教会を批判したプロテスタント改革派が提唱した文言「五つのソラ」1のうちの一つが併記されています。

SCP-365-JP-1は異常なエントロピー変動による異常現象を予言します。主に物品の出現などが伴います。財団はこれまでに788件のSCP-365-JP-1を確認しています。その異常発生範囲は非常に広大であり、財団のエアロゾル記憶処理剤の散布を含む事態隠蔽工作の許容回数を大幅に超えているため、主にカバーストーリーによる異常現象の偽装工作が行われています。文末には「恵みのみ」の文章が記載されています。これまでに確認されたSCP-365-JP-1文章と予言された異常現象のデータはアーカイブ[365-JP-1_Log.of.E.E/8142176]を参照してください。

SCP-365-JP-2はその時点では作成されていないSCPオブジェクト、AOアイテムに関する報告書を予言します。財団はこれまでに███件のSCP-365-JP-2を確認しています。経年劣化による損壊により収容手順の項目はほぼ全てのケースにおいて解読不能です。財団がSCP-365-JP-2の情報をもとにSCPオブジェクトの所在の調査と回収を試みた場合、その多くのケースで同じくオブジェクトの回収や破壊を目的とした要注意団体との接触、交戦する自体に陥ります。時に財団は完全に後手に回ることもあり、場合によっては確保が失敗に終わります。文末には「聖書のみ」の文章が記載されています。これまでに確認されたSCP-365-JP-2文章と予言されたオブジェクトの報告書一覧はアーカイブ[365-JP-2_S.C.P.O/8240]を参照してください。

SCP-365-JP-3は財団におけるセキュリティクリアランス4以上の職員の事故死を予言します。財団はこれまでに27件のSCP-365-JP-3を確認しています。病的疾患などのケースは確認されておらず、SCPオブジェクトの収容違反インシデントを含む全てのケースにおいて、突発的かつ予測不能の事故により被害者の8割が死亡、残る2割も重篤な障害を負う結果となります。文末には「キリストのみ」の文章が記載されています。これまでに確認されたSCP-365-JP-3文章と死亡した職員名簿はアーカイブ[365-JP-3_D.of.M.List/19553]を参照してください

SCP-365-JP-4がなにを予言しているかは依然として不明のままです。財団はこれまでに███████件のSCP-365-JP-4を確認しています。出現する文面の統計から「神聖な」「栄光の」「破滅」「傲慢」「封印」「解放」などの単語が頻出しており、他のケースに比べて圧倒的に神話的、宗教的アプローチが必要であると考えられています。文末には「神の栄光のみ」の文章が記載されています。





SCP-365-JPは1966年に神奈川県綾瀬市、1981年に神奈川県横須賀市で回収されました。どちらも小規模の地殻変動により地中から露出したものを一般人に発見されています。そのほかにも1980年に鹿児島県坊津市2、1989年に長崎県長崎市、岩手県西磐井郡、1999年に北海道札幌市からも出土していますが、それらは全て財団が存在を捕捉する以前に要注意団体、要注意人物によって回収されたことが確認されています。財団は収容外にあるSCP-365-JPの回収を急ぐとともに、敵対勢力によりそれが困難な場合は破壊を優先とするプロトコルを制定しました。現在財団が確認している収容外のSCP-365-JPの数は12点、GOCを始めとする外的要因により破壊された例は8件、財団が破壊した例は3件です。

補遺: SCP-365-JPが作成されたとされる紀元前一世紀は日本における弥生時代であり、縄文から文化変異したきっかけとして渡来人の存在が有力視されている時代です。またアラビア半島から出土した死海文書の作成時期とも重なる点から、日本およびキリスト教史、特にカトリックおよびバチカンに多大な影響を及ぼす可能性が認められており、研究は慎重を期して行われています。

キリスト教のみでなく、このオブジェクトは財団の存在価値を著しく脅かす。SCP-365-JPをKeterクラスオブジェクトとし、最大限の努力を持ってこれを封じ込めるべし。 日本支部理事 -稲妻

何を言うか。

下関でペリーが、厚木ではマッカーサーが財団を持ち込んだ。ザビエルも出島でもマルコポーロもクラークもそうした。そのさらにずっとずっとずっと前からも。だがいつの世も日本は外を拒みながら甘い蜜だけは啜ろうとする。自分だけ助かろうとしておきながら、安全が確保された時だけ他者を助けてやろうなどと傲慢になる。日本における財団の活躍ぶりは陳腐だ。世界を守ろうという信念が欺瞞に満ちている。君たちの信念は義ではない。

補遺2: 現在までに「五つのソラ」の最後の文言「信仰のみ」3に関連する予言文の出現は確認されていません。

語るに及ばず。三大理念への献身のみが世界を救う。 ‐日本支部理事 鳳林


Footnotes

1. 当時の腐敗した教会に対し、教義に合致する行い、心構え、救いの根拠となるものを五つの単純明快な要素で示したもの。

2. 現在の南さつま市

3. 信仰義認。人は信仰のみによって神に義であると認められるというもの。


Vote

10

Created_by

29mo

Created_at

2017-05-28 16:08:17

Tags

記述, 未来予知, 外部エントロピー, scp-jp, keter,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System