get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-781-JP | Nijiru System

SCP-781-JP - しゅうまい栽培キット(母親用)

ItemNumber

SCP-781-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-781-JPは低脅威度物品収容ロッカー内に保管されます。実験等により開封したSCP-781-JP-Bは冷暗所に保管し、消費されなかったSCP-781-JP-Cは焼却処分して下さい。現在8箱が保管されています。

Description

SCP-781-JPは「しゅうまい栽培キット(母親用)」として販売されていた異常性を及ぼす物品です。オブジェクトは約42*24*5cmの異常性の無い紙製の被せ箱内に封入された状態で販売され、箱の上面には「焼売栽培の品(実母さん味)」というゴシック体の文字の下でテーブル上の皿の上に乗せられた一般的にシュウマイと称される外見の食品へ楽しそうに箸を伸ばす家族と思わしき4人組の写実的な水彩画が描かれ、「対象年齢:12歳以上」と右上「本場中華風味」「手軽も簡単」等の文字が左下に記載されています。

箱内には以下の物品類が一般的なプラスチック製パックに個別に封入されています。

物品の外見 備考
直径約4cmの透明なドーナツ型シール2枚 SCP-781-JP-Aと指定。調査の結果成分の大半が澱粉質で構成されている。
容量推定80ccのガラス製容器内に充填された茶褐色の軽度の粘性を有する液体。「焼売の素体」と記載されたラベルが貼られている。 SCP-781-JP-Bと指定。液体の成分には豚の遺伝子が含まれる。
ポリプロピレン製筒状ネット 異常性は確認されず。
脱脂綿 異常性は確認されず。
紙製の説明書。著しい誤植・文体の間違いが確認出来る日本語による説明と手順毎の人間男性のイラストが付属。 異常性は確認されず。
日本語で記載された紙製メッセージカード 異常性は確認されず。
以下は説明書に記載されていた手順の解読結果、並びに手順毎に引き起こされる異常性です。

  • 乳頭を囲む様にしてSCP-781-JP-Aを母親の胸部(乳輪)に貼り付ける。貼り付ける前にウェットティッシュで拭く等して清潔な胸部に貼り付けるのが望ましい。
  • 貼り付けたSCP-781-JP-Aを中心に胸部へSCP-781-JP-Bを塗り込む。塗り込む内にSCP-781-JP-Aは次第に溶解、数分以内に完全に胸部に浸透する。約30分以内に乳頭部が直径1.5cm程度の球形に肥大化する。
  • 水で適度に湿らせた脱脂綿で胸部全体を覆い、ネットで固定する。平熱が低い者の場合は胸元にタオル等を被せるのが望ましいとされる。
  • 平均して2時間後、乳頭部周りに肥大化した乳頭部とほぼ同等の大きさ・形状・色をした肉腫が複数個発生する。触覚に関しても乳頭部とほぼ同等の感度を有する。
  • 乳頭部及び肉腫の下部に垂れ下がる様にしてシュウマイ状の物体(以下、SCP-781-JP-C)が発生、徐々に膨張する。ある程度の大きさに達した時点で自重で落下するので、好みの大きさの時に採取して食べる。
  • 定期的に乳頭部・肉腫からはSCP-781-JP-Cを発生する。Dクラス職員を用いた実験においてはSCP-781-JP-1完遂後███日経過した現在もSCP-781-JP-Cの生成は止まっていない。変形した乳頭部及び肉腫の完全な切除により異常性は消失する。

  • 手順を完遂した対象(以下、SCP-781-JP-1)より発生したSCP-781-JP-Cは豚肉・小麦等一般的なシュウマイを構成する成分を含み、Dクラス職員を用いた摂食実験においては「しっかりと味が付けられて食べ応えがある」「何も付けなくても美味しい」等の評価が得られていますが、SCP-781-JP-1以外の人物がSCP-781-JP-Cを摂食した場合胃袋を通過した時点で消化される前に消失します。それ以外の異常性は確認されず、数日間の放置による腐敗、腐敗したSCP-781-JP-Cの摂食による腹痛等の症状は問題なく発生します。

    Dクラス職員及び財団職員を用いた実験の結果、上記の手順を行った人物が未婚女性・既婚男性・未婚男性であってもSCP-781-JP-Cが変形した乳頭部及び肉腫から発生する事が確認され、生成される量は既婚女性に比べると少なくなります。

    SCP-781-JPは200█年4月11日、神奈川県██市内在住の米井家から「息子が苦しそうにしている」との通報を受け、救急隊員内に潜入していたエージェントによりSCP-781-JP-1に該当する女性米井 ██氏並びにSCP-781-JPの箱を確認、財団が管轄している病院内に確保しました。その後のインタビューにより息子である米井 █氏がSCP-781-JPを購入したとされる個人商店内から未開封のSCP-781-JPを倉庫内の在庫含め合計12箱を回収しました。店主への確認の限り米井氏以外に購入した人物は一人も存在しなかったとされます。

    対象: 米井 ██氏。通報を行った人物。SCP-781-JP-1-1に指定。

    インタビュアー: エージェント・八木水

    付記: 通報、搬送後病院内で行われた会話記録。

    <録音開始>

    エージェント・八木水: 落ち着きましたか?

    SCP-781-JP-1-1: ああ、はい…まだびっくりしてますけど、それでもどうにか話せます……

    エージェント・八木水: それでしたら、通報に至るまでの……何がどうして、救急車を呼んだのかを教えてくれますか?

