get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-573-JP | Nijiru System

SCP-573-JP - クセになるグレープイルカ

ItemNumber

SCP-573-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-573-JPはサイト-8102の海洋生物型オブジェクト収容室に収容されています。摂食実験は禁止されました。現在、対人間恐怖症克服プログラムを実施しています。SCP-573-JPへの対人間恐怖症克服プログラムは凍結されました。

Description

SCP-573-JPはバンドウイルカ(Tursiops truncatus)です。他の同種の個体と比較すると、推定される年齢に対しSCP-573-JPの体長は小さめです。SCP-573-JPは対人間恐怖症を患っていますが、現在回復傾向にあります。

SCP-573-JPは身体に欠損が生じると再生する特異性を保有しています。身体損傷により死亡した場合も同様に蘇生します。実験及び後述する企業の調査により、頭蓋骨から再生・蘇生し、そのとき約3分で回復が完了することが判明しています。

SCP-573-JPの肉がヨーロッパブドウ(Vitis vinifera)に似た味をしているのは特筆すべき点です。また摂食実験において、摂食したDクラス職員全員が軽度の依存状態に陥りました。このような変化が生じている原因は判明していません。

SCP-573-JPは製菓会社''██株式会社''の保有する工場内にて発生した殺人事件1の捜査中、副次的に発見されました。発見当時、SCP-573-JPは地下室でステンレス台の上に鎖でつながれていました。周囲にはイルカの骨が積んであり、企業がSCP-573-JPの特異性を活用して利益を得ていたと考えられます。この件により、''██株式会社''は財団フロント企業に買収され、現在も監視下に置かれています。

工場内の調査と同時に、工場で生産されていたチューインガム''██████''に関する調査も開始されました。成分検査の結果、''██████''にはバンドウイルカの肉の成分が検出されました。この成分はSCP-573-JPのものであると推測されており、財団は製品の回収を進めています。

インタビューログ

対象: 曽我 ██氏(元漁師・''██株式会社''元代表取締役)


インタビュアー: エージェント・梅田


<録音開始>


エージェント・梅田: 貴方たちがSCP-573-JPを所有するに至った経緯を教えてくれませんか?


曽我氏: 大したことじゃあないですよ。いつも通り漁をしていたらあいつが掛かった。そんだけです。


エージェント・梅田: それだけではいろいろ説明が足りていませんよね?


曽我氏: フン、あいつは小っちゃくてですね。市で売りに出すにしても売れそうになかったんです。だから自分たち漁師仲間で捌いて食うことにしたんですよ。


エージェント・梅田: 保護は考えなかったんですか?


曽我氏: 収穫をどうするかなんて漁師の勝手でしょう。


エージェント・梅田: 続けてください。


曽我氏: 我々はイルカを捌きました。そしてどうなったかは、もう知っていることでしょう。


エージェント・梅田: SCP-573-JPが再生した、と。


曽我氏: 最初は皆怖がってたんです。でも、やつの肉は格別でやめられなかったんです。食費も浮きますからね。


エージェント・梅田: なるほど。次に、SCP-573-JPの肉片をガムに混入させた経緯について教えてください。


曽我氏: やつの肉を毎日食べてたら、思いつきができたんです。この肉を何かに混ぜて売ったら、皆クセになって大儲けできるんじゃないかと。


エージェント・梅田: しかし、製菓会社まで立ち上げてすることなんですか?


曽我氏: そこなんですよ、我々は企業立ち上げのために各々努力したんです。地域漁師全員、その家族も。そうして思惑通りガムは売れに売れまくったんです。だからお願いします、我々から会社を取らんでください。


エージェント・梅田: 元の漁に戻る気はないんですか?


曽我氏: あんな気色悪いもの、二度としませんよ。


エージェント・梅田: 気色悪い?


曽我氏: そうじゃないですか。家畜と違って知性を持って、集団で生活する生物を殺してまで食べたかないでしょう。


エージェント・梅田: 貴方がSCP-573-JPにしたことは、殺しに値することではないのですか?


曽我氏: まだ生きているからいいでしょう。生きているんですから。


エージェント・梅田: はい、分かりました。会社の話は上司に相談しておきます。もう少しだけ、質問をよろしいでしょうか?


曽我氏: なんでしょう。


エージェント・梅田: 売上が目当てなら、どうしてSCP-573-JPの肉を直接売らなかったんですか?


曽我氏: 分かっているでしょうに。イルカの肉なんか正攻法じゃ売れませんよ。


エージェント・梅田: しかし、何にも需要というものは存在します。生産ラインを揃えてガムを売るよりは効率的だと思われます。混入させるにしても、もっと容易に生産できる別の食品があったのでは?


曽我氏: 成功したんだからそんなものは今どうでもいいんじゃあないですか?そうですね、ガムの発想の根っこは―。


エージェント・梅田: 何です?


曽我氏: ガムが好みだからです。よく噛むって素敵なことじゃないですか。


エージェント・梅田: そうですね。


<録音終了>


補足: 曽我氏を含む''██株式会社''の設立メンバー█名は現在拘置されています。

補遺1: サイト-8102にて、SCP-573-JPを解放する目的の職員の暴動及び民間人による襲撃が発生しました。サイト職員はオブジェクトを意図的に解放することでサイト内を混乱させ、民間人は何かしらの方法でサイト-8102を特定し攻撃を仕掛けました。収容違反したオブジェクトの中に直接的に人間を攻撃するものがなかったためサイト側に死者は出ず、騒動は機動部隊によって鎮圧されました。この騒動の背後関係を調査したところ、暴動に加担した職員の多くがチューインガム''██████''を頻繁に財団内部の購買で購入していたことが明らかとなりました。また、職員及び民間人は騒動時の記憶が総じて曖昧でした。暴動の加担者全員に記憶処理を施し、職員については転属させる措置を取りました。財団はSCP-573-JPに何らかの影響性があると見て研究を行っています。

補遺2: ██研究員がSCP-573-JPの収容室に侵入し、肉を切除していたことが判明しました。██研究員はSCP-573-JPの対人間恐怖症克服プログラムの担当者としてSCP-573-JPに接触しており、その際に肉の切除を行っていたと考えられます。行動の目的について、██研究員は「快楽目的であり、まだ生きているから切断してもいいと感じた。肉は廃棄した」と発言しています。未だ切除された肉は発見されていません。また、現在まで周囲の職員が異変を感じなかったことなどから、SCP-573-JPが肉の切除に対して協力的であったと推察されています。財団は対人間恐怖症克服プログラムを凍結した後に██研究員を拘束し、SCP-573-JPが関与していると見て行動の原因について研究しています。


Footnotes

1. 事件の被害者は強盗目的で侵入した男であり、SCP-573-JPの発見を恐れた従業員による過剰防衛でした。


Vote

16

Created_by

aisurakuto

Created_at

2017-05-21 21:24:58

Tags

中毒, scp-jp, 食物, 自己修復, 水棲, 動物, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System