get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-434-JP | Nijiru System

SCP-434-JP - 人生は続く

ItemNumber

SCP-434-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-434-JPが発生しうる公共機関には二名の担当職員が配置され、発見したSCP-434-JPは午前5 時までに回収します。回収したSCP-434-JPは最寄りの財団施設で裁断し、紙屑はサイト-81██で焼却処分します。回収漏れによる収容違反発生を防止するため、窓口業務を行う公務員にはカバーストーリー『印刷所の手違い』を適用し、民間人にSCP-434-JPを供与することがないように指導します。SCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2が発生した場合、これらの活動に対しては最小限の干渉を行うに留めますが、その際は居所を財団保有のマンションである██████になるように誘導します。これら実体の行動は収容室の監視カメラによって記録し、434確定事象からの逸脱が無いかどうかを確認して下さい。434確定事象13142号の発生前には、民間人の巻き込み防止のためにSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2付きの監視要員は事象の発生予想位置をサイト-81██に報告しなければなりません。

Description

SCP-434-JPは、現在日本国で使用されている婚姻届と同一の内容が印刷された紙です。これらの対象は日本国内の役所内にランダムに発生し、どの時点かは不明ですが婚姻届保管場所に混入します。SCP-434-JPは外見からは婚姻届用紙と区別が困難ですが、平均的な婚姻届用紙よりも著しく紙質が劣っているため、注意すれば識別は可能です。これら実体の特異性は、婚姻関係を結ぼうとする36 歳以下の男女が各々の氏名を書き込んだ時から開始し、最も初めには男女の「婚姻関係を結びたい」という抵抗不可能な衝動として現れます。その後、SCP-434-JPの効果の下で婚姻を結んだ男女は434確定事象13142号以外の原因では死亡することが無くなります。具体的な例を挙げると、対象を撃とうとした銃器は必ず機能不全を起こしますし、ナイフを使って対象を攻撃しようとすれば攻撃者は延々と攻撃を回避され続けるか、あるいは繰り返し転倒するなどして対象に危害を加えることが出来ません。また、434確定事象以外の原因で疾病に罹ることもありません。

この状態となった男女はそれぞれSCP-434-JP-1(男性)、SCP-434-JP-2(女性)に指定されます。また434確定事象の完成に必要な範囲で、SCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2は指定以前に負った負傷や疾病が回復します。これは外見的にはゆるやかな治癒、若返りのように見えますが、生体解剖を含む検査ではどのようなプロセスでこの回復が行われているのかは解明できていません。

SCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2はそれ以前の関係性とは無関係に、互いに「離れがたい」「愛着がある」などというような感情を抱くようになり、SCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2はSCP-434-JPを可能な限り早急に市役所などに提出しようとします。婚姻関係が成立する前の段階ではこれら実体は通常の手段でも終了しうるため、終了措置が必要な場合はこの提出前の期間にのみ、SCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2実体を終了することが可能です。婚姻関係が成立するとSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2は434確定事象として指定されている一連の過程を経て必ず死亡します。その主な内容としては、

  1. 婚姻届提出から3ヶ月以内のSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2の東京都████████████への転居、同居の開始。

  334. 前号の事象後16 日以内に、各実体は従前の仕事を辞め、東京都████████████近隣のランダムな企業で再就職する。

  809. 同居開始より1 年5 ヶ月後のSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2の第一子誕生。

などがあります。そして最後の事象は婚姻届提出から23 年と7 ヶ月後に発生する以下のものです。

  13142. SCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2が第三子の█████誕生日を祝うために、東京都████████████のいずれかの高級飲食店へ434確定事象9471号で購入した車両で向かう途中、差し掛かった交差点でSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2は運送会社のトラックに衝突される。この事故が原因の負傷で付近の病院に搬送され、各実体は死亡する。

この時点でSCP-434-JPによって発生した特異性は消滅し、434確定事象は終了します。そして434確定事象13142号の完成により、SCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2は先述の通り死亡します。また全ての434確定事象に共通することですが434確定事象はどのようにも妨害不可能であり、過程の変更こそ可能であるものの結果を変えることには成功していません。SCP-434-JP-1、2に強い影響を受けていた事物は、この時点で影響から脱します。例えば、SCP-434-JP-1-a、SCP-434-JP-2-aの子どもは経過観察が続けられていましたが、他のSCP-434-JP-1、2の子どもの行動パターンと有意な共通性が存在しないことが確認されています。また、同様の生育過程を経た人物の行動パターンサンプル1と比較しても大きな逸脱も、共通性も見て取れません。

SCP-434-JPの最初の発見例は1962年の東京都██████区役所の受付カウンターで受理され、その場で直ちにSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2実体が発生しました。財団はその後、SCP-███-JPの致命的な被害を受けてなお生存していたSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2を発見し、実験や各実体からの報告により20██年にはSCP-434-JPの特異性の範囲を特定しています。現在までに12組のSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2実体が発生しており、現在は東京都████████████にある財団保有のマンションに設けられた収容室に全実体が収容され、特異性の研究が進められています。これらの諸活動は通常の夫婦とほとんど変わらず、434確定事象の影響により前述の住居から転居することも無く、また各実体の逃亡の試みは完全に失敗に終わりますが、各実体には念の為に1組ごとに2名までの監視要員が割り当てられています。

補遺:以下は、20██年までにSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2に実施されたインタビューログの中で重要とされたものです。現在もSCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2の持つ特異性の究明が続いていますが、SCP-434-JP-1、SCP-434-JP-2実例が少ないことから、これは難航しています。



補遺2:SCP-434-JPステータスを表示します。日数が6000 日を超える場合は表示しません。表示されないデータについては、サイト-81██へ問い合わせてください。

データサーバーへ接続しています……

[エラー。サーバーとの接続が予期せず解除されました。]


脚注

1. 財団統計データベース"IAO"「『中流家庭』東京都1977-1989年版」より


Vote

67

Created_by

ukit

Created_at

2015-02-09 22:59:12

Tags

euclid, scp-jp, 強制力, 文書,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System