get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-526-JP | Nijiru System

SCP-526-JP - 少年愛者

ItemNumber

SCP-526-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-526-JPは常に施錠された30x30x40cmのアクリル製ケース内に収容します。この収容ケースの周りには常に2名以上の警備職員を配置してください。

SCP-526-JPには1週間に1度、2cm四方の15歳以下の少年の頭皮細胞を基に培養した人工皮膚に、市販されている比較的安価なシャンプーによる香り付けや、人工汗に浸す等少年の頭皮に見せかける為にいくつかの行動を行った物を与えてください。

また、どのような状況下であってもSCP-526-JPの半径5m以内に15歳以下の少年を近づけてはいけません。

Description

SCP-526-JPは███社製のUSBフラッシュドライブによく似た形をしたオブジェクトです。片側の面には油性のマジックペンで『少年愛者』と書かれており、その逆側の面には昆虫の足を模した約4cmのアームが6本ついています。このアームを用いる事で壁や床を自由に移動出来る事が確認されています。また、このアームは15歳以下の少年の髪を編み上げたもので作られていることが判明しています。このアームが何故動くのかは未だ判明していません。

SCP-526-JPはパソコンに接続されるとテキストエディタを立ち上げ、日本語のテキストを入力する事によりこちら側の人間と意思疎通を試みます。

入力されるテキストは至って穏便で当たり障りの無い文章ですが、ごく稀に15歳以下の少年に会いたい、といった内容の文言を入力してきます。この要求を無視して対話を続けることは可能ですが、その場合は徐々に文章に苛立ちが現れていき、数分経過するとアームを使ってUSBコネクタを引き抜き、自分から対話を強制的に終了させます。

SCP-526-JPから半径3m以内の地点に15歳以下の少年がいる場合、SCP-526-JPはすぐさま対象の元へと時速25km程の速さでまっすぐと向かいます。

対象に接触した瞬間、SCP-526-JPは対象の頭部に上り、アームを用いて対象の毛髪を頭皮ごと毟り取ります。この時、アームは約400kg程の力で毛髪を引っ張っている事が判明しています。その為対象の頭皮は大抵の場合大きな損傷を負います。SCP-526-JPは毛髪を毟り取った後、その毛髪を編んで昆虫の足を模したアームを6本作ります。新しく作られたアームは元のアーム6本全てと取り替えられます。また、SCP-526-JPは残った頭皮と取り外した元のアームを数日かけてUSBフラッシュドライブのアクセスランプに該当する部分からこれらを捕食します。この時、頭皮や毛髪に付着している頭垢等の老廃物も一緒に捕食します。食べられた頭皮やアームらがどこに行くのかは不明です。

また、SCP-526-JPは長期間頭皮を捕食していないと徐々に衰弱して行きます。その為SCP-526-JPには1週間に1度、2cm四方の15歳以下の少年の頭皮を与える必要があります。

201█/12/5、研究者チームが試験的に、15歳以下の少年の細胞を基に培養した人工皮膚に対し、後述するインタビュー記録を基に市販されている比較的安価なシャンプーによる香り付けや、人工汗に浸す等少年の頭皮に見せかける為にいくつかの行動を行い、微調整しつつSCP-526-JPに与える実験を試みた所、73回目の試行でSCP-526-JPは反応を示した後にその皮膚を捕食しました。

その後SCP-526-JPの観察を続けましたが、衰弱等の症状が見られなかったため、現在の収容プロトコルでは1週間に1度、2cm四方の15歳以下の少年の細胞を基に培養した人工皮膚に、少年の頭皮に見せかける為の行動を行った物を与える事になっています。

SCP-526-JPは200█/6/22に、██県███市で「USBメモリに頭を千切られた」という通報を受けた警察が出動した際に発見されました。

当時14歳だった通報主の少年はその時頭皮の約82%が損失した状態で発見されました。これに関しては、カバーストーリー「モーターに髪が巻き込まれた」が流布され、少年と事件の関係者にAクラスの記憶処理が施されました。

  




Vote

25

Created_by

bandouenza

Created_at

2016-07-28 22:24:09

Tags

機械, scp-jp, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System