    SCP-781-JP-1-1: (深呼吸)はい……えっと、自分でも信じられないのですけど…私の胸から、急にシュウマイが生えてくる様になったんです。

    エージェント・八木水: (約5秒間無言)それは、本当ですか?

    SCP-781-JP-1-1: はい。

    エージェント・八木水: あのシュウマイですか?

    SCP-781-JP-1-1: あのシュウマイです…最初はびっくりしたんですけど、あの子が…息子がその日から「シュウマイが食べたい」と言う様になって、あまり外にも出たくなかったので…

    エージェント・八木水: 大丈夫ですか?

    SCP-781-JP-1-1: はい…その、前から変な色になって、ぼこぼこ腫れてて…気が付いたら、私の胸からシュウマイが出てくる様になっていたんです。

    エージェント・八木水: 失礼ですが、そうなる前に病院に行こうとは思わなかったのですか?

    SCP-781-JP-1-1: (約4秒間無言)そうしようとは、思ったんですけど…入院なんてことになったら…パートも空けられませんし、これ以上家から離れるのもあの子に悪かったですし…それに……

    エージェント・八木水: それに?

    SCP-781-JP-1-1: あの子がシュウマイを食べて、美味しい、美味しいって言うんですよ。だから、あの子が満足出来るなら、って思って……だけど、急にお腹が痛いって言ったので…やっぱり、私のシュウマイのせいじゃないかと……(涙ぐむ)

    <録音終了>

    補遺: ██氏の精神的ショックに応じ、記憶処理後短期間のカウンセリングを行った。カバーストーリー「悪性腫瘍」に基き胸部器官の切除を実行予定。

     

    対象: 米井 █氏。以前から母親より生成されたSCP-781-JP-Cを摂取していたと思われる。

    インタビュアー: エージェント・八木水

    付記: 処置後に行われた会話記録。米井氏は患者としてベッドに寝かせられている。

    <録音開始>

    エージェント・八木水: 米井さん、気分はいかがですか?

    米井 █氏: あー、大丈夫です。俺の症状って何なんですか?

    エージェント・八木水: 恐らくは胃痙攣1と思われます。心当たりはありますか?空腹時に一気に大量の食事をしたような……

    米井 █氏: (約5秒間無言)あー……はい。母さんのシュウマイばっかり食べてたんですけど、物足りなくなってポテトチップスを2袋食べたのがいけなかったんでしょうかね。

    エージェント・八木水: シュウマイ、ですか。お母さんがお作りになったものを?

    米井 █氏: いえ、母さんから生えてきたものをずっと食べてたんですよ。おやつにも夜食にも。

    エージェント・八木水: どうやって母さんから生えていたのです?

    米井 █氏: ちょっと前に何となく寄ってみた家の近くの駄菓子屋の中にシュウマイ栽培キットってのがあったんです。それを使ったら、まあその…ちゃんと生えてきたみたいなんで…勿体無いじゃないですか?

    エージェント・八木水: その栽培キットについてですが、詳しく教えて貰えますか?

    米井 █氏: (表情を強張らせ、エージェント・八木水から視線を逸らす)それはちょっと、言えないです……ごめんなさい、本当に教えるのは……

    エージェント・八木水:では、その栽培キットの外箱等は……

    米井 █氏: それもちょっと……

    エージェント・八木水: 貴方の家の近くの駄菓子屋はすぐに見つかる筈です。遅かれ早かれ、何をしたのか判明すると思いますが。

    米井 █氏: ……ビールを…

    エージェント・八木水: すいません、アルコール類は今はまだ

    米井 █氏: 珍しいビールを買って母さんに飲ませて酔わせてから…説明書通りに……その、身体に、えーと、そうです、身体にシールを貼って何かの汁を塗り込めって書いてあったから、そうしました。そしたらちゃんとシュウマイが出来てて、美味しかったんですけど…ずっと食べるのも飽きちゃったんで、買って来たポテチを食べたら……

    エージェント・八木水: お母さんの通報で此処まで運ばれてきたのですね。

    米井 █氏: はい……せめて酢醤油以外だったら、もっと食べれたんですけどね…(溜め息)…あんなに美味しかったシュウマイも、もう懲り懲りですよ。

    エージェント・八木水: 因みに身体の何処に?

    米井 █氏: 黙秘します。

    <録音終了>

    終了報告書: 検査をした結果米井氏の腸内は長らく活動しておらず、SCP-781-JP-C以外の食事、固形物をほぼ完全に受け付ける事が出来ない状態である事を確認。

    以下はSCP-781-JP内のメッセージカード内に記載された文面です。

    お母さんに味!

    今回は、焼売の栽培キットをお買い上げいただきありがとうございます。しかし、私は本場あなたの代わりに、本格的な定番おかずな、日本の皆様にも焼売を食べていると思いますか?私たちはお母さんの主食としての焼売いを普及するためのキットをお創りになられました。あなた達家庭は、母とも、本格的な焼売の食べ物の味をお楽しみくださいしてください。焼売は親切な主食です。分かって下さい。好きって!

    Footnotes

    1. 胃壁を構成する筋肉の過度の緊張により引き起こされる腹痛


    Vote

    -1

    Created_by

    ShicolorkiNaN

    Created_at

    2017-11-15 01:54:25

    Tags

    食物, scp-jp, safe,

    URL

    お気に入り登録

    共有

    Nijiru System