get_title,get_article,api,scraping_done, SCP-954-JP | Nijiru System

SCP-954-JP - 収束ポット

ItemNumber

SCP-954-JP

Object Class

Safe

Protocol

SCP-954-JPは内部が空の状態で標準静物収容ロッカーで保管してください。実験はレベル2以上の職員によって行われます。実験はレベル4以上の職員の監視下で行われます。Dクラス職員以外が活性化中のSCP-954-JPの影響下に入ることは許可されません。また実験室外でSCP-954-JPを活性化させることは禁止されています。破損を防ぐためSCP-954-JPの活性化に使用する液体は水のみが認められます。

Description

SCP-954-JPは一般的に電気ポットと呼称される電気機械器具です。高さ20cm、直径15cmで外部には「ON/OFF」と書かれた切り替え式のスイッチが1つ付いており、████社製の商品に酷似しています。SCP-954-JPは内部に液体を入れて電力を供給し、液体を沸騰させることで活性化します。沸騰した蒸気が存在する空間はSCP-954-JPの影響下となり確率の高い事象が必ず起こるようになります。活性化中のSCP-954-JPの影響下では概ね現実改変に近い現象が発生しますがその発生プロセスは不明です。

SCP-954-JPは福岡県██大学の大学生のSNSへの投稿の拡散がきっかけで財団の興味を惹きました。投稿された内容は「コンピューターRPGのコマンドが20回すべて失敗した」という旨のものでした。学生の選択が成功する確率は30%であり、これが全て失敗する確率は0.08%となります。当初は非異常性の事象だと考えられていましたが、この生徒と同じ研究室に所属する学生による同様の内容の投稿が複数回あったため調査が行われました。現地エージェントによる調査の結果、この現象がSCP-954-JPによるものだと判明しました。SCP-954-JPは同研究室の助教授が個人的に購入したもので、2週間前から使用されていました。この製品を製造・販売していた████社の同製品には異常は確認されていません。

以下はSCP-954-JPを用いた実験中に発生した事件の記録です。

事件記録-事案954-JP-1

発生日時: 20██/11/██

対象: トランプ(識別番号:0012)

説明: 実験XXX-JP-16終了後、変化した「スペードのK」のカードを佐藤研究員が分析のため実験室外に持ち出したところ、絵柄が「スペードのA」へと変化しました。このときSCP-954-JPは活性化したままでしたが、カードの変化に佐藤研究員が気づく前にSCP-954-JPは不活性化されました。これにより実験に用いられたトランプは「スペードのA」のカードが2枚存在し、「スペードのK」のカードが存在しない1組のトランプとなりました。

事件記録-事案954-JP-2

発生日時: 20██/03/██

対象: Agt.坂和

説明: Agt.坂和、長戸研究員の2名がSCP-954-JPを用いた実験のため、実験室でSCP-954-JPを活性化したところAgt.坂和が消滅しました。身に着けていた衣服も同時に消滅しましたが、別施設のAgt.坂和の私物は残ったままでした。また前日にAgt.坂和から長戸研究員へ贈られ、事件日に白衣に装着していたボールペンも同時に消滅しました。消滅後すぐにSCP-954-JPは不活性化され長戸研究員へのインタビューが実施されました。

以下は長戸研究員へのインタビュー記録です。

インタビュー記録-事案954-JP-2

対象: 長戸研究員


インタビュアー: ██博士

補足: 長戸研究員には事件による動揺を抑えるため事前に即効性の精神安定剤を処方しています。

<録音開始>


インタビュアー: それでは事案954-JP-2に関するインタビューを始めます。まずあなたは坂和さんのご友人でしたね。彼が消滅した理由に何か心当たりはありますか。


長戸研究員: (怪訝な顔をする)どうして坂和の名前が出るんですか。


インタビュアー: どうしても何も、今回の事件の当事者だからです。質問に答えてください。


長戸研究員: …分かりました。最近、といっても最期に会ったのは4か月前ですが、Agt.坂和は普段通りでした。特に任務の前だからと緊張する様子もなかったです。月並みですが、まさか死ぬとは思っていませんでした。


インタビュアー: 最後に会ったのが4か月前というのはどういう意味ですか。それにまだ亡くなったと決まったわけではありません。その原因を解明するためのインタビューです。


長戸研究員: 私は坂和が11月██日の任務で殉職したと聞いたのですが、違うのですか?


インタビュアー: そのような事実はありませんね。確かに重傷を負いましたが、先日復帰しました。現に、長戸研究員も先ほど彼と実験をしていましたよね。


長戸研究員: 一体何をおっしゃっているのか分かりません。坂和は4か月前に死んでいますし、今日の実験は私1人で行いました。


インタビュアー: ……ああ、そうでしたね。では、今日の実験の目的と結果を簡潔に話してください。


長戸研究員: …分かりました。目的はSCP-954-JPの異常性解明のためで、事案954-JP-1の再現実験をする予定でした。結果は…すみません、ちょっと、思い出せません。

インタビュアー: 結構です。では今回のインタビューはここで終了とします。


<録音終了>


終了報告書: 長戸研究員の記憶に混乱が見られるようです。事件のショックによるものかもしれませんが、オブジェクトによる影響の可能性も考えられます。検査をお願いします。

追記: 後日行われた検査により記憶の改変が確認されました。これはSCP-954-JPの異常性によるものと推測されています。長戸研究員に対しては改変された記憶を記録した上で記憶処理が行われました。


事件記録-事案954-JP-3

発生日時: 20██/12/██

対象: SCP-954-JP-1

説明: ██博士による実験中にSCP-954-JP-1が出現しました。SCP-954-JP-1は30代の平均的な日本人男性です。出現時は一般的な財団研究員の服装をしており、自らを「利賀 ██」と呼称していました。財団のデータベースに「利賀 ██」という人物は存在しないことに留意してください。SCP-954-JP-1は█年前から財団に勤めていたと主張しています。クリアランスレベル3相当の機密情報も保持していましたが、これらの情報をSCP-954-JP-1が得た経緯は不明です。また実験に使用されていたD-954-JP-██はSCP-954-JP-1に関して「実験の前からいた」という旨の発言をしていますがそのような映像記録は残っていません。

現在SCP-954-JP-1は標準人型収容室に収容されています。財団の収容に対しては協力的であり、定期的にカウンセリング及び情報の聞き出しが行われています。SCP-954-JP-1は財団の研究員に等しい知識を持っており、財団が未発見のオブジェクトの収容方法も把握しているようです。根拠やデータが不足しているためSCP-954-JP-1の出自は依然として不明ですが、これらの情報から「SCP-954-JP-1は平行世界の財団に所属していた職員である」とする██博士の仮説が有力視されています。現在財団はこの仮説に基づいてAgt.坂和の行方を調査中です。

また██博士の仮説を基にして、SCP-954-JPが平行世界における財団の存在可能性の低さに起因する反ミーム的性質を持つとする考えが███博士によって提言されました。この提言に関しては現在反ミーム部門及びSCP-954-JP担当研究員によって議論が進められています。

SCP-954-JP-1から得た情報はSCP-████の特別収容プロトコルの改善等に貢献しました。そのため現在財団ではSCP-954-JP-1の職員としての雇用が検討されています。



Vote

16

Created_by

Enishi

Created_at

2018-03-27 13:36:15

Tags

電気, 確率, 家電, 外部エントロピー, 反ミーム, エントロピー, scp-jp, safe,

URL

お気に入り登録

共有

Nijiru System