get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-854-JP | Nijiru System

SCP-854-JP - 主のない賽銭箱

ItemNumber

SCP-854-JP

Object Class

Euclid

Protocol

SCP-854-JP-AとSCP-854-JP-Bは移動不可能であることから、その2つが所在する[編集済]神社を敷地ごと財団が買収し、一般人の立ち入りを禁止します。SCP-854-JP-Aの付近に監視カメラを設置し、SCP-854-JP現象を記録して下さい。SCP-854-JP-Bの付近にも複数の監視カメラを設置し、1週間ごとに破損状況をチェックして下さい。SCP-854-JP-A およびSCP-854-JP-Bの保全には十分注意を払い、著しい損耗が確認された場合はただちに研究チームに報告して下さい。

Description

SCP-854-JPはSCP-854-JP現象、SCP-854-JP-A、SCP-854-JP-Bの3つから構成されるSCPオブジェクトです。


SCP-854-JP現象に遭遇し、戸惑う民間人


SCP-854-JP現象は、自動販売機の直下、道路の側溝、マンホールなど、狭い開口部を備えた構造物に短時間1発生する現象です。SCP-854-JP現象が発生すると、その周囲20m内の床面に落下した硬貨は、ほぼ100%の確率で側面部分を下にして着地します2。硬貨はそのまま位置エネルギーを運動エネルギーに変換し、一見すると自然な軌道を描いてSCP-854-JP現象の発生している構造物の方向へ転がります3。移動距離に比して運動エネルギーが明らかに過小だった、移動の途中で何らかの障害物にぶつかった等の理由で硬貨が途中で停止した場合、その硬貨は通常どおり床面で横倒しとなります。しかし硬貨がSCP-854-JP現象の発生している構造物の開口部に到達すると、硬貨はその時点で消失し、SCP-854-JP-Aの直上へと瞬間移動します。

SCP-854-JP-Aは賽銭箱です。大きさは幅1.5m、奥行0.75m、高さ0.85mです。汚れが著しく、複数の箇所が破損していますが、それ以外は外見的にも材質的にも一般的な神社で使われる賽銭箱と同じです。ただしSCP-854-JP-Aは最初に発見された場所に不明な方法で固着され、動かすことができません。SCP-854-JP現象によって瞬間移動してきた硬貨は、外部からの妨害がない限りはそのままSCP-854-JP-Aに向けて落下し、賽銭口を通じてSCP-854-JP-Aの内部に収まります。SCP-854-JP-Aの内部には日本国で製造された硬貨がおよそ6,000枚収納され、現在も増え続けています。


SCP-854-JP-B。撮影時期は不明


SCP-854-JP-Bは、首に赤い前掛けをつけた石像です。SCP-854-JP-Aと同じく最初に発見された場所に不明な方法で固着されています。赤い前掛けがある点や[編集済]村の元住人の証言から、SCP-854-JP-Bはいわゆる「稲荷像」であると推定されますが、全身が摩耗しており、特に頭部の損耗が著しく、鼻と口は完全に消失しています。また後頭部には多数のひび割れや破損がみられますが、高精度カメラによる観察により、この損傷はSCP-854-JP現象が起こるたびに少しずつ進行していることが確認されています。このため、SCP-854-JP現象を引き起こしている主体はSCP-854-JP-Bであると推定されています。

SCP-854-JP現象、SCP-854-JP-A、SCP-854-JP-Bは、200█年██月██日に発見されました。当時財団は発信機を仕込んだ硬貨を用いて要注意団体████の本拠地の特定を進めていましたが、そのうちの1枚が偶発的にSCP-854-JP現象に遭遇、[編集済]県[編集済]郡[編集済]村の山中へ転移しました。位置情報を確認した財団は調査部隊を派遣し、問題の硬貨が[編集済]神社の敷地内に設置されたSCP-854-JP-Aの内部にあることを確認。SCP-854-JP-AとSCP-854-JP-Bが移動不可能であることもこのとき判明し、収容に至りました。

[編集済]神社は現在、198█年██月██日に発生した土砂崩れで拝殿・本殿が埋まっています。SCP-854-JP-Aの汚損もこの土砂崩れが原因と推測されます。また、この土砂崩れにより神主が死亡したこと、その15年後までに付近の全住人が村外へ引っ越し、管理する人間が存在しなくなったことにより、現在[編集済]神社は実質的に破棄された状態となっています。

財団はSCP-854-JPの背景を探るため、かつて[編集済]神社の付近に居住していた人間を捜索し、インタビューを試みました。インタビューには現在までに4人が応じています。

インタビューに応じた4人がすべて、引越の約1年後に[編集済]神社に関する夢を見ていたこと、夢の中で不明な誰かから話しかけられたと証言していることは特筆すべき共通点です。しかしながらこの夢とSCP-854-JPの関係性については立証できておらず、研究が急がれます。

201█年現在もSCP-854-JP現象は続いていますが、発見当時は月に5度以上の頻度だった発生回数は少しずつ減り、今は月に2度前後です。そのためSCP-854-JP-Bの後頭部の損傷の進行も遅くなっていますが、研究チームの計算によると、SCP-854-JP現象が完全に終息するより前にSCP-854-JP-Bの頭部が破壊される可能性は50%弱とのことです。財団の倫理委員会は今後の対応について、特別収容プロトコルの改定も含めて協議中です。


Footnotes

1. 最短で4時間程度、最長でも18時間程度であるとみられます

2. 例外として、一度に4枚以上の硬貨が床に向けて落下した場合、約半分が彫刻部分を下にして着地します

3. 一度に4枚以上の硬貨が床を転がった場合、構造物の方向へ向かうのは全体の25%前後です


Vote

9

Created_by

Karatema

Created_at

2017-10-16 21:58:20

Tags

貨幣, 精神影響, 移動不可, scp-jp, euclid,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System