get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-591-JP | Nijiru System

SCP-591-JP - 爆ックソ踏ント

ItemNumber

SCP-591-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-591-JPはサイト-8102の耐爆処理が施された低危険度生物用収容室で収容・飼育されます。食餌として市販のドッグフード40gを毎日朝夕の指定された時間に与え、食後からSCP-591-JP-1が排泄されるまでの期間は室内に設置された監視カメラによって監視を行ってください。排泄が確認された場合、SCP-591-JP-1は遠隔操作可能な小型地雷処理ロボットによって衝撃を与えないよう速やかに回収し、実験に使用する分を除いて適切に焼却処分を行ってください。

Description

SCP-591-JPは異常な性質をもった糞(以下SCP-591-JP-1)を排泄する体重4.2kg、体高35cm、体長60cmの成犬のミニチュアダックスフント(Canis lupus familiaris)に見える個体です。前述したSCP-591-JP-1以外に外見・臓器系統共に特異性は無く、DNA検査の結果も完全にイエイヌのものと一致しましたが、犬種鑑定の結果は身体的特徴に反してドーベルマンやシェパード種の遺伝子が含まれていました。また発見時に"アルフレッド"と記名されたネームプレートが付いた首輪を着用していたため飼い犬であると推測されています。現在に至るまで飼い主は発見されていません。SCP-591-JPが発見された██県██市から約10km離れた█市に飼い主が居住していることが特定され、インタビューが行われました。(インタビュー記録参照)

SCP-591-JP-1はSCP-591-JPが食後概ね6~8時間の間に排泄する糞です。常時サイズは10cm前後、質量は20g前後であり匂いや触感、耐久性は通常の犬のものと類似していますが、踏みつけられる、車等の重量物に潰されるなどの外的要因によってSCP-591-JP-1が接地面に静止した状態で瞬間的に5kg以上の重量が加えられた場合、一般的な対人地雷と同威力の爆発を起こします。なお地雷探知機等のデバイスは一切反応を示しません。またこれらの特性はSCP-591-JP-1が完全に焼却される、もしくは土中などに埋められて微生物に分解され、土に還ることによって喪失することが確認されています。

SCP-591-JPは██県██市から█市にかけて路上で通行人や自動車が突如爆発する事故が頻発したこと、病院へ搬送された負傷者が「何か柔らかい物を踏んだと思ったら爆発した」との証言をしたことによって財団の興味を引きました。現地に派遣されたエージェントが事故現場付近の防犯カメラを確認したところ、SCP-591-JPがSCP-591-JP-1を排泄する姿と、その█時間後に通行人により踏まれて爆発する過程の一部始終が収められていました。そのため周辺に生息する野良犬を調査し、同型の犬種が発見されたので捕獲して観察したところ、糞が映像データと同じ特異性を示したのでSCP-591-JPと断定され収容に至りました。一連の事件はカバーストーリー『非行グループによる改造爆竹を用いた悪質ないたずら』の流布により偽造され、被害者やその関係者には事情聴取後Aクラス記憶処理が施されました。なお被害に関しては確認できた限り重傷者██名、死者█名、また破損した一般車両が█台です。

SCP-591-JPの元飼い主へのインタビュー記録

補遺1: 同飼い主から得た情報を下にSCP-591-JPを受け渡した人物とその拠点の捜索を行った結果、現在は廃墟となっている病院に偽装された日本生類創研のものと思しき研究施設が発見され以下の文章が回収されました。




Vote

46

Created_by

New_wave

Created_at

2018-02-16 01:34:23

Tags

軍事, 負号部隊, 犬, 日本生類創研, euclid, scp-jp,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System