get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-510-JP | Nijiru System

SCP-510-JP - 蚊取閃光

ItemNumber

SCP-510-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-510-JPはサイト-8181の耐熱施工された気密収容倉庫に収容されます。SCP-510-JPを用いた実験には、セキュリティクリアランス3以上の職員3名の承認を必要とし、被験者にはDクラス職員が起用されます。実験時のSCP-510-JP-aには、レベル3警備員2名の同伴時のみ訓練用ゴム弾の使用が許可され、実験にはサイト-8181の小銃射撃場を用いるようにしてください。

Description

SCP-510-JPの形状は円柱の上面にドーム形状を結合したもので、直径は5.4cm、全高は2.2cmです。全体がガラス長繊維強化プラスチックで構成されており、200g前後の重量を持ちます。ドーム形状の表面が未知の方法によって常時発光しています。

SCP-510-JPは発光部位から可視光線レーザーを放つことができます。通常の照射量では皮膚に当たると火傷を生じさせたり、物に当たると火災を生じさせたりする恐れがありますが、一定の照射量を長時間に亘って維持させることはできません。SCP-510-JPはレーザーを用いた極めて精密な射撃を行います。15〜25km/hで不規則に移動する直径10cmの的に対して、5kmの範囲では100%に近い命中率を発揮しました。

SCP-510-JPは生物的及び機械的な発声器官が無いにも関わらず、明らかな会話能力を有しており、コミュニケーションを試みる際には日本語を使用します。SCP-510-JPは「蚊」「狙撃技術」「銃火器」の分野に関する相当な知識量を保有しています。SCP-510-JPは蚊を「人類の敵」「絶対悪」と認識1しており、基本的に蚊にのみ射撃を行います。人間に攻撃することを禁忌としていますが、後述のSCP-510-JP-aに対しては「指導」と称して通常よりも出力を弱めたレーザーを照射することがあります。

SCP-510-JPと2時間以上の直接的なコミュニケーション2を行った対象(SCP-510-JP-aと識別されます。)は、SCP-510-JPの持論や善悪の価値観を認めて敬うようになります。そして、SCP-510-JPの射撃を視認したSCP-510-JP-aはSCP-510-JPに狙撃技術の指導を求め始め、SCP-510-JPはこれを引き受けます。SCP-510-JP-aがSCP-510-JPの指導を受けると、明らかに異常な速度で狙撃技術を習得3していき、いずれの実験でも凡そ2ヶ月でレベルA狙撃手の水準能力を超える技術を習得しました。これらの異常性について、SCP-510-JPに尋ねてみても必ず「そんなものは知らん」と否定します。

SCP-510-JP-aは蚊以外の生物(主にヒト)を狙撃することに強い嫌悪感を抱きますが、大抵は強要してそれらを実行させることができます。SCP-510-JPは人間を狙撃したSCP-510-JP-aに対して深い失望を示し、師弟の関係を絶とうと攻撃的になります。

SCP-510-JPの活動を支えるエネルギー源は今のところ不明です。

実験記録510-JP-B-1

蚊虻走牛作戦記録

付録: 覚書

私が気にしているのはSCP-510-JPが蚊を「人類の敵」としている理由が「人間を最も多く殺している生物が蚊だから」という点だ。確かに蚊は年間72万人もの被害をだし、最も人間を殺している動物ランキング第1位という調査結果もある。だが、その第2位は我ら人間なのだ。

例えば今この瞬間、世界中から蚊が消滅したとしたらどうだろう。最も人間を殺している動物は人間となる。私が危惧するのは、その時、SCP-510-JP、SCP-510-JP-aは「人類の敵」を何とするのか、ということだ。

-若桑博士

Footnotes

1. 理由を尋ねると、「人間を最も多く殺している生物が蚊だから」と答えます。

2. 通信機器による対話では影響は現れませんでした。

3. 同時に素行の良好化も確認されています。


Vote

121

Created_by

tsucchii0301

Created_at

2015-02-13 09:23:06

Tags

euclid, scp-jp, 知性, 注目記事,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System