get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-447-JP | Nijiru System

SCP-447-JP - ハンガー

ItemNumber

SCP-447-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-447-JPが記載された書物、メモ等はサイト-71█0のB-33715収容室で保管されます。無許可でのSCP-447-JPの持ち出し、量産を行った職員は処分の対象となります。SCP-447-JPに関する実験を行う場合はレベル3職員の承認を得たうえで行ってください。

Description

SCP-447-JPは合計████冊のノート、メモに記録された情報です。現在、これ以外のSCP-447-JPが記載されている書物、メモ等は、財団が実験目的で作成した物を除いて、発見されていません。

SCP-447-JPの内容はハンガーという言語、概念を中心に構成されており、それぞれのノート、メモにはその内容に順する題名が表記されています。使用されている言語は全て手書きの日本語が用いられており、筆跡鑑定を含めた調査を行っていますが著者の特定には至っていません。また、使用されているインク等は非異常性を有するボールペン、鉛筆、シャープペンシルが用いられており、特殊な成分や異常性は確認されていません。

SCP-447-JPは他の紙、メモ、ノート、電子情報などに模写することで量産が可能であり、このことからSCP-447-JPの本質は多種の異常現象を引き起こすミーム情報であることが判明しています。SCP-447-JPの漏洩を危惧し、オブジェクトクラスをEuclidに指定しました。

SCP-447-JPの抜粋(これらの記録は一部省略、編集されているため、異常性はありません。また、以下それぞれのSCP-447-JPはSCP-447-JP-A~Fと表記されます。)

オブジェクト番号 題名 内容・確認される特異性
SCP-447-JP-A 必殺!ハンガー拳法!!1 SCP-447-JP-Aはハンガーを用いた体術に関する情報が記載されたノートです。内容は120種類の「型」で構成されており、その「型」それぞれに文章での説明、図表での解説が記載されています。SCP-447-JP-Aの特異性は、SCP-447-JP-A内の項目を人間が正確に実行した際に発生し、使用したハンガーには高い殺傷能力が発現することが確認されています。また、使用者自身もそのハンガーの影響を受け[編集済]の結果、負傷します。現在、1名のDクラス職員が死亡、2名のDクラス職員が治療を受けています。また、SCP-447-JP-Aを人間が視認した際、突如、製造元が不明な木製のブーメラン型ハンガーが被験者の手元に出現する現象も確認されており、現在これらのハンガーの分析が行われています。
SCP-447-JP-B ハンガー2マン SCP-447-JP-Bは「ハンガーマン」と書かれた一枚のメモ用紙です。用紙を検査した結果、微量の海水と同様の成分が検出されました。SCP-447-Bを人間が視認した場合、対象者はおよそ5分間、絶叫した後に死亡します。影響下の人間を検査した結果、栄養失調、体脂肪の急激な減少、胃、腸の内容物(排泄物を含む)の消失、血小板がブーメラン型ハンガーと類似した形状に変化するなどの現象が確認されました。影響中の対象者に点滴、食物を与えた場合も同様の結果となり死亡します。現在、対象者を延命させる試みは全て失敗しています。
SCP-447-JP-C クリフハンガーのその後 SCP-447-JP-Cは「クリフハンガーのその後」と表記された300枚ほどの400字詰め原稿用紙です。内容はハンガーという名の主人公がSCP-447-JP-Aと思われる体術を用いて世界的な麻薬組織を壊滅させるというものになっており、クリフハンガーの手法が用いられ終結します。SCP-447-JP-Cを人間が読んだ場合、対象者はその瞬間、対象者がその後取るであろう行動全てが反映されるようになります。この現象は対象者を中心とした「行動に関する可能性」の集約を体現していると思われ、対象者、及びその周辺には空間の重複、時間の重複などが確認されるようになります。現在、実験に参加したDクラス職員1名をサイト-81██の特殊収容室30にて収容しています。また、現在影響を受けたDクラス職員の周囲10m圏内で製造元不明なハンガーが突如落下してくるという現象が確認されています。
SCP-447-JP-D 題名無し SCP-447-JP-Dは[データ削除済]。結果、被験者は窒息死し、[データ削除済]。
SCP-447-JP-F 友達帳 SCP-447-JP-Fは█████種類のハンガーの名称とそのハンガーの「性格」が箇条書されている黒革の手帖です。SCP-447-JP-Fの異常性は、対象を人間が視認したうえで、記載されている項目を選択した際に発現します。人間がSCP-447-JP-F内の項目を選択した場合、その選択したハンガーと同様の物品が周囲10m以内に存在する不特定の人間の胃内部に出現します。その後、出現したハンガーは対象者の口を通じて体外へと排出され、対象者はその後も定期的に出現したハンガーを排泄するようになります。出現したハンガーを分析した結果、通常のハンガーと同様の成分で構成されており、異常性を有していないことが判明しました。なお、20██/2/11のK88016地区特殊実験場での実験の際に、実験に参加していたDクラス職員の体内にロシアの戦闘機用格納庫3が出現するという事案が発生し、Dクラス職員と研究員を含めた総勢███名の死傷者を出すという事案が発生しました。現在、SCP-447-JP-Fの実験は凍結されています。
SCP-447-JP-G ミス・ミスターハンガー(裏面に表記) SCP-447-JP-Gは木製のブーメラン型ハンガーの絵です。SCP-447-JP-GはA3の画用紙に描かれたおり、非異常性を有する2Bの鉛筆が使用されています。SCP-447-JP-Gを人間が30分以上視認した場合、被験者は男女問わずハンガーに対して性的興奮を覚えるようになります。その結果、被験者はハンガーと頻繁に[編集済]を行うようになり、男性の場合はそれ以上の異常性は発生しませんが、女性の場合はハンガーとの[編集済]後に妊娠します。女性被験者が妊娠した場合、体内に胎児や何らかの生物が存在しないにもかかわらず、およそ4ヶ月で出産が可能な状態にまで成長します。現在、3名の女性Dクラス職員が妊娠しており、出産の兆候は確認されていません。なお、実験当初被験者は4名でしたが、妊娠後、1名の被験者が突如死亡。その後、子宮内を切開し調査した結果、ハンガーの形状をした[データ削除済]が摘出されました。
サイト-71█0は事案447-JP-00の発生により甚大な被害を受けました。現在、施設の約98.32%が機能しておらず、今後のSCP-447-JP-Hangarの収容に関する更なる検討が求められます。また、全SCP-447-JPの影響下にある人間が何らかの影響で生存した場合に発生する事案447-JP-00に関する被害を想定したプロトコルの作成も検討されています。

補遺: SCP-447-JPはエージェントの自宅物置で発見されました。当時、エージェントは自宅の大掃除をしており、物置の中を整理しようとした際にSCP-447-JPが記載されたノートを発見。その後、エージェントがSCP-447-JP-Aを視認したことによりその異常性が発覚、財団に回収されました。エージェントはSCP-447-JPに関しては一切記憶に無いと証言しており、現在、これらの混入経緯について調査が行われています。

追記:



Footnotes

1. ノートには挙法と表記されている。

2. 英語のhunger(意味:ひもじさ、飢え)だと思われる。

3. 戦闘機用格納庫をハンガーと呼称するため記載されていたと思われる


Vote

7

Created_by

yanyan1

Created_at

2015-03-19 17:20:35

Tags

ミーム, euclid, scp-jp, 国外収容, 文書, 知性,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System