get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-370-JP | Nijiru System

SCP-370-JP - 哭く、子供攫い

ItemNumber

SCP-370-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-370-JPは特定防護収容設備を備えた10m×11m×6mの収容室に収容してください。収容室への出入口は必ず四方へと最低4つ設置し、ボガート手順-SoCV遂行のための手順の簡略化を図ってください。

Description

SCP-370-JPは身長2.41m、体重128kgの二足歩行の生命体です。全身が茶色の長毛に覆われていますが、本来の皮膚は光沢のある空色であり、それらは両手部位と頭部と足裏部位で露出しています。両手の指は4本ですが構造上人類と近似であり、精密な作業が可能です。頭部は爬虫類の形態に似ていますが、鮫と同様の歯列構造と、3つの眼部を有しています。また、発話能力は持たないものの、感情の発露に用いるための発達した発声器官を持っていると思われます。

内臓機能の調査は、既知の検査用探知波を遮断する皮膚の性質と、SCP-370-JPの防御反応的な攻撃によって進行が遅滞しています。SCP-370-JPによる破壊活動の痕跡から、全身体能力は平均的な成人男性のおよそ17.3倍程度であると思われます。

SCP-370-JPは定期的に喉頭内に生後5ヶ月〜2年にあたる人間の幼児(SCP-370-JP-1と分類)を出現させ、口腔より吐き出します。SCP-370-JP-1は実在の幼児の特徴を有し、SCP-370-JPによる出現時に同個体的な特徴を有する幼児が元の場所から消失している事から、SCP-370-JPによって生成ではなく転移されているものであると結論付けられています。

SCP-370-JP-1は転移以前の記憶を消失した状態で転移されており、そのためSCP-370-JPに対して否定的な反応を取りません。

SCP-370-JPはその後365日間SCP-370-JP-1を養育します。養育中の主な活動としては食事の提供、SCP-370-JP-1の遊戯の相手、高音の唸り声を用いた子守唄の歌唱、健常な養育に必要と思われるスキンシップの実行等が挙げられます。SCP-370-JP-1の世話に何らかの不都合が生じた場合、SCP-370-JPは明らかに狼狽した様子で、問題の解決に努めます。問題が長時間解決しなかった場合、それはSCP-370-JPによる、周辺への無差別な破壊活動を招く可能性があります。

SCP-370-JP-1に危害を加える行為、もしくはSCP-370-JP-1をSCP-370-JPから引き離そうとする試みは、SCP-370-JPによる極端に敵対的な破壊活動を誘引します。しかしSCP-370-JP-1に対する直接的危害には及ばないため、その性質がボガート手順-SoCV遂行に活用されています。

SCP-370-JP-1が死亡するか喪失された場合、SCP-370-JPは37時間絶え間無く叫びながら積極的に破壊活動を行った後、再度SCP-370-JP-1の出現を行います。そのため、ボガート手順-SoCVの実行はSCP-370-JPの食事期直前まで行われません。

SCP-370-JPによるSCP-370-JP-1の養育開始から365日後、SCP-370-JPは涙腺より水分を排出し、断続的に小さな声を上げながらSCP-370-JP-1を捕食します。捕食は3日間休む事無く少量ずつ行われ、その間SCP-370-JPの声量と水分の排出が激しくなります。

捕食が完了した後、SCP-370-JPは周辺の存在に対して無差別的に破壊活動を行います。これは3時間後鎮静し、その後78時間SCP-370-JPは蹲って一切の活動を停止させます。

78時間経過の後に、SCP-370-JPは別個体であるSCP-370-JP-1を出現させ、再度養育期へと入ります。

補遺: SCP-370-JPの観察と、破壊活動によって破壊されたオブジェクトに対する各種試験により、SCP-370-JPの行動パターンと身体能力の予測が行われました。それに伴い、SCP-370-JPと戦闘状態に入った際のリスク管理パターンと戦術が構築され、食事期の寸前でSCP-370-JP-1を回収する手順確立のためのボガート計画が発足しました。

現在のボガート手順-SoCVに於いては、専用の装備、人員、戦術、手順が確立され、それに適した収容設備の整備が完了しています。それにより、一切の回復不能な損失無しでSCP-370-JP-1を回収する確率は現在98.73%にまで高まっており、極微小な確率で生じる損失についても容易に補填が可能となっています。

回収したSCP-370-JP-1はこれまでの検査から異常な性質を持たない事が判明しているため、簡易検査の後転移前の養育環境へと返されます。

また、この手順の確立と長期継続により、SCP-370-JPは本来食事を必要としない事が判明しています。


Vote

17

Created_by

locker

Created_at

2014-09-08 03:30:51

Tags

euclid, scp-jp, 捕食, 爬虫類, 生命, 瞬間移動,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System